ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記 deutschali.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

日本にいながらドイツする♪  ドイツ・ドイツ語・ドイツ映画を愛してやまない下っ端字幕ほにゃく犬「ありちゅん」が字幕ほにゃく見習い眉毛犬「Milka」と一緒に書く日記


by Alichen6
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2016年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧


同好会のお知らせ❤




 皆様、すっかりご無沙汰しております…。もうワタクシ、青息吐息でございます。
12月半ばごろになったら、一息つけるのですが…。それまで頑張るぞー!
 ところで。欧日協会ドイツ語ゼミナールさんが、1月に素敵な催しを企画してくださいました。その名も…


**********

ドイツ映画同好会!061.gif
 うひゃ~~~
**********070.gif
 


 詳しくは下のサイトをご覧くださいね。


 「同好会」なので、堅苦しくないのです。お茶とお菓子も出ます063.gif 
コーヒーぐびぐび、お菓子をむしゃむしゃ食べながらドイツ映画の話題で盛り上がりましょう❤という趣向です。
座布団をいただけるよう、ワタクシきっちりネタを仕込んで臨みます(←違う)。
これから公開されるドイツ映画のご紹介とか、ドイツで話題の映画とか、ドイツ映画界の動向とか、そういったネタになると思います。
余談もアリです♪ というより、終わってみたら余談しかなかった~って感じになる予感も…(汗)。


 いつも東京の話で恐縮ですが、ご興味がおありの方は是非! 
2017年1月22日(日)10:00~12:15
コーヒー&お菓子つきで、在校生の方なら1,350円、一般の方は1,620円というリーズナブルなお値段です❤



e0141754_00215065.jpg



by Alichen6 | 2016-11-26 00:19 | ドイツ映画 | Comments(18)


皆様、日曜日の夜をいかがお過ごしでしょうか。ワタクシ、今日は「初シュトレン」食べちゃいましたでございます。
今年初です。そー、初物。





しか~し。オトナになったワタクシ、見せびらかしを卒業したのです。
ええ、もう皆様に「ほらほら見て~」なんて見せびらかすことはしませんことよ。おほほ。




だってさー、食べたお菓子を見せびらかすなんて…ねえ。






そりゃあ、画像を載せたいな~見せびらかしたいな~という衝動には駆られますよ、ええ。
だけどねぇ。写真を見せられたってお腹は膨れないですもんね。
すきっ腹に優しいブログを目指しているんですもの。





え? 見たい?





前置きはいいから早くシュトレン見せろ?





長く引っ張るこのパターンはもう飽きた?





…あんたも好きねぇ。






…んじゃ、ちょっとだけよ。







…ちょっとだけだからね。








じゃじゃじゃじゃーーーん!!!!! 
ひゃっっほう~~!!
e0141754_13144444.jpg



e0141754_15474524.jpg

えっへっへ。エミール・ライマンというお店のシュトレンです。正真正銘、ドレスデン製。
しか~も! いつもの赤缶ではなく、黒!
ぷれみあむ!!


袋も黒!ゴージャス!
e0141754_15483244.jpg





そして気になるお味は…



しっとり~❤


熟成された味わいでございます。うまし。
ミトローパのお皿によく合うこと。ほれぼれ~

e0141754_13143392.jpg


実はですねー、エミール・ライマンのシュトレンを輸入している「ドイツセンター」の代表をしているのは、
私の大事なお友達なのです。
大学に入った時からのお付き合いなので、かれこれもう10年。
(あ、計算間違いしちゃった。ホントは30年以上だー)
ドイツから素敵なお菓子を輸入しています♪
よろしければ、是非❤ クリックしてみてね ↓↓↓


なお、ドイツセンターではシュトレン以外にレープクーヘンなども扱っているそうですよ。
e0141754_13352812.jpg
右側の缶には、ミニサイズのレープクーヘンが入っています❤
缶の形が、宝箱みたい。





シュトレンばんざーい♪








by Alichen6 | 2016-11-13 22:37 | ドイツのお菓子 | Comments(6)

皆様、いかがお過ごしでしょうか? ドイツ映画祭のご報告その2がまだ書けていないのですが、別件のお知らせを~。青山学院大学総合文化政策学部の映像翻訳ラボ主催でドイツのドキュメンタリー映画『カフェ・ヴァルトルフトへようこそ』が上映されるんだそうです。

2016年11月26日(土)14時~ @青山学院大学

===HPより引用させていただきます===

青山学院大学総合文化政策学部の映像翻訳ラボが日本語字幕を担当した映画『カフェ・ヴァルトルフトへようこそ』の自主上映会が開催されます。
この映画は、豊かな自然に囲まれるドイツ南部バイエルン州の町、ベルヒテスガーデンにある古いホテルを舞台に、難民認定を待つ各国の滞在者と従業員の交流を描いたドキュメンタリーです。
第11回UNHCR難民映画祭(2016年9月)で本邦初上映されました。今回は「第11回UNHCR難民映画祭——学校パートナーズ参加イベント」として、この作品のみの単独上映です。
今回の上映では、玉川透氏(朝日新聞・元ベルリン支局長)をお招きし、映画の背景についてお話しいただきます。
難民問題、ドイツの社会と文化、映像翻訳(字幕作成)とその教育指導等にご関心のある方はぜひお越しください。

====引用終わりです=====



ぬゎんと!入場無料ですって。それは行かなきゃ=3=3=3
詳しくはHPをご覧くださいね。
私も是非見に行きたいのですが、それまでに仕事を何とか形にしないと… はい、頑張りますっっ






by Alichen6 | 2016-11-11 10:50 | ドイツ映画 | Comments(5)

 皆様、おはようございます。ドイツ映画祭2016「その2」をまだ書いていないのに、別の話題ですみません。これからしばらく、すっごくバタバタしてしまいそう。今年の年明けも仕事が重なってホントに大変だったのですが、それを上回る雰囲気… もしかすると、これから12月半ばまでブログの更新が途絶えがちになるかもしれません…。普段からショボイ内容しか書いていないのに来てくださって、とっても感謝しております。これからしばらく、普段のショボさに輪をかけてショボショボになるかも… ううぅ、すんません。

 なお、お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、当ブログから広告が消えましたでしょ。スマホでは、まだ広告が表示されてしまうのですが、とりあえずパソコンからは消えました。わずかですが、月額数百円を払うことにしたのです。すると広告が消えるシステム。拙ブログに来てくださった方々にムダな広告をお見せするのがしのびなく…。広告表示が消えてスッキリです。

*********************************

 前置きが長くなってすみません。昨日は東京国際映画祭のクロージング。各賞の受賞作品も発表されました。ぬゎんと!ドイツ映画がグランプリっっ (これについては、Twitter や facebook で騒ぎまくっていて、二度目三度目の方は申し訳ありません)。「4分間のピアニスト」で知られるクリス・クラウス監督の新作「ブルーム・オヴ・イエスタディ(原題:Die Blumen von gestern)」です。

 

さらに!WOWOW賞のダブル受賞となりました。こちらのサイト(↓)には、作品の内容やキャストが詳しく書かれています。

 ナチ親衛隊員を祖父に持つトト。祖父はリガにおけるユダヤ人大虐殺の責任者でした。そんな祖父を持ったことから、トトはホロコースト研究にのめりこみ、その道では名を知られた存在となります。一方、彼が勤める研究機関に研修生としてフランスからやってきたユダヤ系のザジは、祖母がリガでナチによりガス・トラック(ユダヤ人を荷台に乗せ、排ガスで大勢を殺害する仕組み)で殺害されています。そんな2人が出会い、恋に落ちる…。しかし心に大きな傷を負った2人ですから、いろいろと紆余曲折が…。ホロコーストという、大変デリケートな問題に喜劇の要素を盛り込むという新しい試み。随所にぷぷっと笑うネタを仕込みつつ、悲惨な歴史を違った角度で見つめ直すというもの。ホロコーストの生還者たちは、もう高齢。今や彼らの孫が社会の中心となっています。監督は、被害者と加害者の子孫が語り合う場に居合わせ、そこでこの作品の着想を得たとのことです。収容所の凄惨な場面を描かずとも悲惨さは伝わり、胸が締め付けられる…。そんな作品です。

 これが一般公開されるといいなぁ。















by Alichen6 | 2016-11-04 07:36 | ドイツ映画 | Comments(13)