どいっちゅな食べ物たち

いつの間にか10月。旅行へ行ったのも、もう2か月前となってしまいました。
今頃恐縮ですが、どいっちゅな食べ物をUPさせてください。

ドイツではカリーヴルストやケバブなど、ファストフード的なもので済ませることが多いのですが
今回は珍しくどいっちゅな食べ物を食べました。

久しぶりに入った、どいっちゅなお店@ボン。
定番のリンゴジュースを頼んでみました。こうしたお店でリンゴジュースを飲むのは久しぶり。
e0141754_12481419.jpg

これぞドイツ料理!Erbsensuppe(エンドウ豆のスープ)です。
これがですねー、えらく塩辛くて完食できなかった…。
最近のドイツ料理って健康志向で塩分もずいぶん減ってきたと思っていたのだけど
こういうお店に来ると、やっぱりあるんだなぁ。しょっぱいスープ。
とにかく塩がキツくて…💦💦
e0141754_12482260.jpg

これは Pfifferlinge (アンズ茸)のソテーか何か。季節の物ですな。
e0141754_12482839.jpg

出た!ドイッチュなデザート、Rote Grütze。
生クリームの下はバニラアイス。そしてその下は、赤いベリー類を甘く煮たものが入っています。
e0141754_12483624.jpg

これはケルンで入ったドイツ料理屋さんの料理。
レンズマメのスープです。こっちは塩辛くなく、美味しかった…けれどデカかった。
これじゃ分かりづらいけれど、このお皿は特大。
e0141754_12485708.jpg

これは友人が食べた Hackfleisch(ひき肉)の何か。
Frikadelle (日本で言うハンバーグ)の巨大版かも。
e0141754_12490590.jpg

このお店はジャガイモダンゴ(Klöße) で有名なんだとか。
本来はつけ合わせだけど、友人がなぜかダンゴだけ注文。
お店の人が「それじゃ味がしないわよー」と、ソースをつけてくれました。
e0141754_12491187.jpg

友人の会社の社食にて。Eintopf(ごった煮のスープ)。
ご馳走になったので言っちゃいけないのだけど、か~な~り~マズかった…💦💦
e0141754_12493094.jpg

アルザス名物、フラムクーヘン。薄いので難なく食べられちゃう。
e0141754_12494625.jpg

友人のご主人が平らげたステーキ。
写真では、この巨大さが伝わらないのが悔しい。超・超・特大でした。
e0141754_12495678.jpg
友人の義弟が食べた Schnitzel の Jägersoße.(シュニッツェルの猟師風ソース)。
このサイズ感を伝えられないのが悔しいっっ
e0141754_12500690.jpg
…と、食べ物ばかり載せてしまってスミマセン。どいっちゅな料理たちでした。





Commented by Happiness裕之介 at 2018-10-16 21:03 x
ご馳走さまでした。ヨダレがでちゃうな。
皿のサイズが日本の1.5倍はありますよね。料理の量にはいつも覚悟していますが、クルムバッハという町のレストランで、巨大な(ドイツではレギュラーサイズ)のシュニッツェルが席に運ばれてきたら、思わず「お!」と声を上げてしまいました。隣席のドイツ人から「料理と戦うんだね。」と声がかかり、一緒になって大笑いしたことを思い出します。
Commented by Alichen6 at 2018-10-17 18:07
★Happinessさん こんばんは~~ コメントをありがとうございます!「いかにも」なドイツ料理ですよね。味も想像がつくという… 「料理と戦う」とはよく言ったもんですね!そういえば、大食い選手権に出る人たちを「フードファイター」と呼ぶ風潮もありますよね。もっとも、あれは食べながら他の選手と戦うという意味かしら。幸福さんは料理そのものと戦ったんですね! で、完食できました??

ところで来年のご旅行はどちらへ?きっと計画なさっている頃と思います。長くいらっしゃれるのが羨ましい…
Commented by Alichen6 at 2018-10-17 18:10
★Happinessさん リンクを貼ってくださったことに気づき、先ほどのコメントを送信したあとに拝見しました!ナルホド、噂のシュニッツェルが写っていますね(笑) 確かにドイツではレギュラーサイズなのかも。でも我々日本人には、もう特大ですよね。ほかにもキレイな写真!特別なカメラをお使いなのでしょうか?
Commented by Happiness裕之介 at 2018-10-20 21:01 x
ドイツ旅行のために、最新・最高のデジカメ・ソニーサイバーショットDSC-RX100M6125,800円を買いました!と自慢したいところですが、9年以上も使っている調子が悪くなった普及品のデジカメをだましだまし使っています。
写りがよいと思われるのは、「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる」で多数撮影した中から選んでいること。必要な部分だけトリミングしていること。画像処理ソフトが自動で見栄えよくしてくれることでしょう。
ありちゅんの写真こそ美味しそうに写っていますよ。ドイツへ飛びたい!
Commented by Alichen6 at 2018-10-21 15:10
★Happinessさん にゃるほど~最新・最高のデジカメですか!! 気に入った写真が撮れるなら、普及品のデジカメでも最新・最高級です!私もかなりたくさん撮ります。スマホでだけど。1回の旅行でどれだけ撮ってるんだろう?とこの前数えてみたら、ぬゎんと1000枚も!ビックリです。その中には「?」という画像もたくさん。フィルムを現像していた時代では考えられませんね。もったいなくて。
Commented by Adler at 2018-12-31 02:56 x
大変ご無沙汰です。お元気ですか? 前のPCがお亡くなりになった後、ブックマークの復元ができずに何となくご無沙汰になってしまいました。今回、ふと思い出して検索して、見つけることができましたw

色々精力的に回っていたみたいで、どこにコメント残すか色々考えたのですが、結局食欲のところに決めましたw

クラクフ(&アウシュビッツ・ビルケナウ)行ってきたんですね。オイラは1997年に行ってきた覚えがあります。当時はまだそこまで混んで居ませんでした。

ピエロギはお肉の入っているものよりキャベツとキノコのものの方が美味しいことが多いです。Pierogi z Kapustą i Grzybami というやつです。次の機会があれば是非。ピエロギ・ルスキーというロシア風ピエロギはチーズが入っています。これはポーランド人でも好き嫌いが分かれるようです。燻製チーズはカルパチア山脈地方の名物ですね。冷たいままで食べても美味しかった覚えがあります。むしろしょっぱさが抑えられて冷たいままの方が食べやすかったかも。塩分は変わらないので、健康には良くないですが。

第三収容所のモノヴィッツの方は行かなかったんですね。他にもクラクフ郊外にシンドラーの工場で働いていたユダヤ人たちが元々収容されていたプワシュフ強制収容所などもありました。日程的には厳しかったと思いますが。
Commented by Alichen6 at 2019-01-07 23:03
★Adlerさん!!! 大変ご無沙汰しております。コメントをいただいておりましたのに、遅くなってしまって申し訳ありません。更新も遅れがちで、チェックも数日に1回という体たらく… せっかくいただいていたのにすみませんでした。確かAdler さんはポーランド語も堪能でいらっしゃいましたよね。そう伺った記憶があります。ポーランドは、前に Schwedt に住む友人を訪ねた際、車でOder の向こう岸まで行ってくれて足を踏み入れたことがあったのですが、ちゃんと滞在したのは今回が初めてでした。タクシーでボラれたりもしましたが、大した被害はなくて済みました。天気がよすぎて暑かったです。
ピエロギはキャベツ&キノコ入りのほうがいいんですね。知らなかった…!次に行くチャンスがあったら、そっちを頼んでみます。でも、今回食べたのも美味しかったです。燻製チーズのやつは、カルパチア山脈の名物なのですかー。なにせ言葉が分からないので、どれも冒険で・・・。でも、久しぶりに言葉の通じない楽しさを味わいました。モノヴィッツは行きませんでした。クラクフの街自体、見どころがたくさんで2泊では見きれないほど。いろいろハードではありましたが、印象に残る旅でした。
by Alichen6 | 2018-10-09 21:57 | ドイツ珍道中 | Comments(7)

日本にいながらドイツする♪  ドイツ・ドイツ語・ドイツ映画を愛してやまない下っ端字幕ほにゃく犬「ありちゅん」が字幕ほにゃく見習い眉毛犬「Milka」と一緒に書く日記


by Alichen6
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31