「嘘つきヤコブ」@獨協大学

 先月、静岡で上映された旧東独映画「嘘つきヤコブ」が、今週の金曜日、1月15日に草加市の獨協大学の大講堂で上映されます…!大学以外の方ももちろん大歓迎だそーです。無料ですよ!!レアな旧東独映画、しかも銀熊受賞&オスカーにノミネートされたという名作です。ぜひ是非ゼヒお運びください~♪ 漫談つきです。



日時 2016年1月15日(金)
   開場:13時00分
   講演:13時15分~
   上映:14時20分(予定)~『嘘つきヤコブ』
   終了予定時刻:16時00分

場所 天野貞祐記念館 大講堂


詳しくは ⇒ コチラを!!!

 上映にあたりましては、獨協大学の秋野有紀先生がすべて手配してくださいました…!改めて厚く御礼申し上げます。
Commented by gillman at 2016-01-15 09:18 x
あ、母校です。行きたいけどまだベルリンです。ライプツィッヒでは共生派とPEGIDAのデモの日に当たってホテルの近くは大変でした。逮捕者250人が出た騒動でした。
さっきソニーセンターの映画博物館に行ってきました。展示方法がとても魅力的で楽しかったです。
Commented by Alichen6 at 2016-01-15 22:05
★gillmanさん こんばんは~ いま、ベルリンなんですね。ライプチヒの月曜デモですか!?お怪我はなかったでしょうか?このところ、ドイツは不穏ですよね…。私も2月に行く予定にしていますが、ちょっと心配です。フィルムハウスにいらっしゃったんですね!あそこは私も大好きです。久しぶりに、また行きたくなってきました…!
Commented by gillman at 2016-01-16 05:18 x
ドレスデンはゼンパーのオペラが目的だったんですが、昼間川向こうの新市街の移民街区に行ってみたら、すべての建物の壁にスプレー画やペンキ絵が描かれていて、かつてのブロンクスのようでした。移民で街が変わってしまう恐怖感とDDR時代の方が良かったというノスタルジーのようなものが融合すると難しい状況を生み出すのでしょうか? LEGIDAにも…。
Commented by Alichen6 at 2016-01-17 20:23
★gillmanさん コメントありがとうございます。

>すべての建物の壁にスプレー画やペンキ絵が描かれていて

ええ!ショックです…!ライプチヒの暴動もひどかったみたいですし、ケルンのも怖いですし… 反動も恐ろしいですね。ドイツはどこへ向かおうとしているんでしょう… 2月に行くのですが、少し緊張しちゃいます…。
Commented by tan at 2016-01-17 21:43 x
私が東ドイツ地域に住んでいた時も、スラム化した新市街や駅周辺はグラフィティだらけでした。もちろん描いていたのはドイツの若者たちでしたが。

ケルンの集団女性暴行は本当にショック! もしまだ自分がドイツに住んでいたらと思うと(その可能性は十分にあったし)他人事に思えなくて。
Commented by Alichen6 at 2016-01-18 10:44
★tanさん おはようございます~~ コメントをありがとうございます。確かtanさんは、Wittenberg のほうにいらしたんですよね。移民問題も深刻だけれど、PEGIDAや LEGIDA問題も頭が痛いですね。どうしても、旧東独地方のほうがこうした傾向があるのが残念…! 失業率の高さなども関係あるのかなぁ。そしてケルンの事件は本当にショックでした。昨日、ケルン在住の友人(ドイツ人)からメールがあったのですが、大晦日は夜中の2時くらいまでライン川の対岸にいたんだそーです。そして、何やら騒ぎだけは感じられたって。それで中央駅のほうには行かなかったんだそうです。あとで報道を見て背筋が寒くなった、って書いていました…。ドイツ社会がこの事件をきっかけに、変質していくのでは・・?という気がして心配です。
by Alichen6 | 2016-01-13 08:43 | ドイツ映画 | Comments(6)

日本にいながらドイツする♪  ドイツ・ドイツ語・ドイツ映画を愛してやまない下っ端字幕ほにゃく犬「ありちゅん」が字幕ほにゃく見習い眉毛犬「Milka」と一緒に書く日記


by Alichen6
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30