ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記 deutschali.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

日本にいながらドイツする♪  ドイツ・ドイツ語・ドイツ映画を愛してやまない下っ端字幕ほにゃく犬「ありちゅん」が字幕ほにゃく見習い眉毛犬「Milka」と一緒に書く日記


by Alichen6
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:つぶやき( 289 )


お正月のクララちゃん


 おはようございますー。某SNSでもお見せしちゃった動画なのですが、こちらでも。1月2日のクララちゃんです。飼育ケース越しなので、ちょっと曇っていて見づらいですよね。すみません。箱根駅伝(家族が見てた)の中継に触発され、ハッスルしながらダブルで車を回しております。すごいエネルギー… 若いっていいなぁ(苦笑)









by Alichen6 | 2017-01-05 09:36 | つぶやき | Comments(0)

 あっという間に2016年も終わりますね。今年は忙しかったです…。更新がしょっちゅう途絶えたにもかかわらず、再開後も変わらず遊びに来てくださって本当にありがとうございました。ショボイ内容ばかりでしたのに…

 2016年は私にとって忘れられない年となりそうです。仕事をする上での環境が変わり、以前より責任を感じるようになりました。また、ヒトラー映画のトークイベントがあったり、映画祭で司会の真似事をしたりと、ほにゃく以外のお仕事も経験していい勉強になりました。だけど私の本業は、やっぱり字幕ほにゃく。映画館に足を運んでくださる方々をガッカリさせないよう、そして作品の冒涜とならないよう、気を抜くことなく精進しなきゃと思います。少しでも慢心したら、それはすぐにほにゃくに出てしまいそう。気を引き締めて頑張りますー。そしてワタクシ事ですが2人の子供の就職も何とか決まり、本当に本当にホッとしました。いつぞやはブログで弱音を吐いてしまって大変失礼いたしました。

 2017年が皆様にとってよい年となりますように。そして世界中からテロや紛争がなくなりますように。更新が途絶えがちな上に、なんだかショボイ内容ばかりのブログですが、また来年もよろしくお願いいたします。


********************************


 ナチ時代にプロパガンダ映画を作っていた映画会社 UFA(ウーファ)の建物が、そのまま残っていました!場所はベルリンのテンペルホーフ。爆撃を免れたんですね…。
e0141754_23150802.jpg

昔の写真が壁に掛けられていました。
奥に TON 3 という文字が見えます。TON は「音響」という意味ですが、これはスタジオを指しているのかな。
e0141754_23224173.jpg

e0141754_23235075.jpg

昔の写真も今の写真も、TON3 の上に UFA マークの跡が見えます。
これは消した跡なのか、それとも年月が経って自然に薄くなったのか…
e0141754_23500097.jpg
e0141754_23240344.jpg

かつては、こんなガラス張りのスタジオが併設された立派な撮影所だったのでしょう。
e0141754_10382449.jpg

UFAの文字が残っているものの、今はまったく違う映画制作会社が建物を使っています。
e0141754_23241437.jpg









by Alichen6 | 2016-12-31 23:27 | つぶやき | Comments(4)

 皆様、おはようございます。今日は春のように暖かくなるとの予報ですね。冬眠態勢(そんな言葉があるのか?)に入った我が家のカメが目を覚ましそう…。 12月12日に日記を書いていたのですが、UPしそこなっておりました。せっかくなので加筆してUPしちゃいますね。どってことのない内容ですみませんっ 内容も古くなってしまいましたが…

*******************************

 先週の金曜日は久しぶりに盛りだくさんの1日でした。ワタシの1日なんて書いてもご興味ないと思いますが、記録を兼ねて書かせてくださいっ というか、ここ2、3か月、とにかくずーーーーーっとほにゃく三昧で、ある意味幸せではあるのですが、さすがにお尻が痛くなってきた…。一日中外出するのは久しぶり。楽しかったのです。

朝8:30 満員電車に乗って押しつぶされる ⇒ 電車がいきなり遅延 ⇒ 15分の遅れで、イライラしたオッサンが私のすぐ横でチッと舌打ち ⇒ 幸い、ワタシは早めに家を出ていたので事なきを得る。しか~し、カフェで時間調整を兼ねて一人楽しくお茶するハズだったのに時間がなくなった

10時 試写室で試写 ⇒ 国立近代美術館フィルムセンター@京橋 にて「戦後ドイツの映画ポスター」展 ⇒ 新宿でランチ

14時40分~ シネマート新宿で開催中の「ポーランド映画祭」へ。私は関わっていないのですが、ポーランドの巨匠アンジェイ・ワイダ監督特集をやっていたので、かの有名な「地下水道」を観に ⇒ 圧倒される。さすが巨匠!

夕方 ヨドバ●カメラへ ⇒ 念願のタブレット型ノートパソコンをゲット ⇒ ヒデキ感激☆

****************

もしかして、同業の方が見てくださっているかもしれないので、詳細を書いちゃいますね。時代の流れで、字幕ホニャクに使う字幕制作ソフトSSTを使うことが増えました。このソフトをインストールすることができ、さらに軽くて持ち運びが楽ちんで、できればタブレットにもなるヤツが欲しかったのです。今まで使っていた持ち運び用のノートは重くてねぇ…。そう思っていましたら、仲良しこよしの英仏映像翻訳者さんがタブレット型のノートを購入されたという情報をキャッチ(ココ)。私も真似っこしてしまいました。キーボードの色は違うけれど、まったく同じ!

 私も迷わず、●イクロ●フト社(☚伏字意味ナシ・笑)のSurface Pro4 にしました。メモリ8GB、記憶容量256GB のタイプです。


 タブレット型だと、CPUなどのスペックをあえて落としていることが多いんですって。字幕ソフトSSTの推奨スペックは Intel Core i5 以上なのですが、これを満たすタブレット型ノートってほとんどないのです。NECのノート(タブレットではないけれど)にも少し心が惹かれたのですが(プラスチックでできていて、えらく軽い!重量が1キロを切るのです)Microsoft Surface のほうが少し軽い。さらに、キーボードを外すと800グラム以下になるので、さらに軽くなります。

…ということで、これに決めてしまいました。早速、ソフトをダウンロードしてみましたが、サクサク動くし問題ないです。これで外出先や、電車の中でお仕事ができます…!ウレチイ。

***************************

☆その後

 早速、持ち歩いて使っております。荷物が多いときはキーボードを外してタブレットとして使い、荷物が少ないときはキーボードをくっつけて持ち歩いております。電車の中でも作業ができるので、すっごく便利。画面も大きいので、これまたありがたい。また、立ち上がりも早くてビックリ。iPad ほどじゃないけれど、スイッチを入れたらすぐに使えるようになるのが◎。予算をだいぶオーバーしちゃったけど大満足です(量販店なので、このサイトに載っているような価格ではありません^^; だいぶサービスしてもらっちゃいました)。









by Alichen6 | 2016-12-22 07:15 | つぶやき | Comments(0)

ようやく修羅場脱出


 皆様、いかがお過ごしでしょうか。ベルリンの事件は心が痛みました。罪のない人々が犠牲になるのは辛すぎる…。どう書けばいいのか、言葉も見つかりません。

 そして今日、ようやく修羅場を脱しました。まだちょこちょこ仕事はあるのですが、大きな仕事はこれで終わり。ふう、ツカレタ~~ ホッとしたとたんに風邪をひいてしまいました。とにかく修羅場の間は絶対に体調を崩せない!と気が張っていたため、終わったとたんに気持ちがだら~~~ん… 緩みまくりです。


 修羅場の間にもいろいろありました。新しいパソコンを買っちゃったし(うっしっし)、六本木ヒルズのクリスマスマーケットにも行きました(この話題は、今はふさわしくないですね…)。あらためて、また書かせてくださいー。


 すっかり更新が滞ってしまいましたが、もしよろしければまた遊びにいらしてくださいね。今後ともよろしくお願いいたします。



六本木ヒルズのクリスマスツリー@昼間。今年のは、こんな感じでした(↓)

e0141754_23234688.jpg

点灯すると、こんな感じ (↓)

e0141754_23235563.jpg


明るくなったり、少し暗くなったり。

e0141754_23250579.jpg





by Alichen6 | 2016-12-21 23:25 | つぶやき | Comments(0)

新しいほにゃくスタッフ


新しいスタッフが入ってきました。まだ見習いです。

じゃじゃーん!
e0141754_23261973.jpg

はじめまして~ ほにゃくハムです。名前は…




クララ




…です!


私は「フリデリーケ」か「ゲルトルート」もいいな♪と思ったのですが、呼びにくいとの理由でボツになりました(苦笑)



しか~し。回し車をくるくるくるくるくるくるくるくるくるくる回してばっかで、なかなかほにゃくしてくれましぇん。









by Alichen6 | 2016-10-25 23:28 | つぶやき | Comments(11)

ドイツ映画祭がブジ、終わりました…。
今回、初めてのお仕事にもチャレンジし、緊張して疲れましたが楽しかったです…!
「実はブログを見ております♪」と言ってくださった方もいて、どひゃ~~っとのけぞりました。恐縮でございます。
お目汚し、大変失礼いたしました。もし、この記事を見てくださっていましたら、改めて御礼申し上げます。

e0141754_22261782.jpg
e0141754_22245808.jpg

監督や女優さんからちゃっかりサインもいただき、楽しい5日間が終わりました…。
来年も、この規模であるといいなぁ。




しかーし。燃え尽きているヒマもなく、次のお仕事sが控えております。来週は東京国際映画祭もあるしね♪
とにかく、目の前のお仕事を頑張りますっっっ=3=3=3=3




:






by Alichen6 | 2016-10-21 22:30 | つぶやき | Comments(8)

 皆様、暑中お見舞い申し上げます。関東はここしばらく涼しい日が続いたのですが、それももう終わり。着実に気温が上がってますねぇ…。ところでワタクシ、遅ればせながら話題のフランス映画『最高の花婿』を観てきました。公開が終わってしまった劇場も多いのですが(涙)都内では下高井戸シネマで上映していましたので、「この機会を逃してなるものか!」とばかりに急いで行ってきました=3=3=3 公式サイトは → コチラ

e0141754_90499.jpg
 
 


 すっごく面白かった…!!!

      ↑ お世辞じゃありませんよ~~


 予告編を見ていただければ分かるとおり、ヴェルヌイユ家の美しい4姉妹が次々と結婚するわけなのです。ところが敬虔なカトリック信者で純ジャパ…ならぬ、純フラな両親はその婿たちがことごとく気に入らない。長女はアラブ人、次女はユダヤ人、三女は中国人と結婚したのです。この両親は人種差別主義者というわけではないのですが、純粋に「カトリックでフランス語を話すフランス人婿がいい!」と思っているんですよね。保守的な世代ですからそれも分かります。そして当然、期待も膨らみます。満を持して四女が連れてきたカレシは「カトリック信者で母語はフランス語」との話。両親も「やったー!今度こそ…!」と思っていたら、現れたのはコートジボワールの青年だったのです。はたして四女は無事、結婚式を挙げられるのか…!?!

 …そんな家族の右往左往ぶりを楽しく描いたコメディです。父親は堅物な印象を受けるのですが、決してそうではなく、愛にあふれる素敵な父親なのです。この父親もコートジボワールのカレシのお父さんも、とにかく憎めない。四人の姉妹はめちゃくちゃ美しく魅力的(ドイツ人女優に比べると垢抜けてるなぁ…あ、いえ、そんなことは・・・モゴモゴ)。そして4人の婿たちも、人種や宗教は様々だけど明るくていいヤツばかり。人種や宗教の違いはちょっとしたきっかけで衝突にもなりえるけれど、相手をリスペクトしてユーモアを忘れなければ乗り越えられるって思わせてくれます。小ネタ満載、随所でぷぷっと笑いながら楽しく観られました。舞台はフランスのロワール地方(フランスの地理に疎いので、調べてしまった^^;)。太陽の日差しが明るく、とても美しい場所です。

 字幕はお友達の仏英映像翻訳者、横井和子さん。テンポよく軽快な字幕で、とってもとっても楽しく鑑賞できました♡ フランス語ができる方っていいなぁと思ってしまったのでした。個人的には「皮をワンコが食っちまう話」と「にっちもさっちも」がツボでした♪ 

****************

 余談ですが次女の婿が、とあるドイツ人俳優およびアメリカ人俳優にソックリで「おお!!」となってしまいました。そーです、目下私のいちばんのお気に入り、Elyas M’Barek。「Fuck Ju Göthe!」でブレイクした俳優さん。
e0141754_817688.jpg


アメリカ人俳優とは、そーです、ジョージ・クルーニー。
ワタシ的には、次女の婿<エリヤス<G・クルーニーって感じで、基本的には同一線上にいると信じています、ハイ。濃い目だけど、決して濃すぎない。イケメンでした❤


 機会がありましたら、ぜひご覧になってくださいねー♪






by Alichen6 | 2016-07-30 08:18 | つぶやき | Comments(4)

 kindle を2日間、使ってみました。その感想と書き忘れたことを下に書いちゃいますっっっ 既にお持ちの方には、今さらな内容でスミマセンっ


***********************

 kindle には4種類あるらしいです。一番下が「kindle」、その上が「kindle paperwhite」、その上の機種が「kindle voyage」、一番上が「kindle Oasis」ですって。私が買ったのは、一番下のヤツです。ただし、広告が表示されない「キャンペーン情報なし」というもの。これですと、2000円くらい高くなりますが、スリープ状態の時に広告が表示されることはありません。こちらのサイト(コチラ)を見ていただき、下のほうにスクロールすると4種類の比較が出てきます。

 2日ほど使って(読んで)みましたが、確かに目には優しいです。カラーじゃないので写真を楽しむような書籍には向かないけれど、文庫や新書なら断然、iPad より読みやすいです。また、フォントを大きくできるのもお姉さん世代(←ものは言いよう)にはありがたい。なお、これは電子書籍全般に言えることですが、検索できるのも便利。なんせワタシはザル頭なので、読んだはしから忘れてしまうのです…。「あれって何だったっけ?」なんて思った時、検索できると助かるのです。


 …ということで、まだ2日間しか使っていませんが、kindle の個人的な感想を下に書いちゃいますね。


★kindle 

iPad やパソコンよりも目に優しい
場所を取らない
検索できる
フォントを大きくできる
ただし白黒

★iPad のアプリなどで読む場合

色がきれい
場所を取らない
検索できる
フォントを大きくできる
ただし目が疲れる

★紙の本

目に優しい
紙の手触り、紙のにおいは捨てがたい
お気に入りの本は愛着がわく(その本の内容はもとより、カバーの絵や紙の質、手触り、においまでもいとおしくなりますよね)
ただしフォントを大きくできない
重く、かさばり、本棚がたわむ
何かを食べながら読むとページの間に何か挟まり、閉じるたびにプチプチ鳴る(←コラ)


…ってところでしょーか。書きながら改めて思ったのですが、お気に入りの本って愛着がわくのは内容だけじゃないですよね。すべてがいとおしく感じられる。それは「実体のあるモノ」だからなんだなぁと思っちゃいました。デジタルにはない良さです。

 …というわけで、仕事のためにささっと読む本は kindle、旅行ガイドなどは iPad で読み、大事にしたい特別な本は紙、と使い分けるのがいいのかも~と思った次第です。







by Alichen6 | 2016-07-23 14:02 | つぶやき | Comments(4)

 皆様~♪ 7月も後半になりましたが、いかがお過ごしでしょうか?東京は昨日からずっと雨。気温が下がってくれたのはありがたいのですが、洗濯物がまったく乾かなくて困ります。なんだか疲れがどどっと出てしまって、なーんにもやる気が起きないのも困っちゃう。仕事はいろいろあるんだけどなぁ… 読んだ本の感想もUPしたいんだけどなぁ…


 …ところで、今さらですが kindle を買っちゃいました。これまでは kindle のアプリをダウンロードしてiPad で読んでいたのですが、どーにもこーにも目が疲れる…。それでなくても私たちの仕事は目を酷使するので、これ以上は目に負担をかけたくない…。ということで、ブルーライト100%ナシだという本チャンの Kindle を買った次第です。

 新書と比べると、その大きさが分かります。思ったより小さい。その分、軽い。
e0141754_8171859.jpg


 こんな感じ。確かに、iPad で読むよりソフトで目に優しい。(著作権があるでしょうから、ここで表示しているのは Kindle の取説です)
e0141754_819237.jpg


 しかーし。ワタクシ、なーんにも考えていなかったのですが、Kindle って白黒なんですよね…。カラーで楽しむ書籍の場合、白黒になっちゃって面白くナイ。こういう場合は、これまでどおりiPad で読んだほうが楽しいかも。

 左は iPad mini のアプリで地球の歩き方を表示させたところです。ちょっと暗く写ってしまいましたが、実際はこれよりももっと鮮明です。(ちなみに、地球の歩き方を買ったのは実に28年ぶり。前回買ったのは1988年の「東ヨーロッパ」でした。まだ家に置いてあります。これはこれで歴史的価値があって貴重。国の名前がかなり変わっていますから。
e0141754_812128.jpg



*************

 …ということで、今さら感たっぷりではありますが、とりあえず簡単に比べてみました。本音を申しますと、やはり紙の本のほうがいい…。なんとなく集中できず、内容が頭に入らないのです。しかし我が家のたわんだ本棚を見ると、そうも言ってはいられません。いつかばきっ と棚板が折れてしまいそう。いや、棚板が折れるだけならまだマシ。下手すると床が抜けちゃう。かといって、目をさらに酷使するのもイヤ。

 …ということで、これからはできるだけ kindle のような電子書籍で読もうと思います…。






by Alichen6 | 2016-07-22 08:24 | つぶやき | Comments(6)

怖い


 皆様、おはようございます。私は政治には疎いし、このブログには楽しいことしか書きたくないのですが、今日はちょびっとだけ政治ネタを。

 近所に、政治活動にえらく熱心な奥さんがいます。でもって、普段から「●●さんをよろしく~」と1軒1軒回っています。某党と連立を組んでいる党の支持者さんです。参議院選挙のあと、無邪気に「勝ちました~ご協力ありがとうございました~(私は、まったく彼女たちには「協力」していませんが)」とおっしゃるので、私は珍しく、その奥さんに言ってしまいました。

 「憲法が変えられてしまってもいいんですか?怖くないんですか?加担していると考えたことはおありですか?」

 ところがその奥さん、私以上に政治に疎いようで、頓珍漢な答えが返ってきました。「私たちがついてるから、絶対に戦争に関わることにはならない」「憲法を変えるなんてありえない」「3分の2なんて、なかなか超えられないものよ(←3分の2を超えてしまっているのに、何を考えてるんだか)」

 まったく現状を見ていないのに、せっせとご近所を回って支持を募っているのが、まず信じがたい。上が言うことを、なーんの疑問も抱かずに鵜呑みにすることも信じられない…  この奥さんが「例外」ならいいのだけど、そうとも思えない…



    この国の行く末が心配です。










 
by Alichen6 | 2016-07-17 10:31 | つぶやき | Comments(6)