ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記 deutschali.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

日本にいながらドイツする♪  ドイツ・ドイツ語・ドイツ映画を愛してやまない下っ端字幕ほにゃく犬「ありちゅん」が字幕ほにゃく見習い眉毛犬「Milka」と一緒に書く日記


by Alichen6
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2008年 06月 ( 17 )   > この月の画像一覧



 先日、ちょいとデパ~トまで行くことがあり、「ついでに何か夏の服でも♪」と思い、ブラブラしちゃいました。今どきのデパートって、どこも同じようになっていると思うのですが、下の階が若い女性向け、上の階がマダム向け(おばちゃん向けともいふ)なんですね。で、ワタシは意地でも上の階には行きたくないと思ってしまい、無理して下の階をうろついていたわけであります。

ワタシ「あのう・・・ これって、サイズはこれだけですか?」
ショップのおねえさん「はい、これは9号ワンサイズのみのお作りとなっております

ワタシ「あのう… 色違いはないですか?」
ショップのおねえさん「こちらは黒・紺・茶の3色展開となっております」

ワタシ「あのう… ちょっとスケスケなんですが…」
ショップのおねえさん「これは、下にキャミソールを合わせてあげて、お衿をこう広げてあげる透け感と素材感が生かせるお作りとなっております」

ワタシ「あのう… ちょっとワタシには若すぎますかしら?」
ショップのおねえさん「いえいえ、よくお似合いですよ~ 幅広い年齢層のお客様に向けた展開となっております。」

<中略>

ワタシ「じゃ、これいただきます。支払いはカードで。」
ショップのおねえさん「では、こちらにお名前様を・・・」

*************************

 決してウケ狙いの作り話ではございません~。「~あげて」「お作りになっております」「展開になっております」ってよく耳にしませんか?「透け感」「素材感」も、意味は分かるけど、こうして書いてみるとヘン。ちなみに買ったのはスケスケではなく、無難なやつにしたのですが。この類の会話に「むむっ」と来てしまうのは、私がオバチャンだからというわけではあるまい。でも、この対応に「むむっ」と来るなら、迷わず上の階へ行けってことでしょーか。「いらっしゃいませぇ~」の芸人さんを思い出しちゃった・・・
by Alichen6 | 2008-06-29 11:39 | つぶやき | Comments(19)

・・・なんだそうです。1284年の6月26日。有名な「ハーメルンの笛吹き男」の伝説です。ネズミの被害に苦しんでいた市民たちは、ネズミ捕りの男(Rattenfänger)にネズミ退治を依頼し、報酬を約束します。男が笛を吹くとアラ不思議。笛の音に誘われ、町のあらゆるところからネズミが出てきました。そのまま男は町を出るとヴェーザー川へ。ネズミは川に次々と飛び込み、おぼれ死んでしまいます。ところが市民たちは約束の報酬を払いませんでした。急に惜しくなったんでしょうね。よくある話。怒ったネズミ捕りの男は6月26日、再び町に現れました。男が例の笛を吹くとアラまた不思議。子供たちがぞろぞろとついていってしまいました・・・

 私が書くまでもなく、誰でも知っているお話ですよね。なんで6月26日なんでしょう?伝説なので、本当にこの日だったかどうかは分かりませんが、ネズミ捕りのオッサンが怒るのも無理ないと思います。やっぱり約束は守らないとねっっ 来年は725周年ということで、ハーメルンでは様々な催しが計画されているんだそ~ですよ。詳しくは → コチラを (ドイツ語ですが)
e0141754_22511135.jpg

現存する最古の笛吹き男の画だそうです。パブリックドメインということで、ウィキペディアからいただいてしまいました・・・。いいのかなぁ?ちょっと心配。笛吹き男の衣装、結構いいかも。サーカスのピエロの衣装にも似てますな。

ところでこのウィキの記事、詳しくてすご~く面白いです。ウィキは → コチラ
by Alichen6 | 2008-06-26 22:47 | 今日は何の日? | Comments(6)

 ユ~ロ2008、ドイツは強いですね~。3対2でトルコに勝ったとの話。詳しいニュースはまだ読んでいないのですが、ドイツは盛り上がっていることでしょう・・・。決勝の相手はスペインとロシアのどっちになるのかなぁ?

***************************

 先日、PodCast でニュ~スを聞いていたら、「害虫の Zitrusbockkäfer が、中国から大量に輸入された観葉植物にくっついてドイツにやってきました~。皆さん、ご注意を」みたいなことを言っていました。画像を見てみたら・・ → コチラ

・・・これって、カミキリムシじゃん。

 検索してみましたところ、学名が Anoplophora chinensis で、日本のゴマダラカミキリ (Anoplophora malasiaca)とは、ビミョ~に違うみたいですね。でも、見た感じはかなり近い仲間という印象を受けます。「Zitrus」との名前のとおり、柑橘類の葉を好み、甚大な被害をもたらすそうで、数年前から EU が警告を発していたとか。

 だけどカミキリって子供のころからあこがれていた虫の1つだったので、私ったら「おぉ~」とついつい思ってしまったのであります。ちなみに漢字だと「髪切」なんですね。私はてっきり、「紙切」かと思っていました。

 ところで何の木に隠れてついてきたんかいな、と思ったら Fächerahorn ですって。モミジです、ハイ。盆栽サイトに japanischer roter Fächerahorn (日本の赤いモミジ)がいっぱい載っていました。人気なのかなぁ?確かにあの葉っぱはカワイイけど・・・。

6月27日追記:
ず、ずびばぜん・・・ワタシったら「カミキリ」って書いているつもりで、あちこち「カマキリ」としておりました。カマキリとカミキリは別の昆虫です、ハイ。「カミキリムシ」って書けば間違いなかったんだけど、「~ムシ」を省略しちゃうと、「カマキリ」って自然に指が動いてタイプしていました。

by Alichen6 | 2008-06-25 23:27 | ドイツのこと | Comments(10)

トゲトゲ系の動物


 しょ~もない話ですが、先日ハリネズミの話題になったので、ついでに調べたら、トゲトゲ系の動物ってほかにもいたんですね。

それがですねーー ドイツ語と日本語と漢字を見比べると面白いのです。名前はネズミなのにモグラで、イノシシなのにネズミで、モグラなのにカモノハシだったりするから。

Igel (ご存じ、ハリネズミ。漢字で書くと「針鼠」)
所属(笑)は「モグラ目、ハリネズミ科」だそ~です。

Stachelschwein (ドイツ語を直訳すると「トゲブタ」ですが、「ヤマアラシ」。漢字では「豪猪」)
所属は「ネズミ目、ヤマアラシ科」

Ameisenigel (直訳すると「蟻ハリネズミ」ですが、「ハリモグラ。漢字は「針土竜」」
所属は「カモノハシ目、ハリモグラ科」だって。

********************************

  先日、ハリネズミの話題になった際にコメント欄で takuya さんに教えていただいたことなのですが、ショ~ペンハウア~が言ったとか言わなかったとか言われる(?)「Stachelschwein-Dilemma」。あれってハリネズミかと思いきや、ヤマアラシだったんですね。2匹のヤマアラシが寒さに凍え、くっつき合いたいんだけどお互いのトゲが痛い。結局、いい距離を見つけたとかそういった話。哲学は nichts für mich (まったく分かりません~)状態なのですが、この話だけは聞いたことがありました。
by Alichen6 | 2008-06-25 12:43 | ドイツ語 | Comments(4)

Volljude、Halbjude、Vierteljude


 第三帝国に関するドキュメンタリーの中に、「Volljude(完全なユダヤ人)」、「Halbjude(半分ユダヤ人)」という言葉が出てきました。ほかにも「Vierteljude(4分の1ユダヤ人)」という言葉もあるそうです。悪名高いニュルンベルク法で定められたユダヤ人の定義なので、ユダヤ人の方々のことを思うとブログに書くのは気がひけるのですが、ほにゃくする際の覚書として書いてしまいました。

*****************************

Volljude (完全なユダヤ人):少なくとも祖父母の3人がユダヤ人の場合

Halbjude(半分ユダヤ人):両親の片方がユダヤ人、もしくは祖父母のうち2人がユダヤ人の場合

Vierteljude(4分の1ユダヤ人):祖父母のうち1人がユダヤ人

*****************************

 いきなり字幕の中に「彼は半分ユダヤ人だ」「彼女は完全なユダヤ人だ」などと出すと、「???」となってしまいそうですな。意味は何となく伝わるとは思うのですが何らかの形で補足が必要だろうなぁ。うーん、どうやったらスッキリ訳せるんだろう。

ご参考までにブリタニカ国際大百科から引用させていただきますと:
(詳しく調べ出すとキリがなくなってしまいそう。複雑です)
『ニュルンベルク法:1935年9月15日、ニュルンベルクのナチス党大会でアドルフ・ヒトラーが公表、発布した法律。ドイツ人とユダヤ人との結婚を禁じ、ユダヤ人から市民権を奪うなど、この法律によってユダヤ人は事実上あらゆる権利を剝脱された。(引用終わり)』
by Alichen6 | 2008-06-24 12:37 | ドイツのこと | Comments(4)

 あ゛~~~ ヒジョ~に頭に来たので、書いちゃいますっ 「シマンテック」「自動延長」「課金」で検索したところ、私と同じようにいきなり「自動延長しました」「本日課金」云々とのメールが届き、ビックリされた方がほかにもいらっしゃることが分かり、がく然。(詳しい内容は、本記事の1つ前をご覧くださいませ・・・すみません、久しぶりに激怒してます、ワタシったら。)

 しかも、私の場合は過去のメールを全部取ってあるのですが、シマンテックから自動更新を知らせるメールは届いていなのです・・・(同じように「届いていない」と書いていらっしゃる方もいました) これってサギ。購入の際に小さい字で書いてあったのでしょうが、それを見落とした人に落ち度がある、ということでしょう。でも、おそらく目立つようには書いてなかったハズ。しかも期限が切れるまで2週間以上もあるのに・・・。

 もし、シマンテックのノートンアンチウィルスを使っていらっしゃる方がいましたら、お気をつけください。期限が切れる1カ月くらい前に、自分から更新をストップする手続きをしないと、勝手に課金されてしまいますので・・・しかも、このScheißソフト(失礼)を入れたとたんにPCが重くなったと書いていらっしゃる方も多いです。ワタシもそうでした。だって、これでオシャカになったんだもん。ブツブツブツ・・・

この方も怒ってらっしゃる → コチラ022.gif

国民生活センターに通報した方も → コチラ021.gif

*******************************

21時半 追記:

同じような経験をされた方々のブログを見ているうちに、シマンテック社の自動更新に関する注意書きをネットで発見。期限が切れる15日前に「自動延長が完了」するとのことなので、逆に15日前だったらまだ自動延長を停止することも可能かな?と思い、ダメ元でやってみたら・・・

・・・停止できました! よかった~。これでたぶん、課金されないハズです。ま、これは後日クレジットの明細を見てみないと分からないのですが。

 こんなことで腹を立てる私がセコいのかなぁ?でも、自動延長するか否かの意思を確かめずに勝手に延長し、課金してしまう「サービス」は悪質だと思います。その間にパソコンが故障してしまったり、買い替えたりした人はシマンテックで自動延長停止の手続きを取らない限り永久に課金されてしまうわけですから。リマインドのメールだって私の場合は届いてないし、「お客様都合のキャンセルは受け付けません」もかなり悪質。どんな通販だってクーリングオフが可能なのに。しつこいようですが、同社のソフトをお持ちの方で、購入時にカード決済をなさった方はご注意を。

by Alichen6 | 2008-06-21 21:25 | つぶやき | Comments(23)

シマンテックにムカッ


 今朝、いきなりメールが届きました。「ご利用製品(ノートンアンチウィルス)の自動延長が完了しましたのでお知らせいたします。自動延長料金5,985円、支払方法 クレジットカード(自動課金)、課金完了日6月21日、更新サービス期限 残り382日、お客様都合によるご注文のキャンセル、返品や交換はお受け出来ませんので予めご了承ください」

 ええっ?!? 確かに昨年、ここのソフトを購入し、ダウンロードしたとたんにパソコンが暴走を始めてオシャカになったのは記憶に新しいのですが・・・。以前使っていた同社のソフトは、期限が切れる少し前からパソコンに警告が何度も表示され、更新手続きを取らないとそのまま期限切れになってました。いつから自動更新になったの?しかもそのパソコンは修理に出したあとも調子がイマイチ悪く、最近はまったく使っていないので表示が出たとしても分からないのです。メールで事前に「期限が近づいております、このままだと自動更新になります」といった警告は1通もなく、いきなり当日(しかも残り382日ということは、前回購入したものがまだ有効期限を超えていないってことですよね・・・)「今日課金します」と言われても・・・

 シマンテックに問い合わせようにも、電話の受け付けは平日のみ。ネット上の問い合わせは、購入方法の問い合わせとか、延長キーの申し込み方とか、会社にとってプラスの問い合わせのみ。それ以外は「電話かファックスで」とあります。ムカっ そういえばインストールしてパソコンが暴走を始めたときも同社の対応がひどくて(タライ回しの挙句、日本語がイマイチの外国人オペレーターが出てきて意思の疎通ができず、最後は無視された~)腹が立ったのですが・・・。

 これってやっぱり私に非があるのかなぁ?パソコンを使わなくても、ウィルスソフトの期限が切れる日を覚えておき、何日も前にこっちから連絡をして更新ストップを申し込まない限り、永遠に課金され続けるのかしら・・・。パソコンを処分する際も、そこを気をつけておくというのが常識だったのかしら?納得いかない・・・ブツブツブツ…
033.gif
by Alichen6 | 2008-06-21 13:09 | つぶやき | Comments(5)

Igel (ハリネズミ)


 先日、とあるデパ~トのペット売り場に行きましたら・・・

・・・ハリネズミ!

ケージで売られておりました。カワイイ・・。お値段は26,000円ナリ。一瞬、「衝動買いしたろか~」との思いがよぎったのですが、エサは「ミミズや昆虫の類」とあり、あえなく断念。確かにうちの裏を掘り返せば、ミミズちゃんの類はわんさか出てきますが、それを食べさせるのはちょっとツライ。

e0141754_754669.jpg このハリネズミ、欧米ではすごくメジャーですよね。お菓子にもあるでしょ、チョココーティングしたケーキに細切りしたアーモンドをびっしり突き刺した「Igel」ってやつ。実は私、ドイツで一度だけハリネズミを捕まえたことがあります。道路をよろよろ歩いていたのです。かなり弱っていて、かわいそうだから家に連れ帰ったのです。でも段ボール箱に入れたところ、かえって怯えさせてしまったために再び公園へ逃がしました。あのハリネズミ、どうしたかなぁ・・・。日本ではもともと生息していなかったためか、民話などでは出てきませんよね。欧米ではメジャ~なのに。日本の昔話では、どっちかというとタヌキのほうが身近。
                                ↑ よく見るとトゲトゲがちょっと不気味…

ちなみに DUDEN で Igel を引いてみましたら:

braunes, Stacheln tragendes, kurzbeiniges Säugetier, das sich bei Gefahr zu einer stacheligen Kugel zusammenrollt: (茶色でトゲの生えた足の短い哺乳類。危険を感じるとトゲを立てて丸くなる)
Er ist ein richtiger Igel (aus einer gewissen Schüchternheit heraus kratzbürstiger, sich abkapselnder Mensch)(゛彼はモロ、ハリネズミだ″=内気ゆえに偏屈で、自分のカラに閉じこもった人間)(以上、一部引用しました)

kratzbürstig (「研磨ブラシ」から派生した形容詞で、「偏屈」「あまのじゃくな」「強情な」ですって。)って形容詞もウケてしまいました。硬いブラシを想像すると笑えます・・・
by Alichen6 | 2008-06-19 12:26 | ドイツ語 | Comments(9)

Igel つながり


 カワイイIgel の姿をせめて画像だけでも、と思ってイメージ検索したら、いわゆるハリネズミのほかに「ハリセンボン」「ウニ」の画像もヒットしたので思わす笑ってしまった・・・。

ハリセンボンは Igelfisch (ハリネズミの魚)
ウニは Seeigel (海のハリネズミ)

…確かに。それにしても、ナイスなネ~ミングだと思ってしまいました037.gif
by Alichen6 | 2008-06-18 09:34 | ドイツ語 | Comments(2)

 昨日行われたユーロ2008 のドイツ・オーストリア戦は、ドイツの勝利に終わったみたいですね。1対0だって。PodCast で試合前の様子を伝えるニュースを聞いていたのですが、あちこちで盛り上がっていたみたいです。試合中はさぞかし・・・。開催国の1つであるオーストリアの人たちは落胆してしまったみたい。うーん、サッカーって熱い。

 ちょっといろいろ立て込んできてしまい、詳しく書けなくてずびばぜん。55年前の今日、旧東ドイツでは大事件が起こっておりました。ノルマ引き上げや食糧危機など、政策の行き詰まりと生活の困窮に怒った労働者たちが立ち上がり、ノルマの引き下げ、食糧事情の改善、自由選挙などを求めてストを決行、全国各地でデモを繰り広げ、各地で戒厳令が敷かれるほどの状態へ。慌てた当局はソ連軍に応援を要請、戦車が出動する事態に発展。結局、民衆蜂起はあっという間に鎮圧されてしまったとのこと・・・。この事件、ドイツでは Volksaufstand vom 17. Juni 1953 (1953年6月17日の民衆蜂起)と呼ばれているそうです。

****************************************

 私はあまり詳しくないので、よろしければ下のサイトをご覧になってみてくださいね。

当時のニュース画像(YouTube) ドイツ語ですが、緊張が伝わってきます → コチラ

これもドイツ語ですが、こちらでもニュース映像が見られます。戦車が民衆に発砲してる・・・悲しい光景です → コチラ

日本語で分かりやすいのが → コチラ

****************************************

 上のドイツ語サイトに映画やドラマで時々耳にするキーワードがいくつか出ていました。個人的趣味で書きだしちゃいますっっ 当局はこの民衆蜂起を「der faschistische Putschversuch (ファシズムによる反乱の試み)」と決めつけ、中心人物を
「Rädelsführer (暴動の首謀者)」、「Provokateur (扇動者)」として一斉に逮捕。この事件と前後して「Republikflucht (共和国からの逃亡=DDRから西へ逃げること)」も増えたんだそうです。映画「トンネル」を思い出しますです・・・。
by Alichen6 | 2008-06-17 07:38 | 今日は何の日? | Comments(0)