人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ライプチヒの現代史フォーラム

2日目はハレで過ごしたのだけど、そこには泊まらず、夕方にライプチヒへ。
ハレからライプチヒまでは鉄道で30分ちょい。

2年半ぶりのライプチヒ。前回は、たった4時間しか滞在しなかった上に雨混じりで寒かったのです。
今回は快晴!心なしかバッハさんも誇らしげ。つやっつや✨✨
ライプチヒの現代史フォーラム_e0141754_10111710.jpg

これは前日、ライプチヒに到着した直後に撮ったもの。夕暮れ時で明かりが灯り始めたころです。
向かって左は、翌日に行く予定の現代史フォーラム。

ライプチヒの現代史フォーラム_e0141754_10155152.jpg


…ということで、2年半ぶりに再訪した現代史フォーラム。
前回は駆け足だったので、もう少しじっくり見たかったのです。

これは戦後、東方からドイツへ引き上げてきた人々の展示。
こんな手押し車に家財道具を載せ、命からがら引き上げてきたんですね…。
ライプチヒの現代史フォーラム_e0141754_10131589.jpg
ライプチヒの現代史フォーラム_e0141754_10134061.jpg

東から西へ逃げる人々の数。
東ベルリン暴動(1953年6月17日)が起こる直前がいちばん多いみたい。
5万人に達する勢いの月もある…。当局が神経をとがらせたのも分かる気がします。
その後も流出は止まらず、とうとう1961年にベルリンの壁が…

ライプチヒの現代史フォーラム_e0141754_10205899.jpg

個人的にこれがすっごく面白いと思ってしまいました。
年代は書かれていないのですが、東ドイツ時代のベルリンのS-Bahn(都市高速鉄道)網。
壁ができたことで線路が寸断。
無人駅となった駅もあったみたいです。

ライプチヒの現代史フォーラム_e0141754_10210701.jpg
古い路線図や、新しい路線図と比べると面白い…。
これ(↓)はぬゎんと第一次大戦前、1912年当時の S-Bahn 網。
さすが鉄道の国だけあって、進んでいたんですね。





これ(↓)は、ナチが政権についた1933年当時のS-Bahn 網。
壁によって線が分断されるはるか前。
余談ですが、Griebnitzsee 駅は Neubabelsberg という名前でした。
この路線図だと、左下。ポツダムの2つ手前の駅です。


これ(↓)は、戦争中(1944年)のS-Bahn 網。
プロパガンダ映画を撮り続けた国営の映画会社ufa のスタジオがあったことから、
Neubabelsberg駅は「Babelsberg Ufastadt」という名前だった…!



当局に睨まれるなどして、西に亡命した映画関係者。
アンゲリカ・ドムレーゼやマンフレート・クルーク、アルミン・ミュラー=シュタールなどの顔が…。


ライプチヒの現代史フォーラム_e0141754_10213611.jpg


出た!運搬車に偽装して囚人などを運ぶバルカス。

ライプチヒの現代史フォーラム_e0141754_10215410.jpg


ライプチヒは1989年の民主化デモが非常に激しかった場所。
ライプチヒの現代史フォーラム_e0141754_10230713.jpg

ライプチヒで1泊したあと、夕方の列車で一路ニュルンベルクへ…




by Alichen6 | 2017-11-11 21:06 | ドイツ珍道中

日本にいながらドイツする♪  ドイツ・ドイツ語・ドイツ映画を愛してやまない下っ端字幕ほにゃく犬「ありちゅん」が字幕ほにゃく見習い眉毛犬「Milka」と一緒に書く日記


by Alichen6
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31