ドイツ映画 Die Welle

 昨夜、ドイツ映画関係のニュースを聴いていて、また新作映画が公開されたことを知りました。早速トレーラーを見ましたら、またユルゲン・フォーゲルが主演と判明。売れっ子だなぁ~。

Die Welle 公式HP → コチラ

監督:デニス・ガンゼル

出演者:ユルゲン・フォーゲル、マックス・リーメルトなどなど

 監督はデニス・ガンゼル。実は先日、mau さんに薦めていただいて同監督の「エリート養成機関 ナポラ」をDVDで見たばかりでした。さらにその前の作品「GIRLS★GIRLS」は未見なのですが、この監督さんは若者が出てくる映画を得意としているのかな。(余談ですが「ナポラ(NaPolA)ってナンジャラホイ? → Nationalpolitische Lehranstalt の略で、ナチス時代に作られた寄宿舎制ギムナジウムのことだそうです。エリート養成機関だったそうですね。ナボナの姉妹品というわけではないので、そこんとこヨロシク。)

<HPに書いてあった簡単なあらすじ>
ギムナジウムの教師ライナー・ヴェンガーが、生徒たちに独裁がどんなものかを理解させるためにある実験を行うそうです。それは、実際にギムナジウムに独裁を持ち込んで生徒たちを厳しく訓練するというものでした。最初は遊び半分で実験に参加していた生徒たちも、次第に現実と非現実の区別がつかなくなり、やがてギムナジウムは制御不可能な状態へ・・・

 このあらすじだけ読むと、「es (原題:Das Experiment)」を思い出しますわ~。リアルな実験を行っているうちに、現実と非現実の区別がつかなくなって暴走してしまうといったあたりが似ているような・・・。俳優のユルゲン・フォーゲルは引っ張りだこですね。昨年東京で開催されたドイツ映画祭でも彼の出演作が何作も上映されていました。すきっ歯で不思議な兄ちゃん(というより、もうオッサン)です。ハンサムとはほど遠いけど、一度見たら忘れられないキャラ。上述の「ナポラ」を見たとき、主役の若者2人がちょっとカワイイかも♪ と思っていましたら、今回の作品にも片方が出演しているようですね。日本で公開されるといいな~。「ドイツ人と独裁」というのはデリケートな問題ですので、日本でも公開されるような気がします、ハイ。
Commented by ラケル at 2008-03-18 07:55 x
はじめまして。何かを検索していたらココログのほうのブログを発見しました。エキブロにお引越しされたのですね。お仲間です。

私はドイツに住んで1年になります。最近、Hanamiという映画を見てとてもおもしろかったので日記に書きました。よろしかったら見に来て下さい。

ドイツ映画はまだまだこれからですが、今まで見たものは数少ないけれどどれも大好きです。字幕無しで内容がわかる日が来るとは思えませんが、その日を目指して!がんばろうかな・・・これからもとても詳しくて役に立つ映画情報楽しみにしています。
Commented by Alichen6 at 2008-03-18 13:07
★ラケルさん はじめまして。ようこそおいでくださいました。コメントをありがとうございます。そうなんです、これまでココログでブログを書いていたのですが、思うことあってお引越しいたしました。同じエキブロつながりですね。どうぞよろしくお願いいたします。先ほどラケルさんのブログもお邪魔したのですが、読み逃げしてしまって失礼いたしました。今晩にももう一度、ゆっくりお邪魔いたしますね。

ドーリス・デリエ監督の「Hanami」をご覧になったんですね!ドイツ在住の方が羨ましいな~。宣伝は読んでいましたので、私も興味を持っているところです。主演のハンネローレ・エルスナーの演技もよさそうですね。日本で公開されるといいのですが・・・ これからもどうぞよろしくお願いいたします。
by Alichen6 | 2008-03-18 07:42 | ドイツ映画 | Comments(2)

日本にいながらドイツする♪  ドイツ・ドイツ語・ドイツ映画を愛してやまない下っ端字幕ほにゃく犬「ありちゅん」が字幕ほにゃく見習い眉毛犬「Milka」と一緒に書く日記


by Alichen6
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30