ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記 deutschali.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

日本にいながらドイツする♪  ドイツ・ドイツ語・ドイツ映画を愛してやまない下っ端字幕ほにゃく犬「ありちゅん」が字幕ほにゃく見習い眉毛犬「Milka」と一緒に書く日記


by Alichen6
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29

<   2016年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧


心が折れそう~


 皆様、おはようございます。いかがお過ごしでしょうか? 実はですねー、ドイツから戻ったばかりでネタは豊富なのですが、かつてないほど忙しくなってしまってブログを書く時間が取れず…(ToT)  あれも書きたい、これも書きたい、このネタで盛り上がりたい、と思っているのですがとにかく時間がニャイ。ううう、せっかく拙宅に来てくださったのに、なんのお構いもできず、申し訳ありませんっっ

 この状態は4月上旬まで続くのですが、不定期ながらも時々はUPしたいと思っています。よろしくお願いいたします~~~

 30年ぶりに訪れたライプチヒです。あいにくの天気でしたが、途中から晴れてきました。駅はすっごーくキレイになってはいましたが、ホームに降り立ったときの印象は30年前と全く同じ。ヒデキ感激☆でございました。30年前も乗った車両が今回と同様かなり後ろだったので、えっちらおっちら荷物を引きずりながらホームから駅舎に向かって歩いたのでした。
e0141754_8381747.jpg


 シュタージの支部が置かれていた建物。現在は、シュタージ博物館となっております。ベルリンのシュタージ博物館に比べるとミニサイズですが、手作り感たっぷりの展示が興味を引きました。これも後日、ゆっくりUPさせてくださいっっ
e0141754_8383472.jpg


 途中で見かけた文字。Superdry というブランドみたい。ネットで話題になっていたのを見たことがありました。「極度感想しなさい」って訳がついていて「???」ってヤツ。このロゴがついた洋服やらカバンやら小物やらがショーウィンドーに並んでいました(日曜日だったので店が閉まっており、実際には確認できなかったのが残念!) サイトは → コチラ
e0141754_8463581.jpg



 心が折れそうになりますが、とにかく頑張りますー!
by Alichen6 | 2016-02-25 08:42 | つぶやき | Comments(6)

 順不同でご紹介しちゃいます。滞在4日目に行ったレストランなのですが、キョーレツだったので是非ご紹介したくて。ベルリン在住のライターさんに教えていただいたお店「Volkskammer (サイトは → コチラ)」です。もう、ワクワク❤ 午前中は朝食ビュッフェをやっているとのこと。お1人様は恥ずかしいなぁ…と思ったけど、勇気を出して行ってきましたー♪ もう、濃ゆいですよ~~

 かつてはDDRの中央駅だった「オストバーンホフ(=東駅)。ここから歩いて3分!
e0141754_914841.jpg

 ベルリン西部と違い、なんとなくまだDDR感が漂っています。道がやたら広い、プラッテンバウ(共産圏によくあった建物。画一的で味気のないところが逆に味わいとなっている、不思議な建物)が残っている、通りの名前が共産圏、お店が少な目… この通り(↓)なんて、「パリ・コミューン通り」ですもんね。
e0141754_941873.jpg

いきなり目に入った「オッシー・チキン・ケバブ」。「オッシー」とは、「東の人」の蔑称ですが、最近は自虐ネタでよく見るような…
e0141754_921747.jpg

なんじゃ、コレ?!? ホテルらしい… プラッテンバウをきれいに塗り替えた建物が目にまぶしい… …のは気のせいか?
e0141754_952552.jpg

お店はこんな感じ。お店の人に聞いたところ、比較的新しいお店なんだとか。ちなみにVolkskammer はDDR時代の人民会議です。
e0141754_963284.jpg

e0141754_13384180.jpg


一歩中に入ったら「おお…!」となりました。まぎれもない、DDR空間。
e0141754_11284473.jpg

e0141754_1129626.jpg

e0141754_11292333.jpg

e0141754_11241489.jpg

ハム・チーズコーナーが、すごいことになっています。
e0141754_1132016.jpg

店の人の話によると、Alles original (全部DDRオリジナル)なんだそーです。おじさんももちろん、DDR産。
e0141754_114675.jpg


…そして、これがワタクシの朝食。もっと取ってもよかったのですが、なんとなく恥ずかしくて、これだけ食べてそそくさと退散しちゃった。
e0141754_2330357.jpg


とっても楽しい空間でした。朝食ビュッフェは7.50ユーロ。安っ ホテルの朝食のような豪華さはないけれど、ハム・チーズも種類が豊富だし、飲み物もコーヒー・紅茶・ハーブティ・ジュース類とイロイロ。デザートのケーキも3種類。1人で行ったので、最低限のものを食べてそそくさと出てしまいましたが、次は誰かと一緒に行きたいな~。hidekoさん、素敵なお店のご紹介、ありがとうございましたー❤
by Alichen6 | 2016-02-19 11:53 | ドイツの食べ物 | Comments(6)

 皆様、帰ってまいりました。弾丸ツアー並みのハードスケジュ~ルで青息吐息状態。朝から晩まで、よく歩きまわり、よく食べ、よくしゃべり、よく笑い、よく寝、よく仕事をしました(←仕事持参でした)。そして今回もイロイロ見聞きしてきちゃいました。よくもまあ、こんなマニアックなところに行くなぁと自分で苦笑しつつ。少しずつUPさせてくださいねー。

 とにかく何とか羽田に到着し、荷物が出てくるのを待っておりました。あれ?空港内にかわいいビーグルちゃんがいる~なんて思っていたら、私が手にしていた袋にいきなり鼻を突っ込んでクンクン。検疫の係の人に「ちょっとこちらへ」と言われてしまいました…。え? ワタシ、違法なものは何も持ってないんだけど…

 どうやら、肉類を持ち込んだのでは?と疑われたみたい。手にしていたバッグや2個のスーツケースを開けてぜーんぶ見せるハメに…そうそう、ポケットの中身まで調べられました…。

 実はですねー。毎回やっているのですが、今回もフランクフルトの空港で1個1ユーロのブレーツェルを10個(!)買いこんだのです。同じ系列の店でも、出国出口の向こう側だとなぜか高くなっちゃう。出国の手前で買うのがコツなのです。そして、そのブレーツェルが匂った模様。ハムをはさんだ物ではないので、もちろん日本に持ち帰ってもOK。しかーし、ワンコがやたらクンクンするので、ほかにアヤシい物を持っているのかも?と思われたらしい… トホホ。

 「これは何ですか?」「空港で買ったパンです」

 「これは何ですか?」「チョコレートです」

 「これは何ですか?」「ビスケットです」

 「これは何ですか?」「グミです」

 「これは何ですか?」「ウェハースです」


                          …以下省略。

…とまあ、スーツケースや手提げ袋にぎっちり入っているお菓子類を説明することに…(恥)

 係の方はとても優しくて対応も丁寧でしたので問題はなかったのですが、ブレーツェルやお菓子がひしめくカバンを見せるのは恥ずかしかった…。

 もちろん、無罪放免。家に持ち帰ったブレーツェルは、1個1個ラップに包んで冷凍庫へ。朝、トースターでカリッと焼いて食べるとウマいのだ。

e0141754_18455997.jpg







 
by Alichen6 | 2016-02-17 18:46 | ドイツ珍道中 | Comments(6)

行ってきます


e0141754_0364345.jpg



へろへろです〜


002.gif
by Alichen6 | 2016-02-10 00:37 | ドイツ珍道中 | Comments(12)

 昨日、昭和4年の辞書をゲットした話を書いちゃいました。ついでに、9年前に同じくネットオークションで入手した辞書の記事もリンクしましたが、懐かしいのでエキサイトブログのほうにも再び載せてしまいますね。二度目の方は、すみませんっっ


**********************
(2007年の記事の再掲です)

 某所で古い辞書を見つけてしまいました。ポケットタイプで小型ではありますが、優れもの。一目ぼれです、ハイ。ゲットしちゃいました。辞書って大好きなんです・・・

 
三省堂 獨和新辭林 第9版
ドクトル高木甚平・保志虎吉 共編 
初版明治29年発行、第9版明治32年発行


e0141754_902960.jpg

e0141754_922071.jpg

e0141754_9112686.jpg

e0141754_9113997.jpg


もちろんヒゲ文字ですし、解説の日本語も文語体。それでも名詞の性は m/f/n で区別されているし、2格に S がつくものは ‐s となっています。複数形も書かれているし、派生語もバッチリ。意味も豊富。しかも当時の日本ではそれほど一般的ではなかったものについては内容の説明まで記されています。本当に明治の辞書なのかなぁと私は疑っているのですが、古い辞書であることは間違いなさそう。後日あらためて面白そうな語彙をピックアップしてしまいますね。

 冒頭の編者の言葉が面白いのです。今の時代にも通じる苦労が語られています。辞書は簡単で分かりやすいのが一番だけど、その両方の要件を両立させるのは大変だ、といった内容のようです。獨逸語は語をどんどん連ねて単語を作っていきますが、それを全部網羅するとワケわかめちゃんになっちゃう。ある程度絞ると引きやすくはなるものの、意味を調べる際に「載ってない!!」と困ることにもなる・・・。編者の苦労が伝わってくるような言葉です。明治の学生たちもこういった辞書を手に、獨逸語と格闘していたんですね。(余談ですが、文語って漢字が多くて読めましぇん。漢字とヒゲ文字のダブルパンチ。ドクトルすごすぎ。)

『辞書の要訣は簡潔明確にあり、されども簡なれば則(すなわ)ち明ならず、明なれば則ち簡ならず、世間辞書の類多しと雖(いえど)も、能(よ)く簡にして明なるは罕(まれ)なり、殊に獨逸語の辞書にして簡明ならんを望むは較や難事なりとす、是れ獨逸語の性質たる、語に語を聯(つら)ぬれば則ち新たに語を成し其数殆んど無蓋なればなり、今若し其語数を淘汰し其骨子のみを摭(ひろ)はんとせば簡に失するの恐あるべく其訳字を減じ其解釈を省略せんとせば明を欠くの憂あるべし・・・(中略)・・・恐らくは遺脱誤謬(ごびゅう)多からん、是等は他日再鐫(さいせん)を待ち訂正增補(ぞうほ)する所あらんとす、唯だ之に因(よ)りて多少初學者に裨益(ひえき)する所あれば幸甚なり。』(獨和新辭林 冒頭部分より引用)
それにしても・・・。この辞書が使いこなせた人って、間違いなく漢字をよく知っている人でしょうね。上のを書き出すだけでタイヘンでしたわ~。
by Alichen6 | 2016-02-02 14:43 | ドイツ語 | Comments(2)

 しばらく更新を休みまーすとか言っておきながら、ちょっと更新しちゃいます。実はですねー、ネットオークションで独和辞典を落札しちゃったのです。でもって、嬉しくて 見せびらかしたく ご紹介したくなったワケです。実は今、昔の人物が出てくる映画をほにゃく中。その人のセリフに現代語の訳語をあてるのも変だよなーと思い、古い辞書が欲しくなった次第。明治時代の辞書は持っているのですが(コチラ)、昭和初期のものは持っていなかったのです。

e0141754_22293257.jpg

e0141754_22261475.jpg

               犬は重しで~す。
e0141754_22263153.jpg

e0141754_2226541.jpg

お値段は4円50銭ですって。ちなみに私はこれを100円で落札いたしました。スゲー、20倍以上という高値だ!(←違う)
e0141754_22271659.jpg


 しかーし。表紙が革製なのですが、古いせいか臭い… なんか薬臭いのです。長持ちするよう何か塗ってあるのかな。この持ち主は、これを使って一生懸命勉強したんでしょうね。表紙や背表紙はボロボロになっているのですが、中は書き込みなどもなく、とてもきれい。几帳面な持ち主さんだったのでしょう。

 まだ活用していないのですが、眺めているだけでも楽しい。どんな感じなのか、また改めてご紹介しますねー。
by Alichen6 | 2016-02-01 22:29 | ドイツ語 | Comments(0)