ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記 deutschali.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

日本にいながらドイツする♪  ドイツ・ドイツ語・ドイツ映画を愛してやまない下っ端字幕ほにゃく犬「ありちゅん」が字幕ほにゃく見習い眉毛犬「Milka」と一緒に書く日記


by Alichen6
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29

<   2010年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧


うはうはランチ♪


 皆様、お忙しい毎日をお過ごしですのに、ワタシばかり美味しいお料理をたらふく食べてしまってスミマセンっ 昨日は「ぴちぴち翻訳隊(爆)」の皆様とおランチしてきてしまいました。ええ、もうみんなピチピチですわ~。…と言ってはみたものの、ワタシはこのところイロイロあって目の下に森のクマさんも来ているし、オハダもボロボロ、ぴちぴち翻訳隊の中にヨレヨレほにゃく犬が混じってるって感じでしたが、この際気にしないのだ。

お店は、オサレな自由が丘にある「リゴロ」さん。HPは → コチラ
お店を紹介してくださったのは、フランス語・英語映像翻訳者のすーさん → コチラ
e0141754_7393945.jpg

         オードブルに(さりげなく添えられているピクルスも激ウマ)…
e0141754_7405414.jpg

            日仏キノコのポタージュに…
e0141754_7411998.jpg

       お肉料理(仔牛肉の“パネ”ですって。いわゆる paniertes Kalbfleisch でした)
e0141754_7442686.jpg

            デザートのタルトタタン。パイ生地もパリパリで激ウマ。
e0141754_7444562.jpg


…と、自分が食べたものを写して載せちゃってずびばぜん。これだけあって2100エン!お得でございます。関東にお住まいの方、よろしければ是非どうぞ。ワタシはすっかり鱈腹、元気になったのでした。ぴちぴち翻訳隊の皆様、お忙しいのに昨日は一緒に遊んでくださってありがとうございました。
e0141754_746043.jpg

            ↑ タラフク(鱈腹)・・・ ううっ モロ、私の昨日のお腹じゃん。
by Alichen6 | 2010-11-25 07:46 | つぶやき | Comments(2)

 現在、大阪ヨーロッパ映画祭が開催中です。でもってトルコ系ドイツ人のファティ・アキン監督が映画「ソウル・キッチン」上映に合わせて初来日したんですねー 羨ましいっ 大阪行きてぇ~!(←スミマセン、つい。ホホホ~)

 昨夜に上映され、その後監督との質疑応答があったそうなんです。その様子がコレ → コチラ

 忙しい監督なので、ホントにいらっしゃるのかしら~などと皆さん心配していたそうなのですが、無事いらしてステージの上へ。監督の映画や音楽、そして故郷ハンブルクに対する思いが凝縮されていましたね。こうしたお答えを引き出す質問をした観客の方々、すっごく映画通なんだなぁと感心しました。

 来日直後、東京でも記者会見があったそうです。会見に行かれた方に伺ったのですが、ドイツ語ではなく英語だったとか。ま、インターナショナルに活躍している監督なので、会見が英語というのもうなずけはするのですが、ドイツ語でやってほしかったな~。昨夜の舞台挨拶ももしかしたら英語だったのかも。記者会見のニュースは → コチラ
by Alichen6 | 2010-11-23 10:20 | ドイツ映画 | Comments(4)

 連日ハリネズミの話題ですみません。うちのユルいハリネズミぐ~ちゃん、ハリが生えている面積がちょっと小さいような気がします。いくら前面や側面をハリで武装しても、お尻がこれじゃあちょっと・・・ ワンサイズ上のハリが欲しいところ。

e0141754_7305310.jpg


 ところで、ぐ~ちゃんったら意外と美脚。ほっそり長い脚が実はジマンらしいのです。上半身がふくよかでも手足はスラリと長い、外人体形なのだ。




               えっ 長い手足? うらやまぴ~~~
e0141754_9531629.jpg

by Alichen6 | 2010-11-18 07:31 | つぶやき | Comments(14)

近況報告 (画像追加)


 なんか毎日、バタバタしております~。先日、うちの暖房が壊れてしまった話は書いたと思うのですが、あれからまだ新しい暖房を買っておりません。ええ、家の中をすき間風が 
ぴゅ~~~ ですの。 さぶっ  大元の機械がオシャカになってしまい、修理を見積もってもらったのです。ところが提示されたのは目の玉が飛び出るようなお値段。ううっ む、無理だ。とにかく何か代わりの暖房を買わなきゃ・・・と、ここ数日、アマゾンなどで物色している最中でございます。

 そんな中、我が家のぐ~ちゃんは快適な住環境で羨ましい。平たいヒーターの上でゴロっと寝そべりながら薄目を開けてこちらをチラ見しつつ、の~んびりダラダラ。おやつのミルワームを近づけると、腹這いで首だけ伸ばして目は半開きのまま、モグモグ。これってかなり羨ましい状況です。ホットカーペットの上に寝そべりながら、口に丸々太った生き〆ケーキを入れてもらう状態ですぜ。これ以上の極楽は考えられません、ワタシには。

↓ 丸太のハウスの下にヒーターが敷いてあります。上の新聞紙は本人がのっけました。
e0141754_15573567.jpg

↓ こ~んな感じでいつも寝そべっています。ヒーターの上に干し草や新聞紙を敷いても、蹴散らしてしまうのだ。
e0141754_802643.jpg


 先日、所用で新宿に出かけた際、子供に連れられてアイスクリーム屋「コールドストーン」さんへ。そうそう、テレビで見たことがあったっけ。お姉さんたちが陽気に歌を歌いながらアイスを混ぜて盛ってくれるのです。娘に勧められ、アツアツのチョコレートワッフル&フランボワーズのアイスを注文しました。見た目ほど甘くなく、意外に軽くてばくばくいけました。周囲は女子高生ばっかり。その中で平均年齢を上げていたほにゃく犬1匹。
e0141754_160233.jpg

by Alichen6 | 2010-11-16 16:01 | つぶやき | Comments(4)

 旧西ドイツでも「ザントメンヒェン」が存在したそうですが、カワイくない・・・ 1991年以降は東のザントメンヒェン1本に絞られたんだそうです。どちらも白い髪、白いあごひげという点で共通していますが、西がオッサン面(失礼)なのに対し、東はあどけない子供って感じでカワイイですね~ 西のザントメンヒェンは初めて見たのですが、砂をまくシーンがないですね。ヘンだな~



YouTubeで見つけました。2010年の2月に放映されたヤツみたいです。進化してる・・・ 新素材の人形やCGも駆使されていております。ザントメンヒェンも垢抜けた印象。でも、冒頭と最後にザントメンヒェンが登場し、間にアニメを挟むパターンは同じなんですねー


by Alichen6 | 2010-11-12 09:19 | ドイツのこと | Comments(0)

ザントマン


 先日、ドイツに行ってらした方にいただいたお土産の中に、ザントマンのポストカ~ドが入っていました♪ おお!ザントマンだ~ うれしすぎる~ このザントマン、辞書には「砂男」と書かれております。す・な・お・と・こ。うーん、こう呼んでしまうと身も蓋もニャイ。なお、これは子供向けの番組なので、かわいらしくSandmännchen と呼ばれています。小砂男。こ・す・な・お・と・こ。
e0141754_11314725.jpg

 東ドイツで放映されていた子供向けのパペット・アニメで、統一後も子供たちから愛され続けています。東西統一を生き延びた数少ない「メイド・イン・東独」のものの1つです。レトロでカワイイですもんね。「グッバイ、レーニン!」でも、この番組を子供たちが見ているというシーンがあったっけ。





ところでザントマンってそもそもナンジャラホイ? ってなワケで、愛用の同学者「図説 ドイツ民俗学小辞典」で調べてみますと・・・

『Sandmann:「砂男」、「眠りの精」 気の優しい子おどし。子供が寝る時刻になると砂男が目の中に砂をまき、床につかせる。子供が寝床に入るのをいやがると、砂男が砂を目に投げて瞼を閉じるまで上に坐ったり瞼を噛んだりするといわれてる。バイエルン地方では砂男の代りにピッチ小僧がいて、子供の目をピッチで貼り付ける』(以上、引用終わり)

ひっ 寝ないと上に座られたり、まぶたを噛まれたり?!? こ、怖いんですけど・・・。「なぐごはいねが」のナマハゲみたい。もっとも、子供をしつけるのに、「早くシャツを着ないと雷様におへそを取られるよ」とか「早く寝ないとオバケが来るよ」的なノリで何かの威厳を借りて子供をしつけるのって洋の東西を問わないんですねー。

ところでピッチ小僧って何?「ピッチ」が何かよく分からない…。よく分からないけど、怖そうなのは確か。




 ところでふと思い出したのですが、フンパーディンク作曲のオペラ「ヘンゼルとグレーテル」にも Sandmann が出てきますよね。森で道に迷ったヘンゼルとグレーテルの目に砂をまいて寝かしつけるのです。(でも、決して上にまたがったり、まぶたを噛んだりはしないけど) そのあと、Taumann (「砂男」に合わせて訳すなら露男^^;) というのが登場します。露をかけて目覚めさせるという精。検索したのですが、それほど出てこないのです。こっちはフンパーディンクや、台本を作った妹さんの創作なんでしょうか?お詳しい方、ご教示びて。
by Alichen6 | 2010-11-11 11:48 | ドイツのこと | Comments(21)

 昨日、欧日協会ドイツ語ゼミナールさんの日曜セミナーに行ってまいりました。と言いましてもセミナーを聞きにいったのではなく、セミナーの講師をしてしまった次第でして… 品よく、静かに、さりげなく熱く語ろう♪ との固い決意で臨んだのに、途中から緊張がほぐれて調子づいてしまい、べらべら と暑苦しく語りまくってしまって大変失礼いたしました。テーマはドイツ映画や字幕ほにゃくについてでした。

帰り際、窓口でミニ・シュトレンとモ~ツァルトク~ゲルに…
e0141754_7271554.jpg


クリスマスのポストカード(@ゲーテ書房)を購入しちゃってホクホクです。
e0141754_728148.jpg


欧日協会ドイツ語ゼミナールの方々、このたびはいろいろありがとうございました。事前の準備など、細やかにご配慮いただき、御礼申し上げます。聴きに来てくださいました方々、休日の朝から本当にありがとうございました。緊張していて手順が悪かったところも多々あったと思います。それでもニコニコほほえみながら聴いてくださり、心から御礼申し上げます。人前でお話する経験ってほとんどないのですが、前に座ってらっしゃる方々がニッコリほほえみながら優しい眼差しで聴いてくださると、話しやすくなるものですね。ホントありがとうございました。年明けに第2弾も企画してくださるそうですので、またよろしくお願いいたします。

by Alichen6 | 2010-11-08 07:31 | ドイツのこと | Comments(20)