ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記 deutschali.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

日本にいながらドイツする♪  ドイツ・ドイツ語・ドイツ映画を愛してやまない下っ端字幕ほにゃく犬「ありちゅん」が字幕ほにゃく見習い眉毛犬「Milka」と一緒に書く日記


by Alichen6
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2012年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧



 昨夜、NHKのクローズアップ現代で、『フィルム映画の灯を守りたい ~デジタル化の嵐の中で~」という特集を放映しておりました。ちょうど夕食時だったのでとりあえず録画し、先ほど見ました。デジタル化の波は避けられない、というのは仕事柄、あちこちで耳にしておりました。良質の映画を上映してくれていたミニシアターが次々と閉館い追い込まれたのも記憶に新しいところです。ドイツなど、ヨーロッパ系アートフィルムが好きな私としては、ホントに悲しい現象です。一方で、翻訳作業のデジタル化により効率化も図られ、翻訳者としてその恩恵を受けているのも事実。複雑な心境です。

 番組の内容を簡単に書かせてください。NHKのサイトから引用させていただきますね。
『今年3月、国内最大手のフィルム映写機メーカーが破産し、半世紀の歴史に幕を下ろした。その背景には「フィルム」を廃し、「デジタルデータ」で配信することで、莫大なフィルム現像コストや映写技師の人件費を削減しようというアメリカ・ハリウッドを始めとした大手配給会社の思惑がある。国内では既に、大手シネコンの8割以上がフィルム映写機を使わなくなり、来年には「完全デジタル化」が完了するとも言われる。その一方、ミニシアター等の小規模映画館の閉館が相次ぎ、フィルムで世界中の多様な映画が上映されてきた環境は失われようとしている。映画の代名詞だった「フィルム」は消えてしまうのか?映画の灯を守り続けてきた映写機技術者や映写技師の“今”を見つめ、考える。』(引用終わりです)

 この番組を見て、目からウロコがぽろっと落ちたことがありました。私はてっきり、デジタルはフィルムに比べてコストもかからず、データの永久保存が可能なところが利点なのだと思っておりました。でも違うんですね。デジタルのデータの場合、規格が数年ごとに変わっていくのが現状で、そのたびに変換しないといけない。そのコストがフィルムでの保存に比べて11倍もかかるとのこと。しかも保存の安全性が保証されるものではないそうです。また、国立フィルムセンターの研究員もおっしゃっていました。現時点では、フィルムでの形が保存に一番適しているというのがアーカイブの関係者の共通認識だと(湿度・温度に気をつけるとの条件つきですが。アーカイブなら、その点はバッチリですね)。また、番組に出演した映画監督も、表現者の立場から意見をおっしゃっています。確かにデジタルは撮影しやすく、予算のない若手にも表現できる可能性が広がったけれど、デジタルはゼロか一かの世界。微妙な色味などの表現などは、“幅”のあるフィルムのほうが優れていると。

e0141754_8232375.jpg
 「一世紀以上つちかわれてきたフィルム映画という文化遺産をどう守るか」という問題提起が印象的でした。いろいろ考えさせられる、よい番組でした。再放送されるといいのですが…。


e0141754_8233341.jpg



web拍手 by FC2
by Alichen6 | 2012-05-31 08:23 | ドイツ映画 | Comments(4)

 バタバタしているうちに、5月ももう30日。明日で終わりじゃないですかっっ 気持ちのいい季節はもうすぐ終わり。梅雨に入りますねぇ… ヤダヤダ。

e0141754_812457.jpg


 毎月巻末のほうで特集されている「ドイツ映画展望」目当てで、4月からNHKラジオテキスト「まいにちドイツ語」を読んでいます。5月号のことを書こうと思っていたら、もう6月号も出てしまいました。今回はベルリン映画祭特集。今回上映されたドイツ映画の中で目立っていた作品の簡単な紹介のほか、ベルリン映画祭の沿革に関する記述もあって興味深いです。私が「観たい!」と前から吠えていた『Barbara』も紹介されておりました。日本に来るといいなー。でもってご縁があるといいなー(←欲深でスミマセン)

 ちなみに5月号は、今年の初めに東京のゲーテ・インスティトゥートでの上映に合わせて来日したレアンダー・ハウスマン監督とその作品「ホテル・ルックス」についてでした。こちらも非常に面白かったのですが、肝心の5月号がどこかへ紛れてしまった…!「積ん読」状態の本の中に入っているに違いない。。。買った直後に一度読んだんだけどなぁ。ちゃんと読まないと感想が書けない…。

web拍手 by FC2
by Alichen6 | 2012-05-30 08:04 | ドイツ映画 | Comments(2)

 ブログでしょっちゅう「ハーブティが好き♪」と騒いでおりましたら、仲良くしてくださっている方がハーブティをプレゼントしてくださいました。わーい♪ ありがとうございます…!010.gif

すっごく素敵なハーブティです。自然の色合いがとってもおしゃれ。
e0141754_23491194.jpg

e0141754_23492660.jpg


 南阿蘇Tee Haus というところのお茶です。サイトは → コチラ
 東京にお住まいの方は、東急ハンズ新宿店の4Fでも買えるそうです。私がいただいたのは、「おやすみナイトティーブレンドで、中身はレモングラス、レモンバーム、ラベンダー、カモミールジャーマン、ローズレッド、レモンピール、マリーゴールド、ステビア。レモンの香りがするリラックス系。茶さじで色鮮やかなハーブをポットに入れる時が楽しい。心が温まって幸せ気分に浸れます。ハーブティのお好きな方、是非お試しを~~  

053.gif053.gif053.gif053.gif053.gif053.gif053.gif

web拍手 by FC2
by Alichen6 | 2012-05-26 23:54 | つぶやき | Comments(2)

再びアタフタ


 皆様、おはようございます。今日の東京地方は曇り。気のせいか、湿度が高めな気がします。梅雨が近いのかしら… ヤダヤダ。梅雨嫌い。

 ここにきて、またバタバタしてきちゃいました。せっかく拙宅にお寄りいただきましたのに大したお構いもできず、スミマセン。お菓子は全部食べちゃいまして(ポリポリ)お客様にお出しする分は空っぽ。なんせ、うちにはお腹をすかせたワンコとハリとカメがおりますので…。

 週末、またゆっくり何か行進…じゃなかった、更新したいと思います。よろしければまたお寄りくださいね。

 ところでプチ自慢。昨年も画像を載せてドヤ顔したばかりですが、今年もまたミニバラが咲いてくれました。いいなーお花は。毎年新しい花が咲いてくれて。人間は古くなっていく一方…orz..
e0141754_9302059.jpg

e0141754_9323624.jpg

e0141754_9324895.jpg


 3枚目は鳥の落し物がついていまして、スミマセンっ 皆様、よい一日を~~010.gif

web拍手 by FC2
by Alichen6 | 2012-05-25 09:35 | つぶやき | Comments(2)

 絵本にお詳しい方はご存じだと思います。リスベート・ツヴェルガーさんという、とっても素敵な絵を描く絵本作家がいます。私も絵本を持っています。その絵本原画展が京都で開催されるそうです。いいなー。京都だから行けないなー。関西の方、もしご興味がありましたら是非。素敵ですよ~。

サイトは → コチラ
このサイトから引用させていただきますね:
『不思議の国のアリス』や『オズの魔法使い』、『おやゆびひめ』など誰もが知るおとぎ話の世界を、繊細な筆遣いで描く絵本画家リスベート・ツヴェルガー(1954~)。卓越したデッサン力と洗練された色彩感覚で描かれる幻想的な世界は、子どもから大人まで見る人をひきつけてやみません。
ツヴェルガーは、オーストリアのウィーンに生まれ、1977年にホフマンの『ふしぎな子』の挿絵でデビューしました。1990年には「絵本のノーベル賞」とも言われる国際アンデルセン賞を受賞し、現在、国際的にもっとも高い評価を得ている絵本画家の1人です。2002年に日本で展覧会が開催され、大きな反響をよんでから10年、本展は、デビューから35年を記念して開催されるファン待望の原画展です。代表作の『賢者のおくりもの』、『オズの魔法使い』をはじめ、昨年邦訳版が刊行された『ノアの箱舟』まで絵本原画約150点を一堂に集め、ツヴェルガーが紡ぎだす優雅で透明なファンタジーの世界をご紹介いたします』

『リスベート・ツヴェルガー絵本原画展』
■5月23日(水)~6月17日(日)[会期中無休]
■場所:美術館「えき」KYOTO(ジェイアール京都伊勢丹7階隣接)
■開館時間:午前10時-午後8時(最終日は午後5時閉館)

e0141754_9564810.jpg


web拍手 by FC2
by Alichen6 | 2012-05-22 09:58 | ドイツのモノ | Comments(2)

 一昨日、ツイッターをぼんやり眺めておりましたら、フィッシャー=ディースカウ死去という訃報が目に飛び込んできました。ショック…! 前にも何度か日記に書いたのですが、私が最初にドイツ語に触れたのはディースカウさんのレコードでした。中学の頃、音楽の授業でシューベルトの歌曲を聴いたのです。ディースカウさんの「魔王」でした。ドイツ語の響きにいたく感激し、親にディースカウさんの歌曲集みたいなレコードを買ってもらったのです。「魔王」のほかに「菩提樹」とか「鱒」とか、とにかく有名な曲が何曲が入ったレコードでした。その後、マンガ「オルフェウスの窓」でダメ押し。やっぱりワタシはドイツだぁぁぁーーー!となったのでした。

 そんな思い出&思い入れもあり、ディースカウさんの歌声はとても好きでした。かなりのご高齢だったので、いつかはそういう日が来ると思っておりましたが、訃報を聞くとやっぱり寂しい。ちょうど2、3週間ほど前、ディースカウさんの歌声が聴きたくなってアマゾンでCDをポチったばかりでした。一昨日からこれをずっと流しています。どうか安らかにお眠りください。

前にも一度、貼りつけた動画です。もう一度失礼いたします。当時のブログは → コチラ


web拍手 by FC2
by Alichen6 | 2012-05-20 11:18 | ドイツのこと | Comments(9)

この1週間の記録


 皆様、おはようございます。東京地方は雨です。昨夜はひどい雷だったそうですが、眠りこけていて気づきませんでした…。毎日アタフタしていて、ブログの更新も滞りがち。それでも遊びに来てくださり、ありがとうございます。自分用の記録として、ここ1週間の出来事を書かせてくださいっ こんな個人的な日記を皆様にお見せしてしまってスミマセンっ

★ファスビンダー監督作品の上映会&講義に行ってしまった件

e0141754_753980.jpg 先日、日記でもチラリと書きましたが、アテネフランセさんで開催されたライナー・ヴェルナー・ファスビンダー監督作品の上映会に行ってしまったでござる。ニュージャーマンシネマの担い手として期待されたものの、1982年に薬物の過剰摂取で急逝して今年で30年だったんですね。ファスビンダー監督ってアクが強くて、ちょい苦手だったりするのですが、ドイツ映画にかかわる以上、絶対に外せない存在。だけどワタシのアタマじゃ「???」なので、解説があるととても助かるのです。そんなこともあって、この日を楽しみにしておりました。詳しい内容については、また改めて書きたいなーと思っていますので、ほんのちょっとだけ。


『マルタ』(1974)

e0141754_826442.jpg 主演の細~い女優さん(マルギット・カールステンセン、オレンジの画像です)は、ファスビンダー監督作品の常連。ワタシ、準主役で登場するカールハインツ・ベームが実は結構お気に入りだったのです。チョ~有名な指揮者、カール・ベームの息子さん。知る人ぞ知る、ロミー・シュナイダー主演の「Sissi」で夫のフランツを好演し、一気に有名になりました(右の白黒写真がソレです。女性はロミー・シュナイダー)。お顔がとにかくノーブル。その後、「シューベルトの恋 未完成交響曲」という映画でシューベルト役を演じていましたが、個人的にはこっちのほうが好き。ところが今回は異常な性癖を持つ男性。ひらたく言うと「ヘンタイ」。または「ドS」。こういう書き方はエロ系映画みたいではばかられますが、よ~するに妻を調教しちゃうストーリーorz... カールハインツ様の目つきがいやらしくてヒキました。70年代とは言え、ドイツ人女性が男のいいなりになるハズがない!と違和感を抱きながら観たのですが、解説を聞いて納得。親世代への批判も込めていたんですね。ナチの台頭と戦争を防げなかった親世代への反感の強い世代。監督は「権威」「支配」「束縛」といったことに敏感な世代だったのでしょう。

***********************************

★ウィーン・フォルクスオーパーのオペレッタ「こうもり」を鑑賞して楽しんだ件
e0141754_8114762.jpg


 お世話になっている方にお誘いいただき(ありとうございます…!010.gif)、観に(聴きに)行ってしまいました。このポスターにもあるように、「日ごろの憂さを忘れて、非日常を楽しみましょう」でした。すっごく楽しかった…!シュトラウスらしい調べは耳に心地よく、うっとり。音楽はもちろんのこと、コスチュームが素敵。西洋人って、ああしたドレスが本当によく似合いますよね。小さい頃から「ベルばら」や「オルフェウスの窓」を愛読したワタシにとって、美しいドレスと綺麗に結い上げた髪、そして歌とダンスは永遠の憧れです。美しい歌はもちろんのこと、歌の合間の掛け合いが絶妙。ウケました。あまりにも感激しすぎてワタシってば、途中から涙が止まらなくなっちゃった。←アホ。



 …と、自分のことばかり書いてしまってスミマセン。これから日常に戻ります。そうだ、ゴミ出ししないと。金曜日は燃えるゴミの日でした。出したら、ほにゃく仕事。ほにゃくは大好きなので苦にならないのですが、ゴハン作りとか掃除とか片づけとかってメンドい。←コラ。


web拍手 by FC2
by Alichen6 | 2012-05-18 08:22 | つぶやき | Comments(2)

 皆様、こんばんは~。なんだか今日は肌寒いですよね。いまだにフリースの膝かけを愛用しております。ところでまた、皆様にとある雑誌を披露しちゃってよろしいでしょうか?「披露」と書くと聞こえはいいですが、よ~するに「見せびらかし」です。それを「これ見よがし」「自慢」と呼ぶ人も中にはいるかもしれません。え?ゼンゼンおっけ~? むしろ見たい? すみませんねぇ…。そこまで言ってくださるなら、お見せしないワケにもいきませんよねぇ。

 …などと、一応躊躇してみつつ、結局見せびらかしてしまいます。

   じゃじゃーん!  すげー024.gif

e0141754_12424862.jpg


 Filmwoche という、映画専門週刊誌です。「Film」は「映画」、「Woche」はいわゆる「ウィーク」です。女優さん、綺麗ですよね~。これぞ銀幕のスタアって感じ。後日、また改めて書きたいなーと思うのですが、知る人ぞ知るファイト・ハーラン監督(「ユダヤ人ジュース」や「コルベルク」といった、Vorbehaltsfilme(一定の条件を満たさない限り現代のドイツでは上映できないナチ映画です)の監督)の奥様にして女優のクリスティーナ・ゼーダーバウムです。ナチ時代に人気を博しました。おっと、写真を撮る際に並べる順序を間違えました。一番右が1939年2月15日号、中央が1943年1月27日号、左が1943年1月13日号。

 この週刊誌「Filmwoche」のことを調べようと検索して偶然見つけました。国立のアーカイブ、Bundesarchiv のサイト。収蔵されている映画関連雑誌の一覧です。その量に驚きました。戦前から映画関係の雑誌ってたくさん発行されていたんですね。驚きです。出ては消え、出ては消えの繰り返しだったのかしら。ワイマール時代~ナチ時代にこれだけ出ていたということは、やはり映画は国民にとって欠かせない娯楽だったんでしょうね。

ドイツの国立アーカイブによる資料。映画雑誌一覧表 → コチラ

 これによると、「Filmwoche」は1919年から1922年までは「Illustrierte Filmwoche」というタイトルで、1923年は「Neue Illustrierte Filmwoche」、そして1924年から1926年までは「Illustrierte Kinowoche」というタイトルで発行されていたみたいです。その後、「Filmwoche」となり、1943年まで発行されていた模様。

 内容につきましては、また改めて書かせてくださいませ~~~

web拍手 by FC2
by Alichen6 | 2012-05-13 00:53 | ドイツ映画 | Comments(0)

HARIBO 占い


 今でこそ、「グミ」って日本でもメジャーなお菓子となりましたけど、昔はなかったですよねー。あったとしても、いかにもアメリカな「ゼリービーンズ」(今でも売ってるのかしら?デンプンで固めているそ~です)か、四角くて甘ったるくてオブラートに包んである「ミックスゼリー」(こちらは寒天で固めているそ~です)くらいしかなかったような。ドイツで初めてゼラチンの Gummibärchen を食べたときはショーゲキを受けました。こんな不思議なお菓子があるんだ…って。ハイ、四半世紀以上前の話でございます。だけど日本のいわゆる「グミ」って、歴史はそんなに古くないですよね。

 …日本にグミが生まれたのっていつ?と思い、ウィキを調べてしまったところ、グミっぽいお菓子は1980年に明治製菓が発売した「コーラアップ」というのが、ソレ系のお菓子の元祖だそうです。ただしドイツ語から来た「グミ」という言葉はまだなく、ゼリーとして売り出されたとの話。その後、1988年に同じく明治製菓が「果汁グミ」を売り出したのが、日本における「グミ」のスタートなんだそうな。やっぱりね~ 比較的新しいんですね。

**************

e0141754_23255579.jpg いきなり話がそれてしまいました。四半世紀前の驚きが忘れられず、今でも私の中では、「グミベア=ドイツの駄菓子」というイメージがあります。なのでグミベアのグッズを見ると、つい買っちゃう。そんなワタシに朗報が。ブログつながりのドイツ語翻訳者さん(ブログはコチラ)が、ご自身が訳された本を送ってくださったのですぶらぼーーー!!  

『HARIBO占い』
阪急コミュニケーションズ
ディートマー・ビットリッヒ著
長谷川早苗 訳



 グミベアを無作為に5個選び、その色の組み合わせで占うという本です。全126種類の組み合わせが載っております。早速、ワタシもやってみました。

e0141754_72408.jpg
赤が2つ、緑と黄色とオレンジが1こずつ。この本から一部を引用いたしますね。

『アイデアの力で大成功を手にするチャンス』
…自分だけ損をしている、インチキされている気がする。そんな気持ちになってしまうのは、あなたがエネルギーを内に抑え込んでいるから。でも、これからはちょっと違ってきそうです。創造のシンボル、オレンジが小さな扉を開けようとしています。そお先にあるのは、明るいアイデアに満ちた世界。仕事と裕福をあらわす黄色のグミを引き当てたことも幸運です。あなたはアイデアを使って、成功をとげるということです。さらに、緑は落ち着いた自信と継続を示します。つまり、あなたはけっして一時的ではない大きな成功を手に入れるということ!』

 おお! これはいい占いではないですか!大成功を手にするチャンス?ヤッター!「仕事と裕福」、どちらも欲しい!

 他の組み合わせの占いも読んでみましたが、どれもポジティブでいいことが書かれています^^; 大吉が出るまで引き続けなくても大丈夫。どれもいいお告げなので読んでて楽しい。グミベアが気になる方、占いが好きな方、フツ~の占いじゃ飽き足らない方にオススメです。訳者の長谷川さんのブログ、実は私が6年前にブログを始めたころから読ませていただいておりました。「へ~ ドイツ語関係のブログってこう書くんだ」と、いろいろ参考にいたしまして…。その頃からのお付き合いで、お目にかかったこともあります(*^_^*)。 素敵な翻訳書を送ってくださり、改めて心から御礼申し上げます。

******************************

<さらにおまけ>
 長々とすみません。以前、ハリボについて書いた日記から一部、こちらにコピペしちゃいます。
『最初のGummibärchen が日の目を浴びたのは、1921年のこと。製造したのが、その前年に設立されたHARIBO 社。創始者の名前と地名 Hans Riegel Bonn から名づけられたそうです。ちなみにこのリーゲル家のハンス君は、学校を卒業してから「Bonbonkocher(飴職人ということでしょうか?Bonbon をKochen して作るってちょっとヘン。白飴を煮詰めるからかな。)」としての職業訓練を受けた、とHaribo のホームページに書いてあります。

最初は「Tanzbär」として売り出したそうです。当初からクマの形をしていたんですね。

昔、ドイツのTVコマーシャルで「♪Haribo macht Kinder froh und Erwachsene ebenso♪」という歌がよく流れていましたが、今でも変わらないのでしょうか…。Haribo 社のホームページによると、このキャッチコピーは1930年代の半ばに作られたとか。最初はfroh までの部分だけ。1960年代半ばに後半のund Erwachsene ebenso が加えられたそうな。』



web拍手 by FC2







 
by Alichen6 | 2012-05-09 07:45 | ドイツのこと | Comments(14)

 皆様、GWも残すところあと1日とちょっとになりました。いかがお過ごしでしょうか。先日、鼻息も荒くサポサポ project 会場@代官山 に乗り込んだ話を書いてしまいました。その代官山駅にオシャレなお店が入っているのです。店内は若い女性でいっぱい。いい香りのするお化粧品やら、アロマグッズやらが売っている模様。前から気になっていたので入ってしまったところ、ドイツやオーストリアのハーブティが売っておりました。先日買ったSonnentor 社のハーブティも。

 そしてSonnentor 社の隣に見つけた新キャラ。こちらはドイツのお茶みたい。「Lebensbaum (=命の木)」というMarke でした。流行りの BIO (有機栽培)。
e0141754_1625959.jpg

Abendtraum (=夜の夢)というお茶は、有機レモンバーム、有機セージ、有機カモミール、有機ラベンダー、有機ホップ。
Kräutertraum (=ハーブの夢)のほうは、有機フェンネル、有機レモンバーム、有機ペパーミント、有機カモミール、有機レモングラス、有機リコリス、有機タイム、有機アニス。

どちらも美味しかったのですが、特に Abendtraum がモロ、私の好みの味でした。なお、ドイツ製だけあって、エコな梱包で感心します。↓ こうしてティーバッグがむき出しで入ってます。が、湿度の高い日本ですので、このままではすぐ香りが飛んでしまいそう。蓋つきの密封容器に移しました。
e0141754_16314198.jpg


 この「Lebensbaum」社のハーブティ、日本でも通販などで買える模様です → コチラ なくなったら注文しちゃおうかな。← 無類のお茶好き。


web拍手 by FC2
by Alichen6 | 2012-05-05 16:36 | ドイツの食べ物 | Comments(0)