ナチ党大会の会場へ

 さてさて、法廷を見たあとは党大会の会場へ。中央駅から市電(Doku-Zentrum 行き)で行きました。




馬蹄の形をした Kongresshalle (コングレス・ホール)の端っこが資料館になっていて、こんな風に飛び出ています。市電(Doku-Zentrum 行き)はこの前に停まりました。資料館も見たかったけれど、時間がなかったのでパス。残念!ナチ党が大会をニュルンベルクで初めて開いたのは1933年だそう。翌年の1934年にアルベルト・シュペーアが、党大会のための総合施設に変貌させるべく建設に着手したものの、39年には第二次大戦の開戦によって工事がストップ。党大会が開かれることもなくなり、ほとんどの施設が未完成のまま終戦を迎えたそうです。
e0141754_17481434.jpg

入り口に掲げられていた地図。ここからスタートします。赤い線の通りに歩くと、だいたい2時間くらい。

e0141754_23141458.jpg

赤の1番からスタートし、コングレス・ホールの中へちょこっと入ります。
e0141754_07583660.jpg

ニュルンベルクの建築家ルートヴィヒ・ルフ&フランツ・ルフ父子が設計したコングレス・ホールは未完成。5万人が収容できる施設となるハズだったらしい。
e0141754_23143466.jpg
e0141754_23144886.jpg

レンガ造りなので赤っぽい。これが完成したら、さぞかしド派手で多くの人の度肝を抜いたことでしょう…。
e0141754_23151549.jpg
e0141754_23174662.jpg

さらにてくてく…。湖と緑に囲まれているので、市民の憩いの場となっている模様。それにしても、「ウォーキングする」がドイツ語化して walken というのにはビックリ。それにしても、gehen と walken の違いは何だろう?「歩く」と「ウォーキングする」の違い?分かるような、分からないような…
e0141754_08162474.jpg



「Große Straße (大通り)」を歩いていたら、カナダガンまで行進してた… この「大通り」はパレード用で、北西に伸びているそうです。これは、党大会会場と古都ニュルンベルクの中心部(ニュルンベルク城、神聖ローマ帝国の皇帝が1050年から1571年まで居住しており、神聖ローマ帝国の象徴とされたらしい)を結ぶことをイメージしたらしい。ナチを本当の意味での「帝国」にしたかったのかなぁ。完成していたら、幅60メートル、長さ2キロになったハズだそうな。

e0141754_23195593.jpg

赤レンガのコングレス・ホールの外側は白い。この日は天気が良かったこともあり、すごくキレイだった…。だけどナチの建物を「きれい」と形容するのは憚られ、微妙な気分に…。
e0141754_23201317.jpg

そしてツェッペリン広場。1909年にツェッペリン型飛行船がここに着陸したことから、こう名付けられたんだとか。この広場は1933年から党大会の会場として使用されるようになりました。
e0141754_23252425.jpg

この図でいくと、14番が「Zeppelintribüne(ツェッペリン・トリビューネ(=観覧席)」
e0141754_08320692.jpg

これがトリビューネ。中央に演説台(Führerkanzel、総統用演壇)があり、俗に「ヒトラーお立ち台」と呼ばれているらしい…
e0141754_23290209.jpg

ヒトラーのお立ち台。
e0141754_15415269.jpg



スケスケのパネルがあり、そこから広場を見ると、当時の様子が重ねて見られるようになっていました。ヒトラーがお立ち台にいる…。

e0141754_23261848.jpg

e0141754_08552203.jpg
Bundesarchiv, Bild 183-C12701 / CC-BY-SA 3.0




お立ち台の下には、階段状の観客席(?)が…

e0141754_23254263.jpg

ツェッペリン広場の広さは、サッカーグラウンド12個分ですって。やたら広い。

e0141754_08312300.jpg
e0141754_23255744.jpg
当時のツェッペリン・トリビューネ。1935年から1937年にかけて建設されたんだそう。中央にはハーケンクロイツが。

e0141754_23263144.jpg

1945年4月22日にアメリカ軍が、トリビューネのハーケンクロイツを爆破(上の写真)。4月22日といったら、ヒトラーがまだ生きていた頃(自殺したのは30日)。ナチのシンボル的な建造物が爆破されるなんて、ドイツの敗戦はもう誰の目にも明らかだったんでしょうね。なお、倒壊の危険があるということで、両翼の部分も1967年にニュルンベルク市が爆破(下の写真)。中央の部分のみが現在も残っています。
e0141754_23272839.jpg

スタート地点に戻るべく、さらにてくてく。コングレス・ホールの内側も見えてきました。側面は白いけれど、内側は赤レンガの色がそのままむき出し。
e0141754_23314927.jpg


お腹がすいたなぁ…ととぼとぼ歩いていたら、目の前に屋台が。これも一応、 Nürnberger Bratwürstchen (ニュルンベルク名物焼きソーセージ)なんだそーです。ここの焼きソーセージは、指ほどの細さのものが銀色のお皿にたくさん載っているイメージだったのですが、ここは屋台。ワガママは言えましぇん。

e0141754_23292760.jpg






by Alichen6 | 2017-11-20 08:47 | ドイツ珍道中 | Comments(0)

日本にいながらドイツする♪  ドイツ・ドイツ語・ドイツ映画を愛してやまない下っ端字幕ほにゃく犬「ありちゅん」が字幕ほにゃく見習い眉毛犬「Milka」と一緒に書く日記


by Alichen6
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30