ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記 deutschali.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

日本にいながらドイツする♪  ドイツ・ドイツ語・ドイツ映画を愛してやまない下っ端字幕ほにゃく犬「ありちゅん」が字幕ほにゃく見習い眉毛犬「Milka」と一緒に書く日記


by Alichen6
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー

<   2010年 03月 ( 15 )   > この月の画像一覧



 ドイツの刑事モノのほにゃくをする際、よく出てくる言葉が Rechtsmediziner だったりします。「法医学者」。これを「監察医」と訳していいものかどうか、毎回迷います…。だもんで、ここでちょっと書き出しちゃいます。

日本語における法医学者と監察医の定義は?(デジタル大辞泉から引用します)

法医学:法律の運用の際に重要な事項について、医学的に研究・鑑定・解釈などをする応用医学の一分科。死因・死亡時刻・血液型・親子鑑定などを扱う。法律医学。裁判医学。
(法医学学会による定義は:法医学とは医学的解明助言を必要とする法律上の案件、事項について、科学的で公正な医学的判断を下すことによって、個人の基本的人権の擁護、社会の安全、福祉の維持に寄与することを目的とする医学である。)

法医学者:この言葉ではデジタル大辞泉には載っていなかったのですが、法医学の学者さんですよね、たぶん。

監察医:不審死体の懸案や解剖を行い、死因を解明することを任務とする医師。


むむむ…似ている!監察医というのは、警察の依頼を受けて不審死体の解剖などを行う医師ですよね。法医学教室の医師が行うこともあれば、開業医が依頼を受けて行うこともあるそうです(←とあるドクターに聞きました)。ってことは~ 「法医学者」が必ずしも「監察医」の上位概念だとも言い切れないってことかいな。法医学者≒監察医ってところでしょうか。
4月1日追記:ずびばぜん~ ウソを書いてしまいましたっ 昨夜はエイプリルフールの1日前なのに。アホなことを書いて無知がバレバレ~ 監察医は司法解剖は一部の例外を除き、原則的にやらないみたいですね。行政解剖がお仕事。だから事件性のある死体の解剖もやらないんですね・・・。知らなんだ(恥)。私個人の備忘録として、一番下に司法解剖と行政解剖の定義を書いちゃいました。tanさん、コメントありがとうございますっ 実は昨日、「監察医」という訳語を当ててしまったのですが、真夜中に訂正して差し替えてもらいました。ふう、危ないところだった。助かりました。
 
 で、ドイツの場合。刑事事件の捜査にかかわる Rechtsmediziner に「監察医」という訳語を当てていいのかどうか悩んでおります。ちなみにドイツで法医学に携わる研究所Rechtsmedizinisches Institut は数多くある模様です。毎度ウィキの知識で恐縮なのですが、Rechtsmedizin の説明によりますと、大学の法医学研究所は31個所あり、それ以外にも市立や州立の法医学研究所が数か所ある模様。これらの法医学研究所に勤める法医学者たちは、依頼を受けると不審死体の解剖などを行うワケです。そういった仕事に従事しているなら「監察医」と訳して構わないのかなぁ? 大丈夫そうな気がしますが…。

 長々と引っ張った割には答えが出ていなくて申し訳ないです。うーん、悩む…。

 ちなみに・・・ ドイツの法医学研究所一覧 → コチラ

*****************************

4月1日追記:

 ごちゃごちゃして申し訳ないのですが、司法解剖と行政解剖の定義を下に書き出しました。以下、ブリタニカ国際大百科事典より引用。

司法解剖:司法警察員、検察官、裁判官などの嘱託、命令によって、他殺死体、変死体、変死の疑いのある死体について行われる解剖。一派に、創傷の有無、その種類、性状、個数、凶器の種類とその使用方法、死因、死因と創傷の因果関係、死後の経過時間などが検査される。司法解剖と行政解剖を合わせて法医解剖という。
(ウィキの「司法解剖」からも一部引用させていただきます:司法解剖を行う者の資格について詳細な規定はなく、法的には、学識を有し、かつ捜査当局の嘱託を受けた者なら誰でも行えると解釈できるので、かつては警察協力医などの臨床医によって行われるケースも存在した。
しかし、法医学の分野における科学技術が格段に進歩した今日では、解剖によって得られた情報が刑事事件の真相解明や犯人特定などに重大な影響を与えることから、事件発生現場や死体発見現場に最寄の大学医学部において、高度な専門知識を持つ法医学者の手で執行するのが原則である。この場合、執刀者は前述の「鑑定処分許可状」のもと、捜査を担当する検察官や警察署長などの嘱託を受けて解剖を行う。(以上、引用終わり))


行政解剖:司法解剖とともに法医学領域で行われる解剖。対象は主として事故死者で、行路病死者、水死体、自殺死体、災害死体(高山、工場、交通機関などの事故による死者)、医師の手にかからず死亡した者などで、解剖は、監察医制度のある大都市では監察医が行う。

監察医:感染症、中毒、災害などで死亡した疑いのある死体、死因の明らかでない死体などについて、死因を解明するために変死検案および解剖を行う医師。知事によって任命される。この制度はアメリカで確立され、日本には1950年に取り入れられた。現在、東京区地域、横浜、名古屋、京都、大阪、神戸、福岡の7都市で実施されている。

 …最初からこの百科事典を見ればよかった^^; 監察医は死因の特定がお仕事なのでしょうが、あくまでも事件性のない死体が対象だったんですね・・・。ワタシってば、無知。もっと日本の刑事ドラマとか、法医学系のドラマなどを見なきゃいけないんだな~と痛感。
by Alichen6 | 2010-03-31 21:21 | ドイツ語 | Comments(4)

 お仕事で Einbalsamierung という言葉が出てきました。初耳!調べてみましたら、英語からの外来語で 「エンバーミング」と言うんだそうな。起源はエジプトのミイラづくりで、土葬が多い欧米で発達した技術なんだそうです。遺体の防腐処理。こんな話で恐縮なのですが、知らなきゃいけないことだったもので、調べてしまいました。きれいな遺体と対面し、ゆっくりお別れをしたいのは洋の東西を問いませんよね。それだけでなく、遺体が非衛生的な状態だと、病気が蔓延する可能性もあったということで、美的な面だけでなく、衛生上の理由もあるみたいです。また、何らかの理由(海外で事故に遭われた方とか)で埋葬まで日数を要する場合や、国の指導者の遺体を長く安置する場合(ソ連などの共産圏で多かったですよね。レーニンの遺体とか)にもこの技術が生かされているんだそ~です。具体的には、体内から血液などを抜き、代わりに防腐剤の入ったエンバーミング溶液を注入するんだそうです。日本では聞かないので、読んで目からウロコがぽろぽろと・・・

エンバーミングについて → コチラ

 最初、「初耳だーー!」と思ったのですが、ふと思い出しました。昨年、私の祖母が95歳で他界したのですが、お寺がいっぱいでお葬式が1週間も先になってしまいまして…。詳しいことは喪主の伯父に聞かないと分からないのですが、遺体をきれいなままにしてもらうため、葬儀会社に頼んだということだけは聞きました。秋だったのでドライアイスで大丈夫だったのか、それとも最新技術だったのかは分からないのですが、とにかく祖母はきれいな姿で旅立ちました・・・。火葬が当たり前の日本人には少々抵抗はあるかもしれないけれど、モロモロの事情で仕方ない場合もあるのかも。

 ところでこのエンバーミング。ドイツではかなり普及しているのでしょうか?もしご存じの方がいらっしゃいましたら、ご教示びて。









 苦手な方も多いと思うので、欄外に書いちゃいます。レーニンの遺体の保存について書かれたサイトを発見。エンバーミングの技術を応用したようです。遺体の画像ですので、苦手な方はクリックしないでくださいね。もっとも、この画像はロシアのテレビから取ったものみたいです・・・。普通に放映されたのでしょうか。

レーニンの遺体の保存について → コチラ
by Alichen6 | 2010-03-31 09:09 | ドイツのこと | Comments(2)

トブラローネ連峰


 昨日、近所のスーパーマーケットへ行きましたところ、輸入チョコフェアみたいな催しをやっちょりました。
e0141754_940314.jpg


 トブラロ~ネ(よくある100グラムのではなく、その半分の50グラムというサイズですが)が大売出し!半額でございました。とーぜん、買い!とりあえず15本をゲットしました。誰かにプレゼントもできるしねっ

 だけど帰ってから大後悔。15本なんてケチなことは言わず、もっと買っときゃよかった・・・ 今日、もう一度そこのお店に行ってみます。まだ残っていますよ~に。あと15本は買うぞ!

***************************:

 余談でございますが、株式や債券などの取引では、買い値を「Geld (英語でいう bid)」、売り値を「Brief (英語でいう offer)」と言いますです。ドイツ人ディーラーが、よく「Geld, oder Brief???」などと電話口で怒鳴っておりました。とある映画で商品取引所のシーンが出てきたのですが、そこでも Geld、Brief が出てきまして、ほほ~商品取引でも同じように言うんだ~と感心いたしました。語源は何なのでしょう?そのうち調べてみよっと。
by Alichen6 | 2010-03-28 09:49 | ドイツのお菓子 | Comments(5)

 先日、いつもお邪魔している あむさんのブログ でブラウンのマルチクイックなるブツに遭遇。以前からスイスのバーミックスが欲すぃ~と思っていたのですが、あれは高い。2マンか3マンくらいするのです。が、ブラウンのマルチクイックは1マンエンしないと知り、俄然欲しくなってしまいまひた。
e0141754_995395.jpg

(画像はBRAUN社のHPからいただきました~ つぶす、混ぜる、泡立てる、刻むの1台4役+α)

 実は、でっかいフードプロセッサーは嫁入り道具で持ってきたのですが、いかんせん重くてかさばるし、掃除が面倒。が、このマルチクイックは本体以外は食器洗い機にブチ込めちゃうし、軽くて簡単、コンパクト。ドイツかぶれの私の心も満たしてくれたりします。何よりも、お鍋に突っ込んで ごごごごががががごごごごーーー・・・っとやるだけで、ポタージュができてしまうのが魅力だったのです。

 ドイツ料理って、鍋に残った煮汁や焼き汁を香味野菜ごとブレンダーで ががががごごごごががががーーーっとやって、それに Soßenbinder (濃度をつけるもの、いわゆるデンプン)でとろみをつけてソースにするものが多いですよね。フランス料理みたいに、おしゃれなソースパンでバターや生クリームなどを使ってソースを作るんじゃなく、あくまでも野性味あふれる「男の料理」風だったりするような。とにかく、あのブレンダーに憧れていたのです♪

 迷わずネットでぽちっと押し、2日後には届いておりました。やったー 試しにバナナと牛乳でバナナミルクを作ってみましたが、簡単で美味しかった♪ ミキサーより手軽。かぼちゃのポタージュも作りました。フードプロセッサーより手軽。ヒゲも剃ってみました。ブラウンミクロンより切れ味がよく、剃り残しナシ!満足でございます。
by Alichen6 | 2010-03-27 09:17 | ドイツのモノ | Comments(10)

 先日、ドイツ映画賞の作品賞ノミネ~トだけ書いて、続きを翌日書きます~とか言っておきながら、またまた放置してしまいました・・・。ここんとこ連日バタバタしており、息切れ状態。久っしぶりに修羅場でございました~。んげーーー疲れた。こういうとき、いけないと思いつつワタシは甘い物に走ってしまいます。カ●ディで買いこんだ秘蔵のお菓子たち。しかもチョコレートばっかし。まぢヤバい。

 …気を取り直し、自分の趣味ではございますが、ドイツ映画賞2010にノミネ~トされた役者さんたちを下に書いてしまいます。リンク先の画像は、すぐ下の小さな四角をクリックすると別の画像も見られますです。

●主演女優賞ノミネート

コリンナ・ハルフォーフ (『THIS IS LOVE』)
シベル・ケキリ (『DIE FREMDE』)
ズザンネ・ロタール (『DAS WEISSE BAND』)
ビルギット・ミニヒマイヤー (『ALLE ANDEREN』)

(コリンナ・ハルフォーフはご存じの方も多いと思いますが、凛としてキレイな女優さんですよね。が、本人はかなりサバサバした性格のようです。「ヒトラー最期の12日間」でゲッベルス夫人役となり、鬼気迫る演技で見る者を圧倒いたしました・・・。シベル・ケキリは先日も書きました、トルコ系の女優さん。不安定で複雑な人の役をやらせるとピカイチかも。ズザンネ・ロタールは故ウルリッヒ・ミューエ氏の奥様です。ビルギット・ミニヒマイヤーって、美人とは言えないのですが、個性的かも。)


●主演男優賞ノミネート

ファビアン・ヒンリヒス (『SCHWERKRAFT』)
ヘンリー・ヒュプヘン (『WHISKY MIT WODKA』)
ブルクハルト・クラウスナー (『DAS WEISSE BAND』)
デーフィット・シュトリーゾフ (『SO GLÜCKLICH WAR ICH NOCH NIE』)

(ファビアン・ヒンリヒスは、日本ではあまり知られていないと思うのですが、「白ばらの祈り」でお兄さん役を演じた俳優さんだったりします。ヘンリー・ヒュプヘンって、何年か前のドイツ映画祭で上映された「何でもツッカー!」で主役を演じたおじさんです。すごーく演技の上手な人だな~と思いましたです。ブルクハルト・クラウスナーは、「グッバイ、レーニン」でお父さんだった人。「愛を読む人」では確か裁判官だったような・・・。鼻の下が長くって、ワンコ顔だな~と密かに思っております。デーフィット・シュトリーゾフってよく見かけます。「ヒトラーの贋札」でもナチの軍人役で出てたような気がします。)

●助演女優賞ノミネート

マリア=ヴィクトリア・ドラグス (『DAS WEISSE BAND』)
ハンナ・ヘルツシュプルング (『VISION AUS DEM LEBEN DER HILDEGARD VON
BINGEN』)
イェルディス・トリーベル (『DIE PÄPSTIN』)
ナディヤ・ウール (『MÄNNERHERZEN』)

(マリア=ヴィクトリア・トラグスさんってワタシ、知らないのです・・・。スミマセン。ハンナ・ヘルツシュプルングは4分間ピアノ弾いちゃったお姉さん。次のイェルディス・トリーベルさんも知らないのです。ずびばぜん。ナディヤ・ウールは素敵ですよね~。毎回、話題作に出ていますが、個人的には出世作となった Die Stille nach dem Schuss (以前、CSのシネフィルでOAされた作品です) での演技が忘れられません・・・!)

●助演男優賞ノミネート

ライナー・ボック (『DAS WEISSE BAND』)
ユストゥス・フォン・ドホナーニ (『MÄNNERHERZEN』)
ウルリッヒ・ネーテン (『HENRI 4』)
Settar Tanriögen  (スミマセン、トルコ系の名前だと思われまして、表記が分かりません・・・『DIE FREMDE』)

(これも知っているのは2人だけなのです。ユストゥス・フォン・ドホナーニは、拙ブログ内で(?)人気急上昇の俳優さん。いや、怪優と言うべきか。名家の出なのですが、ネチネチした役とか、変人の役とか、キモい役とかをやらせると、主役を食っちゃうくらいの存在感を発揮するような・・・(過去ログはコチラ)。ウルリッヒ・ネーテンもちょくちょく見かけます。「飛ぶ教室」とか、「ヒトラー最期の12日間」とか。ごくフツ~のおっさんなのですが、見ていて安心感があるような感じ。)

**********************

 ざざーーっと検索して、ざざーーっと書いてしまいました。なんだかまとまりがないのですが・・・。
by Alichen6 | 2010-03-25 23:05 | ドイツ映画 | Comments(6)

 ここ連日、バタバタしていたのですが、今日は家族がそれぞれ予定があり、一日中外へ出てくれています♪ 大きな声では言えないのですが、ウ・レ・チ・イ♪ 今日は朝から夜まで時間を自分のためだけに使えるのです~♪

 ・・・と浮かれてはみたものの、イロイロ詰まっていて実は青息吐息です。映画ニュースをチェックするのを忘れておりました。先週の金曜日、ドイツ国内では最も権威のある賞の1つ、ドイツ映画賞のノミネートが発表されていたんですね~ これって今のドイツ映画界の流れを知る上で最も重要かも。作品や主演・助演の顔ぶれを見ることで、流れが一目瞭然。 今日は作品だけ挙げさせてください~ 出演者とかは、またあとで追記させてくださいっ。明日以降に主演・助演でノミネートされた顔触れも書いちゃいます。


Deutscher Filmpreis Nominierung(pdf) → コチラ

★作品賞ノミネート
『ALLE ANDEREN』 マーレン・アーデ監督


『DIE FREMDE』 Feo Aladag監督


『SOUL KITCHEN』 ファティヒ・アキン監督


『STURM』 ハンス・クリスティアン・シュミット監督


『DAS WEISSE BAND(白いリボン)』 ミヒャエル・ハネケ監督


『WÜSTENBLUME (砂漠の花)』 シェリー・ホーマン監督

by Alichen6 | 2010-03-21 12:36 | ドイツ映画 | Comments(4)

 ワタシが子供のころ、英語もよく分からないくせに、セサミストリートをよく見ておりました。人形が好きだったんです~。そこで流れた「マナマナ」という曲がミョ~に脳裏に焼きついてしまい、今でもふっと思い出すことがありますです。YouTube ならあるかも~と思って検索してみたところ、ありました。すごすぎ。



これです、これ。2人の女の子が歌い、男の子が合いの手(?)を入れるのです。懐かしすぎ~ これを覚えている方、いらっしゃいますか?
by Alichen6 | 2010-03-20 13:38 | つぶやき | Comments(8)

Young Germany Japan


 昨日、tan さんが紹介してくださいました。ドイツ関係の情報てんこもりのサイト、Young Germany Japan。 この「young」って、どういう意味でしょう?若い人向けってこと? シニアな世代やおばちゃんマダムな世代も見ていいんでしょ~か。

 とにかく。 ドイツ料理のレストラン情報や(首都圏に限られてしまうのが申し訳ないのですが)ブンデスリーガの結果も載ってるし、マウスのオンラインショップもありまっせ。


 ところで。 もうすぐイースターですね。今年は4月4日(日)なんだそ~です。その関係か、昨日カ●ディに行きましたところ、ウサギのグミが売られておりました。味は普通のグミベアと同じなのですが、形が違うのです。
e0141754_831184.jpg

e0141754_8311171.jpg


 カシミアのマフラーを巻いた某オーストリア警察犬。マフラー柔らかくてホワホワ♪ ありがとうございますっっワタシ、皆様の優しさで生きております・・・
e0141754_835292.jpg

by Alichen6 | 2010-03-19 08:33 | ドイツのこと | Comments(6)

ありちゅんの日記


<ワンコのありちゅんの日記>

 今朝、人間のありちゅんが朝ごはんを作っていました。半分眠っているからチャンスだ!とワタシは考え、キッチンで待機していました。眠いときのありちゅんは、まな板の上のものをやたら下に落とすからです。にんじんとか、きゅうりとか、ハムとか、ベーコンとか。丸いものはコロコロ転がるのでらっきーです。すぐスクランブルかけられるようにしとかなきゃ。

 今日は何が降ってくるかな~とワクワク♪していたら、なんと春雨が
どどどどーーーーーーーっ
…と降ってきました。昨日の夜の残りの春雨スープでした。温めているうちに、取っ手に手をひっかけ、いきなり中身をぶちまけたのです。ワタシも長く生きてきましたが、生温かい春雨スープが降ってきたのは初めてなので、ありがたくガツガツいただかせていただきました。げんみつには、春雨ではなく、マロニーちゃんです。一晩経って、水分を思いっきり吸ってふやけたマロニーちゃんはウマいのだ。人間のありちゅんは、朝っぱらから
ぎゃーーーー!
とか言いながら、雑巾で春雨スープを拭いていました。心なしかムッとしている様子でした。自分が悪いのにねっ

 朝かららっきーな1日でした。


<人間のありちゅんの日記>

 今朝、朝ごはんで少しハプニングがありまして、スープを少しだけこぼしてしまいました。だけど、電光石火の早業で、手で春雨を鍋に戻しました。床に落ちた分はすぐに雑巾で拭き、何食わぬ顔をしてスープを家族に出してしまいましたぜ。知らぬが仏。ワンコのありちゅんが何かを食べていた様子でしたが、忙しかったので構ってあげられませんでした。何だったんだろう? ま、いっか。

 夕方は、お世話になった方とお茶をしました@渋谷。ケーキ食べて、コーヒーをポットで飲んで、ぎゃははは~と盛り上がり、満足&満腹。帰りにくりすぴードーナツでドーナツを買って帰りました。ほくほく♪ 家に帰ってドーナツをぱくぱく♪

e0141754_23311892.jpg

クリスタルなケースに入ったプリザーブドフラワ~♪ 生花を加工して、そのまま長くもつようにしたものです。造花じゃないので素敵♪ とってもキレイです。ありがとうございますっ 春を感じられてうれしいです。

e0141754_23323411.jpg

e0141754_2333284.jpg

↑ ドーナツたちがベルトコンベアで運ばれております。揚げたあと砂糖衣かけて最後に乾燥。丸くてカワイイのだ。
by Alichen6 | 2010-03-17 23:33 | つぶやき | Comments(4)

ドイツ映画 『Fremde』


 このところ、なんだか慌ただしくて映画関連のニュースをチェックするのも忘れておりました。先ほど、ちょっとだけネットニュースを読んでおりましたら、気になる映画が。ファティヒ・アキン監督の「Gegen die Wand (愛より強く)」で一躍有名となったトルコ系の女優、シベル・ケキリの最新作。「Fremde」(直訳しますと、「よそ者」とか「外国人」といった意味です)、監督はFeo Aladag という女性監督だそ~な。今年のベルリン映画祭のパノラマ部門で上映されたんだそうです。心に響くというウワサなのですが・・・



公式HP → コチラ

ネット上の映画評から勝手に想像したストーリー(スミマセン、未見なもので・・・。トルコ人の名前は表記がよく分からないので原語で出しちゃいます)
 25歳の Umay はベルリンからイスタンブールに戻ってトルコ人男性と結婚したものの、結婚生活は破綻。小さな息子Cem を連れて家を出、ドイツへ戻ろうとします。しかし保守的で世間体を気にする両親は Umay の行動が理解できません。息子と自分自身のため、Umay は過去のすべてを捨て、再びベルリンへ。そこで男性(フローリアン・ルーカス)と知り合います。新たな人生に向けて一歩を踏み出したものの、両親との溝は埋まりません。なんとか和解しようと努めたものの、すでに遅すぎたのでした・・・


 実は「愛より強く」で圧倒的な存在感を見せつけたシベル・ケキリが何となく計算高い女に思えて好きになれなかったのですが(スミマセン、でも同性から嫌われるタイプかと^^;)、予告編を見るかぎり、息子を見つめる母親の目とか、エキセントリックな振る舞いとか、様々な顔を持つ複雑で不安定な女性をうまく演じてるな~という印象を受けました。複数の映画評で「シベルの演技に引き込まれる」とありました。見る前から何となく分かるような気がしちゃいます。

 アキン監督の「愛より強く」でもそうでしたが、ドイツとトルコの関係を描いた映画に共通するのはドイツで生きる異文化の人々。トルコの文化については詳しくないのですが、どの家庭もすごーーく保守的ですよね。世間体を気にするとか、女性の人権がイマイチ認められていないとか。ドイツで自由な人生を知ってしまうと、なおさら故郷で違和感を抱いてしまうハズ。このキャラが演じられるのはシベル・ケキリしかいないんとちゃうか~。

 とにかく。 この映画、見たい、見たいわ、見たすぎる~。
by Alichen6 | 2010-03-15 22:35 | ドイツ映画 | Comments(2)