ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記 deutschali.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

日本にいながらドイツする♪  ドイツ・ドイツ語・ドイツ映画を愛してやまない下っ端字幕ほにゃく犬「ありちゅん」が字幕ほにゃく見習い眉毛犬「Milka」と一緒に書く日記


by Alichen6
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2013年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧


日めくり


 皆様、おはようございます。雪が降った地域にお住いの方は、タイヘンだったことと思います。ワタシも雪かきしちゃって疲れました…。普段使わない筋肉を使ったため、もうヘロヘロ。

 ところで DUDEN 先生の日めくりカレンダー、順調にめくっております。ちょっと前の話ですが、面白かったのでご紹介しちゃいますね。

e0141754_8372696.jpg


 説明もなく、いきなり単語が羅列してあって「?」と思ってしまいました。しかも分かりそうで分からない単語ばかり。

 Region-alligator は「地方のワニ」? Er-blasser は「青ざめるもの」?Rotz-eichen に至っては、「ハナタレのオーク」?もしくは「ハナタレの小タマゴ」? ンなバカな。Wachs-tube は簡単。ワックスが入ったチューブに違いない。


 …裏を見て納得。事情があって単語を分けて書かなきゃいけない場合、意味にそって分けないとトンデモな意味になっちゃうって例でした。でも、ひとつひとつの意味は載っていなかったので、Duden で調べましたわよ、ハイ。こうやって DUDEN を引かせようって魂胆だったのね(爆)

Region-alligator はReginalliga-Tor のことで、地域リーグのゴールのことみたい。検索したら、ちゃんとヒットしました。「これが、●●選手にとっては地域リーグの初ゴールとなりました云々」みたいな感じで。
Er-blasser は Erb-lasser のことで、被相続人。
bein-halten は、be-inhalter でenthalten とほぼ同じ意味。足は無関係でしたので、足フェチはガッカリ。
Altbauer-haltung は、Altbau-erhaltung で、古い建物を保存すること。
Rotz-eichen は Rot-zeichen で、赤い印。なーんだ、ハナタレとは無縁だったのね。
Wachs-tube は、Wach-stube で、衛兵の詰め所ですって。早くそう言ってよ。


*****************

 余談ですが、小学館の独和大辞典によると「Wachstube」って「Wachlokal」と同じで、軍隊用語「衛兵や歩哨の詰め所」とあります。でも、この挿絵はどう見ても警官か警備員。Duden によると、Raum für den Aufenthalt einer Wachmannschaft とあります。Wachmannschaft って、wachen する人ってことですよねー。だとすると、警官や警備員も含まれそうな気がするんだけどなぁ。同じく Duden で Wachmannschaft を調べると、wachhabende militaerische Mannschaft とあります。軍隊限定? 勝手なカンですが、オーストリアあたりだと警官も含みそうな…(ホントに勝手なカンです。以前、オーストリアが舞台の刑事ドラマをずっとやっておりまして、警官を Wachmann と言っていたのです。が、自信がニャイ。)また調べてみま~す。


web拍手 by FC2
by Alichen6 | 2013-01-16 08:58 | ドイツ語 | Comments(14)

 皆様、東京もかなり雪が降っております。山間部はもっとひどいでしょうね。お気をつけくださいませ~。 そしてプライベートな話で恐縮ですが、今日は ほにゃく犬ありちゅんの誕生日なのです。今日で9歳。今も薬は欠かせないのですが、今のところ安定しております。まだ痩せておりますが、調子がサイアクだった頃に比べるとだいぶ増えてきました。
e0141754_13124496.jpg


 でもなぁ… この雪じゃ散歩にも行けず、ただ家でユル~くお祝いするだけです。元気で長生きしてくれよ。

 ついでにぐ~ちゃんも。この画像、前に載せたかどうか忘れてしまいました。二度目でしたら、スミマセンっ あいかわらずユル~い雰囲気なヤツです。
e0141754_13294362.jpg


web拍手 by FC2
by Alichen6 | 2013-01-14 13:32 | つぶやき | Comments(10)

 お恥ずかしながら、宣伝させてくださいっ 実は2月24日(日)、静岡市内の映画館「静岡シネ・ギャラリー」にてトークショーが開催されます。主催者の方々(シネ・ギャラリー、アルテステ静岡、アンペルマンショップ静岡)のご好意で、ワタシまで出ちゃうことになりました… ううぅ、静岡の皆様、しゃしゃり出てしまってスミマセンっ 本来、黒子に徹するべき字幕ほにゃく犬ですが、せっかくの機会をいただいたので頑張ってお話ししてまいります。ご一緒する伸井太一さんは、かの名著「ニセドイツ」1,2,3を書かれた方。たびたびこのブログでもご紹介していますが、すっごーーーーーーーーーく面白い方です。引き出しをたくさんお持ちで、そこから出るわ、出るわ、貴重なネタの数々。ちゃららららら~~ん♪ って手品並みです。静岡の近くにお住いの方、お運びいただければ幸いです。トークショーは無料ですよん♪ ワタシの一発芸は封印しますが、座布団いただけるようにネタをせっせと仕込んでお邪魔いたします。

e0141754_0244594.jpg


『東ベルリンから来た女』公式HPは → コチラ

 どんなストーリーかと言いますと… 時は1980年、ベルリンの壁崩壊の9年前。優秀な医師バルバラは、名門シャリテ病院@ベルリンに勤めていました。しかし西側に住む恋人と一緒になるため、西ドイツへの移住申請を出したことで当局に睨まれてしまいます。地方の小さな病院に飛ばされ、シュタージからは女性としては大変屈辱的な検査も定期的に受けることになります。次第に周囲を敵視し、疑心暗鬼に陥っていくバルバラ。そんな彼女の上司アンドレは、医師としての務めを誠実に果たしている男性でした。心を閉ざしていたバルバラの変化が、美しく牧歌的な風景をバックに淡々と描かれています…(これ以上はネタバレになっちゃうので書けません)。

 シュタージと言えば「善き人のためのソナタ」ですよね。あの作品では、シュタージという存在にスポットを当て、そこで描かれた実態に我々は衝撃を受けたものでした。相変わらずシュタージの存在は不気味。そして非人間的。この作品をきっかけに、何冊かシュタージ関係の本を改めて読み直しててみたのですが、「善きソナ」で描かれたのと同じような目に遭った人たちの証言に触れ、「あれは映画だけの話じゃないんだ…」と改めて実感しました。こうしてさまざまな角度から旧東ドイツの闇の部分を描き出す作品が少しずつ増えてくると思います。

web拍手 by FC2
by Alichen6 | 2013-01-12 09:27 | ドイツ映画 | Comments(8)

 一昨日の話ですが、行っちゃいました。そ~、ニューイヤーコンサート@オペラシティ。チョ~楽しかったです。久々に現実を忘れて思い切り楽しんできました。年初からお忙しい方も大勢いらっしゃると思います。私ばかりいい思いをしてスミマセンっ 
e0141754_11204357.jpg

 テノールの男性は、日本人離れした伸びやかなお声。この方はこの日(9日)限りの出演でした。2曲目、3曲目と続けるにつれて、どんどんお声に広がりが出たような気がいたしました。そしてソプラノの女性も美しいお声で、容姿もお召し物もステキ。お客さんが引き込まれていくのが分かりました。ニューイヤーコンサートと言うと、元旦に日本でもOAされるウィーンフィルのコンサートが有名ですよね。今回もあれと同様、バレエもあって視覚的にもバッチリ楽しめました♪ そしてアンコールは「美しく青きドナウ」と「ラデツキー行進曲」。やっぱりこの2曲がないと年が明けた気がしませんな。たくさん拍手したので手が痛くなっちゃった。 

 終わってから、オペラシティ内で軽~くお茶。サラダとハーブティです。
e0141754_1121342.jpg


 帰りは新宿経由。まだイルミネーションがありました。が、人通りがほとんどなくて寂しい…。まだ10時半くらいでしたのに、この静けさ。景気が悪いから?平日とはいえ、昔ならまだまだ盛り上がってる時間帯。この閑散とした雰囲気が物悲しい…。
e0141754_11212174.jpg

e0141754_11213168.jpg


 …そんなワケで、楽しい楽しい夜でした~(すみません、私ばかり)

web拍手 by FC2
by Alichen6 | 2013-01-11 11:27 | ドイツのこと | Comments(0)

 1月ももう8日目となりました。今頃で恐縮ですが、我が家のカレンダーを2つ見せびらかしちゃっていいでしょうか? え? いい? 見せびらかしにはもう慣れっこ? むしろ見たい? すみませんねぇ… そこまで言ってくださると、お見せしないワケにはいきませんよねぇ。(← 毎度同じ展開でずびばぜんっ)ではでは。

 リビングのカレンダーは…
e0141754_8591983.jpg

 某ドイツ系企業のカレンダー、もう何年も愛用しております。毎年ドイツの風景が載っているのですが、今年はベルツゆかりの地の写真が使われているようです。

 このベルツさん、いわゆる「お雇い外国人」として明治時代の日本で活躍したドイツ人医師。草津温泉の効能を再発見して世界に広めたということで、草津温泉に行くとあちこちにベルツの文字が見られます。「ベルツ温泉センター」という施設もあったっけ。以前、拙ブログでご紹介したNHKラジオのテキスト「ドイツ語が見てきたNIPPON」でもベルツさんが取り上げられておりました。

 すっごく安易で恐縮なのですが、またまたウィキから引用させてください。特にここの「ベルツの日本観」という項目、読んで感動いたしました。「ベルツの日記」からの引用だそうです。
明治の時代に、これだけ摩訶不思議な国 NIPPON を深く理解していたなんて、ホントにビックリ。と同時に、自国の歴史や文化を否定して安易な西洋文明の輸入に走る日本人への批判や、同僚のお雇い外国人への批判などの内容は、今読んでもグサッときます。根底には日本文化への深い理解と愛情があるんでしょうね、きっと。時間があったら、この「ベルツの日記」も読んでみたいです。。。でも残念ながら時間がない~。

 ウィキのエルヴィン・フォン・ベルツ → コチラ

 そして仕事部屋にかけてあるのが、コチラ。ドイツのお土産にいただいたカレンダーです。苦手な方もいらっしゃると思うので、おとなしめの写真を選び、小さくしました。
e0141754_1256446.jpg


 そ~。「初心にカエル」君、ドイツ語バージョン。ただし登場するカエル君たちはドイツ産ではなく、主に熱帯のほうにお住まいの様子。熱帯の中でも初心にカエルとは偉い!


web拍手 by FC2


 
by Alichen6 | 2013-01-08 12:59 | ドイツのこと | Comments(6)

今年もレッツ豪徳寺


 昨日の話ですが、今年も「レッツ豪徳寺」してまいりました。以前もこのブログに同じような画像を載せちゃったのですが、縁起物なのでお許しを。奉納された招き猫たち。いつ見ても圧巻です。

e0141754_2234054.jpg

e0141754_23345874.jpg


 小田急線沿線の駅「豪徳寺」駅にある豪徳寺は、招き猫発祥の地なんですよね~。初めてこのブログにお立ち寄りいただいた方のために、ウィキから引用しちゃいます。安易でスミマセンっ:
『招き猫伝説:招福猫児招き猫発祥の地とする説がある。井伊直孝が猫により門内に招き入れられ、雷雨を避け、和尚の法談を聞くことができたことを大いに喜び、後に井伊家御菩提所としたという。

豪徳寺では「招福猫児(まねぎねこ)」と称し、招猫観音(招福観世音菩薩、招福猫児はその眷属)を祀る「招猫殿」を置く。招猫殿の横には、願が成就したお礼として、数多くの招福猫児が奉納されている。ちなみに、招福猫児は右手を上げており、小判などを持たない素朴な白い招き猫である。(以上、引用いたしました)』
e0141754_23353939.jpg


e0141754_23364458.jpg なお、豪徳寺商店街の和菓子屋さんでは、「招き猫最中」「招き猫サブレ」「招き猫人形焼」などが売られております。めったに買わないのですが、たま~に買っちゃうこともアリ。そして豪徳寺は彦根藩主の菩提寺だったのです。かの「ひこにゃん」とソックリな「たまにゃん」が豪徳寺商店街のマスコットなのですが、パクリではないそ~です。兄弟みたいなものだとか。

web拍手 by FC2
by Alichen6 | 2013-01-04 23:38 | つぶやき | Comments(6)

Neujahrsgrüße


 皆様、明けましておめでとうございます。今年も新年からほにゃく犬ブログに足を運んでくださいまして、ありがとうございました。のんび~り行進していこうと思います。オイッチニ、オイッチニ。(「更新」の変換ミスですが、「行進」でもアリだと思っちゃった。)

 さてさて、先日ドイツのお土産をいただきました。ううぅ、ウレチイ。お土産バンザイ!泣く子も黙る Duden の日めくりカレンダー。この日めくり、以前もミニ版を買って帰ったことがありました。「チリ積も」で、毎日何かを学べば物知りになれるかな~なんて。(ただし、ワタシの頭はザル頭でして、どんどんザルの目から落ちていてしまいますが…トホホ)。

e0141754_1111264.jpg


「Auf gut Deutsch」ですって。お恥ずかしながら白状しますと、ワタシはこの表現を知りませんでした。。。いえ、「auf deutsch」はもちろん知っています。「ドイツ語で」ですよねー。でもね、「gut」がつくと、「よいドイツ語で」という意味になると思いきや、「歯に衣を着せずに」「ざっくばらんに」という慣用句になるんですねー。ちょっと皮肉が入っているのかな。新年早々、ビックリでございます~。kein Blatt vor den Mund nehmen ってヤツですね。やっぱりタメになるなぁ、Duden は。この日めくりは、歯に衣を着せずズケズケいろいろ言っちゃってくれるLehrstoff なんですね。

e0141754_11192250.jpg


 そして今日は既に1月2日。1日目はラテン語でした。新年だからさぞかしめでたい言葉が書かれているのかと思いきや、バチカンのATM に書かれている言葉なんだそ~です。「ご本人確認のため、カードを挿入してください」という意味なんだそうな。なぜに元日からATM の言葉? 突っ込みどころもしっかりあって楽しい DUDEN。そして2日目はクイズになっていました。同じ意味じゃないものを1つずつ選べという問題。そして、いきなり難しい… 思わず辞書を引いちゃいました。やっぱり手ごわい DUDEN 先生。

*******************************

 実は昨年のクリスマスに、刺激をいただくことがありました。ピアノがご専門の方がコツコツご自分でドイツ語を勉強なさっていて、某語学検定試験で一番上の級の1次試験をパスなさったというお話を伺ったのです。あんな難題(ネイティブのドイツ人でも解けないようなミョ~な問題もチラホラ…)が出る試験を独学でパスなさったなんてスゴすぎです。コツコツ勉強を積み重ねることの大切さを改めて教えていただいたのでした。自分を振り返ってみると、基礎的な勉強をしなくなったなぁ…と反省。「仕事が忙しい」というのは言い訳に過ぎないし、翻訳をやっていればドイツ語力が向上するわけでもないんですよね。やっぱり地道に勉強しないと、大きな誤訳をやってしまったり、伏線を見落としたりしてしまいそう。よし、決めた!2013年の目標は…

      初心にカエル  ゲコッ

e0141754_11261511.jpg

     ↑ 日本の各地にいる「初心にカエル」君です。
e0141754_11302225.jpg

↑ シュタイフの「初心にカエル」君です。ボタンは左の後足についてます。日本のアマガエルにそっくりじゃん。 Quak, quak.


 …そんなワケで、熱く決意を語ってしまいました。とにかく今年もどうぞよろしくお願いいたします024.gif




web拍手 by FC2
by Alichen6 | 2013-01-02 11:32 | ドイツ語 | Comments(10)