ベルンハルト・シュリンク原作 ドイツ映画 『週末』

 今日、ツイッターで教えていただきました。ぬゎんと、『Vorleser(映画の邦題:愛を読む人、原作の訳書:朗読者)』で知られるベルンハルト・シュリンクの『Das Wochenende』が映画化され、ドイツでは先週から公開中とのこと。うわっ それはスゴイ!(Mauさん、情報ありがとうございます)しかもですよ、出演者が豪華。これは絶対に見たい!見たいったら見たい!(できればほにゃくしたい!←またまた本音)



監督:Nina Grosse(ニーナ・グローセ)
出演:
Sebastian Koch(ゼバスティアン・コッホ)
Katja Riemann(カーチャ・リーマン)
Tobias Moretti(トビアス・モレッティ)
Barbara Auer(バルバラ・アウアー)
Sylvester Groth(ジルヴェスター・グロート)

(このサイトに出演者の顔写真が載っています → コチラ

 ネットでざざっとあらすじを読んでみました。かつて、そのテロ行為で世間を震撼させたRAF(ドイツ赤軍派)。そのメンバーだった主人公は18年後に釈放されます。彼の出所を祝うため、知り合いや友人が田舎の一軒家に集まりました。その中にはかつての恋人や別れた妻もおりました。彼らに会ったことで、主人公は封印していた過去を思い出すのでした… 

…とまあ、こんな感じらしいです。焼けぼっくいに火がついたりもするらしい。私の好きなドロドロ系人間模様のにおいがする… なーんて、勝手にすみません。原作を読んでいないので話を知らないのです。とにかくこのゴーカな出演者にワタクシはもうワクワクです。ゼバスティアン・コッホは言わずと知れた「善き人のためのソナタ」で劇作家を演じた俳優さん。カーチャ・リーマンは「バンディッツ」があまりにも有名。トビアス・モレッティは知る人ぞ知るモーザー警部。警察犬REXと活躍しちゃった俳優さんです。そしてジルヴェスター・グロートって、日本ではそれほど知名度は高くないのですが、「イングロリアスバスターズ」や「我が教え子、ヒトラー」でゲッベルス宣伝相を演じた演技派の俳優さんです。「ブッデンブローク家の人々」では高利貸しを演じていました。ケッケッケというミョ~な高笑いにワタシはすっかりシビレましたです、ハイ。

 …と、1人で熱ーく語ってしまいましたが、とにかく見たいなー。日本に来ないかな~。

e0141754_213215100.jpg

            ↑  原作の翻訳書です。

web拍手 by FC2
Commented by ウリジュン at 2013-04-19 07:56 x
『週末』というタイトルを見て、「あ!うちに本があるかも?」と本棚を探すと、、、ありました! 主人が買い、そのうち私も読もうと思っていたのに、すっかり忘れておりました。^^ゞ  読むのが楽しみです!!
コッホさんが主演されているのですね。そしてあのゲッペルスを演じたグロートさんも出演されているとのこと、動画を見てますます見たくなりました。日本でも公開されるといいですね!
余談ですが、この翻訳書を出版した「新潮クレスト・ブックス」が好きなんです。特に表紙のセンスがいいなぁ~と・・・あと紙の質とかが気に入ってます。壁崩壊後の旧東ドイツを描いた「夜と灯りと」、ナチスに連れ去られた少女サラを描いた「サラの鍵」、「初夜」、「土曜日」などがおもしろかったですよ。
Commented by すみれ at 2013-04-19 12:47 x
ああ、シュリンク好きです~。
専ら翻訳本でしか読めませんが、いつか原書で味わえるようになりたいなぁ。
ひたすら精進ですね!

豪華なキャストですねぇ。
トビアス・モレッティは私にとっては甚だモーザーさんなのですが、
若かった当時の私には良さがさっぱり分からず・・・。
でも、ヨーロッパ出身の知り合いにはウケが良く、
殊に語学学校の女性の先生なんて「hübsch♪」と評していたのが印象的でした。

早く日本で上映されないですかね!
Commented by ありちゅん at 2013-04-20 00:10 x
★ウリジュンさん こんばんは~ コメントありがとうございます!ご主人様、いろいろ本をお持ちなんですね!そうなんです、コッホさんが主演だなんて、それだけでワクワク♪ 演技派ぞろいですし、予告編を見ると風景もステキなので、ホント見てみたい!ところで「新潮クレストブックス」、私もシュリンク関係の検索をしていて何冊かここから出ている訳書を見ました。どれもステキですよね。手に取ったことはないのですが、紙の質もステキなんですか?今度、書店で見てみます!「皿の鍵」は映画のほうは見ましたが原作は未読でして… 確かにいい物語でした。
Commented by ありちゅん at 2013-04-20 00:12 x
★すみれさん こんばんは~ コメントありがとうございます。モレッティと聞いてモーザー警部を思い出されるなんて、お詳しいですね~~^^ ホント、若い頃は濃すぎて「むむ・・」って感じでしたが、今は渋みが加わってよくなりましたよね。若い頃から向こうでは人気があったそうです。イタリア系だから魅力的に映るのかしら。日本人からすると、濃ゆい~って思っちゃいますが…^^; 日本に来るといいな~~ と、改めて思っちゃいます。
Commented by ウリジュン at 2013-04-22 07:49 x
おはようございます。調べてみますと、「軽くてしなやかな本に」というコンセプトのもと、本文用紙にはフィンランドの輸入紙を(のちに近い風合いをもつ国産紙に変更)使っているとか。肌触りもツルツルでもなくザラザラでもない所が気に入ってます。「新潮クレスト・ブックス」のHP、『新潮クレスト・ブックスとは?』に詳細が載ってますので、ご覧になってみてください。「本を読んでほしい。」という強い思いが伝わってきました。
そうなんです、主人は読書が好きで、英文科で学んだ私より英国文学を読んでいるんですよね・・・お恥ずかしい話ですが・・・。
Commented by ありちゅん at 2013-04-22 10:50 x
★ウリジュンさん おはようございます~ コメントありがとうございます。フィンランドの輸入紙?それを聞いただけで魅力が伝わってきます!つるつるでもなく、ざらざらでもない…!さっそく、書店へ行って触ってみます!!「本を読んでほしい」という思いが伝わる本っていいですよね。本ってただの紙とインクだけなのに、いろいろな思いがいっぱい詰まったものですもんね。ときに助けてくれ、ときに楽しませてくれ、ときに導いてくれる。(ときに枕になる…とは言いませんっ 罰が当たっちゃう)。
本好きのご主人様ってステキ。夫婦でいろいろ共有できるのも羨ましいです。
by Alichen6 | 2013-04-18 21:32 | ドイツ映画 | Comments(6)

日本にいながらドイツする♪  ドイツ・ドイツ語・ドイツ映画を愛してやまない下っ端字幕ほにゃく犬「ありちゅん」が字幕ほにゃく見習い眉毛犬「Milka」と一緒に書く日記


by Alichen6
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30