Brausepulver と「ブリキの太鼓」

 皆様、東京は大雪でございました。今日は例によって雪かきで腕が痛いです。明日は筋肉猫(Muskelkater)だろうなぁ。

 ところで。ベルリンに歴史博物館というステキな博物館があります。展示物については、また後日ご紹介しちゃおうと思っておりますが、それより先にミュージアムショップで買ったブツをお見せしちゃいますね。うっしっし。

e0141754_22331499.jpg


 ミュージアムショップに、昔ながらの駄菓子が売っていたのです。格調高いミュージアム系のグッズではなく、こういうモノに惹かれてしまうワタシ。はい、粉末ジュースです。日本でも駄菓子屋さんに売っていますよね。水に溶かすと炭酸飲料(Brause)になり、そのままなめるとシュワシュワするってヤツ。子供の頃、こういうのに憧れましたが、うちの母親は「何が入ってるか分からないからダメ」と言って買ってくれませんでした。だからこうして大人になってから買っちゃうのでした。ガハハ。

 この「Ahoj-Brause」、Wiki によると1925年に設立された会社の製品で、ドイツではとてもポピュラーだとのこと。HPが楽しいので見てみてね♪ この小袋をドラッグしてコップに入れると、シュワシュワ~~となります。ゲームもできますよ~。私もやっちゃいました。 → コチラ

 なお、Wiki に面白いことが書いてありました。かの有名な映画「ブリキの太鼓」に出てくる少年オスカルが、女性のおへそにラムネの粉末を入れてなめるシーンがあるのですが、それがこのアホイ・ブラウゼなんだそ~です。YouTube にそのシーンがありました。1分15秒あたりに出てきます。映像ではただの白い袋ですが…



 こうして改めて見てみると、なかなか官能的…。この作品は1979年公開。オスカル役を演じた少年は1966年生まれなので、撮影当時は12歳くらい。ほかにも、かなりきわどいシーンがあるのです。今、未成年に性的な演技をさせるのはタブーなので(ヒジョ~にヤバい)、当時だから許されたシーンでしょうね。今じゃ絶対にNGになっちゃうと思います。久しぶりに映像を見ましたが、オスカル少年の演技はすごい。目をひんむいて「キィィィ~~ン」と声を出すあたり、ホントにこちらのガラスも割れてしまうかと思いました。

 …というわけで、歴史ある粉末ジュースのお話でした^^;


web拍手 by FC2
Commented by なおこ at 2014-03-05 11:29 x
お久しぶりです!先週、オーストリアに毎年恒例のスキーをしに行っていたのですが、ちょうどヒュッテでテーブルが一緒になったのがライプツィッヒ郊外から来たドイツ人家族。そこのお母さんが、統一前、まだ学生だった頃にソチに行った話をしてくれました。学生の団体旅行だったそうですが、朝食に出てくるのが本物のオレンジジュースではなくて、水差しに水が入っていて、必ず粉末を溶かしたオレンジ色の液体を飲まされたのだそう。ありちゅんさんが買っていらしたようなものだったんでしょうね。隣のテーブルにいた別の団体は本物のオレンジジュースを飲んでいて羨ましかったとか。その人たちは逆に東独の学生たちが飲んでいる奇妙な液体に興味を持って取り替えてくれたなど、興味深い話をいろいろとしてくれました。西側の人たちが思っていたのとは違って、壁の中は中で幸せな生活があったと言っていたのが印象的でした。これ、ライプツィッヒの友人も言っていたんですよね…。取りとめのない話になってしまいましたが、あっ、これかー!と粉末ジュースがタイムリーだったので、ついコメントしてしまいました~。
Commented by ありちゅん at 2014-03-06 10:40 x
☆なおこさん こんにちは~~コメントありがとうございます!!そしておかえりなさい!オーストリアでスキーですか、いいですね~☆私も一度だけオーストリアのSörden (スペル合ってるかな?)でスキーをしたことがありました。オレンジ色の液体… なんだかスゴそうですね。たぶん、Brausepulver みたいな飲み物だったんでしょうね。もちろん、100%のオレンジジュースのほうが絶対に美味しいでしょうけど、 当時のDDRでは輸入果物なんて夢また夢だったでしょうし…。
「壁の中は仲で幸せな生活があった」というのは、とっても印象的な言葉ですね。DDRの人たちは自由もモノもなくて可哀そうだ、という発想は西側資本主義の人間のゴーマンな上から目線なんだよなぁ…と改めて思いました。そして私もその思考に陥りがちなので気をつけなくちゃ…と思いました。ありがとうございます!!粉末ジュースって奥が深い…^^; これを載せたおかげで、なおこさんとこうした会話ができたので、よかった!!
ところで、こういう「アヤシゲな駄菓子」って、実は子供は好きですよね。
by Alichen6 | 2014-02-15 23:23 | ドイツ珍道中 | Comments(2)

日本にいながらドイツする♪  ドイツ・ドイツ語・ドイツ映画を愛してやまない下っ端字幕ほにゃく犬「ありちゅん」が字幕ほにゃく見習い眉毛犬「Milka」と一緒に書く日記


by Alichen6
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30