ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記 deutschali.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

日本にいながらドイツする♪  ドイツ・ドイツ語・ドイツ映画を愛してやまない下っ端字幕ほにゃく犬「ありちゅん」が字幕ほにゃく見習い眉毛犬「Milka」と一緒に書く日記


by Alichen6
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:ドイツのお菓子( 88 )



 皆様、どんどん暑くなってきましたね。日々衰えつつあるワタクシにとって、夏は本当にしんどい季節です。ふう。昨日までちょっとバタバタバタバタ=3=3=3=3 していたのですが、ようやく落ち着きました。これからまた少しず~つ更新しちゃいます。いつもくだらないネタばかりですみませんっ

e0141754_18235093.jpg

e0141754_1824620.jpg


 こんなグミ買っちゃいました。動物由来であるゼラチンを一切使っていないベジーなグミ。原材料を見てみたところ、どうやらデンプンで固めているみたい。2,3個食べてみましたが、食感はゼラチン系のグミと似てるカンジです。イスラム教徒やベジタリアンが増えてきたからなんでしょうね。時代を反映しています。
by Alichen6 | 2015-05-20 18:31 | ドイツのお菓子 | Comments(7)

モ~ツァルト玉


 ドイツへ旅行に行ったお友達からお土産をいただきました。ヤッター!!モ~ツァルトクーゲルです。クーゲルとは「球/玉」のこと。モーツァルト玉です。(モー娘。が流行ったころ、ワタシも勝手にモー玉。と呼んでいましたが、ちょっと時代遅れですね^^;) 珍しくスパッと切れました。

e0141754_18332880.jpg


 …すみません、またライトが黄色っぽくなっちゃった。最近、リビングのライトが壊れてしまい、新しいのを買ったのです。最近のLEDって、光の色味や明るさを調節できるんですね。で、ドイツ風に黄色くて温かい光にしてみたのですが、写真には適さない…。ことごとく黄色くなっちゃう。

 今回のモ~ツァルト玉はミラベル社のもの。前にもブログに載せたことがあるのですが、面白いのでもう一度載せちゃいます。モ~玉の作り方が動画で見られます! → コチラ 「Film abspielen」というところをクリックしてね♪ 上は、昔の作り方、下は現代の作り方です。手作業が機械に変わったワケですが、玉の基本構造は同じ。中心に来るのはピスタチオ+アーモンド+ヘーゼルナッツのペースト。その周りを3種類のチョコ(濃淡が違う)でコーティングしてあります。この内部構造って、会社によって違いますよね。普通のまるちぱんが芯になっているのが多い気がします。
by Alichen6 | 2015-04-13 23:22 | ドイツのお菓子 | Comments(2)

ドイツのプディング


 皆様、先日はハリの件でいろいろありがとうございました。あたたかな言葉をかけてくださって、とっても感謝しております。空っぽのケージを見るのは寂しいですね。あんなに小さな動物でも、やっぱり情が移ります。今も、寝る前にフードをあげなきゃ…と思い、「あ、もういいんだっけ…(寂)」となります。

 …が、ここんところバタバタしていて、感傷に浸るヒマもありませんでした。お仕事がキチキチになったことに加え(←これはめでたい。仕事がないのはツラいので)、愚息の引越しが重なり、なんだかもう家も頭の中もゴチャゴチャ。しか~し。忙しい=3=3=3=3 と言ってもお腹は減ります。そうだ!と思ってお友達のドイツ土産を作っちゃいました。懐かしのプリンです。

e0141754_23491777.jpg


 先日、ドイツのお友達が来日したという話は日記に書いてしまいましたが、その友人が日本に来る前に聞いてくれたのです。「何か持っていくけど、リクエストはある?」と。高い物を頼んでは申し訳ないと思い、思いついたのは…

                Puddingpulver (プディングの素)がいい。


 これには大ウケだったらしいです。「え?こんな安いのでいいの?」と。彼女にとっては、「まさかのリクエスト」だったらしい。いいのです、このプディングは懐かしの味なのです。ドイツでお世話になったお母さんが、時々作ってくれたのでした。どってことのない味なのですが、懐かしい。日本のプディング(プリン)って、卵と牛乳を混ぜて蒸すか焼くかして、玉子豆腐や茶わん蒸しのように固めますよね。ドイツのプディングは、私が知る限りデンプンで固める方式。ブルンブルンしていて食感も違います。日本式のプリンのほうが好きだけど(本音)、ドイツのプディングは懐かしの味。かすかにデンプンの味(コーンスターチっぽいにおい)もします(苦笑)。違う方式のプディングもあるのかしら?お詳しい方、ご教示びって。

 作り方は簡単。牛乳で溶いて砂糖を加えて火にかけ、沸騰させてデンプン糊になってきたら火からおろして冷ますだけ。

e0141754_23594776.jpg


 ちょっと写真が黄色っぽくなっちゃいました。たくさんもらったので(味は全部バニラだった)せっせと作りまーす。
by Alichen6 | 2015-04-12 00:02 | ドイツのお菓子 | Comments(4)

大好物のリッター❤


 皆様、日曜日の午後をいかがお過ごしでしょうか。私はと言いますと、やたら眠い。ひたすら眠い、とにかく眠い…。先ほど飲んだ紅茶に、何者かがネムリ薬を入れたらしいのです。そうだ、それしか考えられない!!!

 …などとくだらないことを書いちゃってスミマセン。話は変わりますが、冬にドイツへ行くと、たんまり買い込むものがあります。それはですねー、「チ・ヨ・コ・レ・イ・ト」。 (「パ・イ・ナ・ツ・プ・ル」でも、「グ・リ・コ」でもありません。そして関西における「ピ・イ・ナ・ツ」でもありません。)←意味が分かる人、偉い!

 ドイツのチョコが日本の猛暑に耐えられるハズもなく、夏はチョコを買うのを断念しております。しか~し。冬はそんな心配もないので、私はミルカやらリッターやら、安い リーズナブルな価格のチョコを買いあさるのでした。季節限定のものも含め、これまでにかなり試した気がする・・・。

 そしてこのたび、一番好きなのは コレ (↓)だという結論に達しました。
e0141754_7114669.jpg


 フツ~のリッターは、4×4の16分割なのですが、これは3×3の9分割。カカオ・ムースというだけあって、カカオ感がハンパない。庶民の味方の安売りスーパー、HIT や EDEKA では、ぬゎんと90セントの時もありました。1ユーロしないなんて安い! 次に行ったときは、こればかり50枚くらい買ってみんなに配りたい!(=5キロになりますが…)

↓ 3年くらい前に撮った画像で恐縮ですが、ベルリンにあるリッター・シュポルト専門店。今もあるハズ。ありとあらゆるリッターが売ってます。カスタマイズもできちゃうみたい。ただし、ここで買うと定価です^^;
e0141754_2121880.jpg

e0141754_21261126.jpg

by Alichen6 | 2015-03-15 16:47 | ドイツのお菓子 | Comments(4)

おやつ3種


 見た映画の話を書こうと思っているのですが、イロイロ調べることがあったりして中断しちゃいました。代わりと言っちゃナンですが、お菓子を載せちゃいます! ベルリン在住のライターさんにお土産としていただいちゃいました(ありがとうございますー!うれしい!!)。映画祭の合間に15分くらいだけ立ち話ができたのです。短時間だったけど、濃ゆ~い話で盛り上がれて楽しかった!

まずは、まるちぱん製ぶ~ちゃんの丸焼き。こんがり焼き目がついておいしそう。太眉がうちのワンコを彷彿させます。うかつにも、大事に取っておいたはずのビニール袋を紛失。店名が分からず、画像を一生懸命拡大して読み取りました。「Wald」というお店でした。
e0141754_23122910.jpg


私も金熊賞をゲット!黄金に輝く熊ちゃんです。
e0141754_23144167.jpg


そしてパグのグミ!カワイイ…! しかも、入っているハズのない2色のグミまで。隠れキャラか?
e0141754_23151686.jpg


こういうカワイイお菓子が大好きなワタクシ。ツボにドンピシャのプレゼント、ありがとうございました~~❤
by Alichen6 | 2015-02-25 23:15 | ドイツのお菓子 | Comments(2)

 実はですねー、またブレーメンスイーツさん(コチラ)のオープンスクールに行ってしまったでございます。何を作ったかというとですねー、泣く子も黙る「Apfelstrudel」!!!!スゲー。 ワタシ、リンゴ系のケーキが好きで、このところドイツへ行くたびに食べております。アツアツのアプフェルシュトゥルーデル にバニラアイスを合わせたのも好きです❤ じゅるる…

 アプフェルシュトゥルーデルの起源って?と思って調べたら(例によってWiki情報ですみません)、シュトゥルーデル生地はアラビアから来たんだとか。エジプトやパレスチナ、シリアなどに拡大しながらトルコへ渡ったんだそうです。その後バルカン半島に伝わり、最終的にウィーンへやったきたんだそうですよ。一方、中にリンゴを巻き込んだアプフェルシュトゥルーデルは、オーストリア=ハンガリー二重帝国の時代にハンガリーから伝わったらしいとのこと。そういった歴史的背景は、いかにもオーストリアって感じ。ドイツで見られる伝統的なお菓子とはちょっと雰囲気が違う。

e0141754_1726394.jpg


 本場は大判の Küchentuch(布巾) の上に伸ばすそうですが、先生のレッスンでは日本手ぬぐいを使いました。ダサい柄ですみませんっ もっとオシャレな布巾を用意していたのに、それは家で干していて忘れてしまったのです。仕方なく、予備としてバッグに入れておいたダサい布巾を使いました。トホホ。練ったあと、寝かせた生地を手で薄~く伸ばしていくのです。キンチョーしました。そのあと、リンゴのフィリングを載せてバターを塗り塗り、生地を巻き巻き、オーブンでカリカリに… リンゴにシナモンをたくさんまぶしたので、焼きたてを試しに切ってみたら、よい香りが漂いました。くぅぅぅーーー、たまらんっっ!

 家に持ち帰ったころは冷めてしまったので、もう一度オーブンでカリッと焼いて、バニラアイスとともに食べました♡ うま~~~

 ↓ 練習して、いつかこんな感じにできるといいなぁ…(これはウィーン風カフェ「Einstein Stammhaus」のものです)
e0141754_17471272.jpg

by Alichen6 | 2015-02-03 17:33 | ドイツのお菓子 | Comments(4)

ご当地グミ~ちゃん


 皆様、また少しご無沙汰してしまいました。実はですねー、前からひいていた風邪が抜けず、鼻がガビガビ…。「鼻セレブ」で静かに鼻をかんでいたのですが、鼻の下が痛~い状態に…。悪いときには悪いことが重なるもの。先日、どこかで脚の付け根を「グキッ」とやったらしく、ここ数日は歩行困難に…(←冗談でなく、本当に) トホホ。そんなこんなで、またまた更新が滞ってしまいました。

 その間、ドイツから小包が届いたのです。浦島太郎の玉手箱!!開けてビックリいたしました。金銀財宝がざっくざく。おお!と思いましたのは、我らが(?)ハリボの「ご当地グミ」。袋は通常のグミの2倍サイズ!!

e0141754_22492838.jpg

e0141754_22494446.jpg


 観光地の名所がグミになってギッシリ詰まっています。左横はデトモルトのヘルマン記念碑(行ったことがないので、よく分からず…)。中央上は、かの有名なノイシュヴァンシュタイン城。中央下は、ケルンの大聖堂。これは分かりやすいですよね。右上はフランクフルトのレーマー、右中央がトリアーのポルタニグラ。そして右下がベルリンのブランデンブルク門。よくできていますよねー。ワタシ的には、リューベックのホルステン門とか、ドレスデンの聖母教会とかも入れてほしかったなー。ベルリンのテレビ塔やミュンヘンの聖母教会なんかも入ってると絶対にウケると思うんだけど。でもいいや、これも十分カワイイから。


*****************

 しょっちゅうブログでコボしていますが、仕事も体調もこのところイマイチ(ToT)。不調続きでございます。こういう時期もありますよね(←毎回こう言ってますが)。このトンネルを抜けたら明るくなると信じよう。うん、きっとそうだ。
by Alichen6 | 2015-01-26 22:56 | ドイツのお菓子 | Comments(10)

 じゃーん!!!  ひゃ~~~



e0141754_2321248.jpg


 じゃじゃじゃじゃーーーーん!   うひゃひゃ~~



e0141754_8172573.jpg


 今日、お友達がプレゼントしてくれました。懐かしのクラップフェンだ!包み紙を見ましたら、「La Terre」と書いてあります。「ラ・テール」というお店みたいですね。本店は世田谷区の三宿だそうですが、渋谷や東京駅など、あちこちに支店があるみたい。いつも首都圏の話ですみません。そしてこのパンは「ドイツ・ノルドライン地方のシナモンクラップフェン(コチラ)」という名前で売られているようです。 …懐かしいっっ
  
e0141754_8233387.jpg Krapfen って、いわゆる「ベルリーナー」(ジャム入り揚げパン)を指す地方もありますが、ライン地方では揚げパンではなく、Brandteig (シュー皮のような生地。バターと小麦粉を練って熱を加え、さらに卵を加えた生地です)を揚げたものなんですよね。だから揚げパンとは食感が違うのです。すごーーーーく久しぶりに食べました。ああ、懐かしくて @%&感激。 (暗号解読キー:@=ヒ、%=デ、&=キ)



 毎度毎度ウィキからの引用で恐縮ですが、Krapfen の項目に rheinischer Krapfen も載っていました。以下、引用いたしますね。

『Rheinische Krapfen werden aus Brandteig und häufig mit Rosinen hergestellt. Sie werden mit einem Löffel abgestochen und anschließend in heißem Fett gebacken. Rheinische Krapfen werden nicht gefüllt und nur in Zucker und oft auch Zimt gewälzt』
(ライン地方ではクラップフェンをシュー生地で作り、レーズンを加えることが多い。種はスプーンですくい、油の中に落として揚げる。クラップフェンの中には何も詰めず、シンプルに砂糖やシナモンの中に転がしてまぶす。)

 …というワケで、久しぶりに食べました。美味しかった&懐かしかった…! 食べ物の話ばかりですみません。嬉しかったのでつい 見せびらかし ご紹介しちゃいました。
by Alichen6 | 2014-12-17 21:07 | ドイツのお菓子 | Comments(0)

何の材料でしょう?


 そこで(どこで?)問題です!下の食材は何の材料でしょう? 五択です!下から選んでね。

e0141754_1133647.jpg


  ① アルザス銘菓クグロフ
  ② 泣く子も黙るまるちぱんいり五平餅
  ③ クリスマスには欠かせないシュトレン
  ④ いやいや、中華料理のお土産で人気の桃まんじゅうでしょう
  ⑤ いんや、知る人ぞ知るマイセン銘菓マイスナー・フンメルです

 ちょっと難しかったかな?正解は数週間後に・・・!(失敗したら正解の発表は来年の冬に持ち越すこともアリですのであらかじめご了承ください~^^;)
by Alichen6 | 2014-11-29 11:10 | ドイツのお菓子 | Comments(4)

りんご祭りは続く…


 生協で大量に買っちゃった紅玉リンゴ、順調に減っています。今日は Apfelstreuselkuchen を焼きました!そーです、夏にブレーメンスイーツのお教室(コチラ)で習ったレシピです。オーブンの上の段に入れたのがいけなかったのか、ちょっぴり茶色くなっちゃいましたが、お味はバッチリ。美味しくできちゃって、#%@感激☆ ドイツのパン屋さんを思い出します。

e0141754_1819285.jpg


 あれだけあった紅玉リンゴも、あと数個。先生からいただいたもう1つのレシピでリンゴのケーキを作る予定。うまくできたら、またブログで ジマン ご報告いたしますねー❤
by Alichen6 | 2014-11-24 18:21 | ドイツのお菓子 | Comments(4)