ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記 deutschali.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

日本にいながらドイツする♪  ドイツ・ドイツ語・ドイツ映画を愛してやまない下っ端字幕ほにゃく犬「ありちゅん」が字幕ほにゃく見習い眉毛犬「Milka」と一緒に書く日記


by Alichen6
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

2017年 02月 28日 ( 1 )



ベルリンでは、ほかにも映画を観たり友達と再会したりしたのですが、それは後回しにして次の目的地の旅行記に移っちゃいます。5日目に鉄道でエアフルトへ向かいました。旧東ドイツに属し、テューリンゲンと呼ばれる地方にあります。東ドイツ出身の友人が、「テューリンゲンに別荘がある」とか「夏はテューリンゲンで過ごすって決めてる」とよく話していて、ワイマール以外の街にも行ってみたいなーと思っていたのです。

e0141754_08051368.jpg



駅から見える「WILLY BRANDT ANS FENSTER」の文字。これは何だ?
直訳すると「ヴィリー・ブラントが窓際へ」って感じでしょうか。
e0141754_08052415.jpg


1970年3月19日、西ドイツ首相のヴィリー・ブラントが、西ドイツ首相としては初めて東ドイツを訪問したんだそうです。ブラントは鉄道でエアフルト駅に到着し東ドイツの閣僚評議会議長(Ministerrat der DDR) ヴィリー・シュトフと会談。ヴィリーとヴィリーの会談は Erfurter Gipfeltreffen と呼ばれているんだとか。初の東西首脳会談だったそうです。


中央駅は統一後に建て替えられ、当時の面影はあまり残っていないようです。
e0141754_08054453.jpg


聞いた話によると、西ドイツのヴィリー・ブラントは東ドイツでも大人気!規制されていたにもかかわらず、市民がブラントを一目見ようと駅まで押し寄せたんだそーです。ブラントが駅前にあるインターホテル「Erfurter Hof」の窓から顔を出したところ、みんな「ヴィリー!ヴィリー!」という大歓声を上げて大喜び。この窓は「ヴィリー・ブラントの窓」と呼ばれるようになったんだとか… 同じ名前なのに人気のないヴィリー・シュトフは、面白くなかったでしょうね(苦笑)

なお、この Erfurter Hof は統一後にホテルの営業を停止。その後、しばらく空き家状態だったようですが、きれいに修復されて現在は商業ビルとして利用されている模様です。




2分04秒あたりをチラ見してみてくださいね。ヴィリーが顔を出します。


さてさて、駅から町中へ。広々とした Domplatz (大聖堂前広場?)があります。向かって左が大聖堂、右がセヴェリ教会ですって。

e0141754_08251051.jpg

両教会とも一段高いところにあります。登って一休み。
これ、なーんだ?
e0141754_08253057.jpg

2つの教会は、こ~んなに接近した状態で建っております。
e0141754_08261849.jpg


大聖堂の祭壇。美しいですね~~。
e0141754_08270978.jpg


お腹がすいたら、テューリンゲン名物の焼きソーセージ、Thüringer Bratwurst。
e0141754_08280633.jpg
エアフルトの街は、木組みの家や古い造りのお店がいっぱい。
どこもきれいに手入れされていて、おとぎの国のようでした。
e0141754_09121195.jpg

お店のフォントがステキ。
e0141754_09123975.jpg

…ふむふむと思いながら街を探索。そうこうするうちに、見つけてしまいました…!
旅行ガイドには載っていないシュタージの拘置所!
こ、こ、これは…!!!(つづく)









by Alichen6 | 2017-02-28 09:14 | ドイツ珍道中 | Comments(4)