2月18日

(某所に載せた日記の転載です。もう読んでくださっている方には2度目で申し訳ないです~)

 今年に入ってから、ちょくちょく「今日は何の日ふっふ~♪(←分かる人には分かっていただけるネタ)」ってワケじゃないのですが、ちょくちょく「今日は何の日」かチェックしております。

 今日2月18日を検索してみました。結構いろいろなことが過去に起こっていたんですね。

1943年2月18日:「白バラ抵抗運動」で知られるゾフィー・ショルが兄とともにミュンヘン大学で反体制のビラをまき、逮捕された日でありました。この2人は映画「白バラの祈り ゾフィー・ショル、最期の日々」で有名になりましたが、私は1982年に製作された「白バラは死なず」も好きです。ご参考までにウィキペディアから引用させていただきますと:

『ゾフィーは兄のハンスとともに、ミュンヘン大学において白バラ抵抗運動のメンバーが起草した抵抗ビラのうち、6番目のビラを屋上からばら撒いたところを大学の職員に発覚され、ゲシュタポによってハンスと共に逮捕された。尋問においてゾフィーもハンスもビラがあったことを知らずに落としてしまったと否定していたが、ハンスの住居からハンスが所有していたビラの草案とクリストフ・プロープストの数通の手紙、8ペニヒの切手数百枚が発覚し、また若い男が住居の近くの郵便局で大量の切手を買ったことが報告されため、ビラの作成は2人で行ったものであるとしてクリストフ・プロープストから嫌疑をそらそうとしたものの、プロープストは捕えられた。

逮捕の4日後の2月22日、民族裁判所長官ローラント・フライスラーは起訴されたゾフィー、ハンス、クリストフ・プロープストを感情的に怒号しながら非難する口調で尋問をし、戦時にビラをまくことで、軍需のサボタージュと国家社会主義体制の破壊とヒトラーへの誹謗中傷を行い、利敵行為を行い、ドイツの防衛力を破壊しようと試みたとして死刑判決を下した。その際に弁護人は被告の3人を弁護するどころか恥ずべき行為をしたとして非難までした。しかし、3人とも自分たちの行為は多くのドイツ人が内心では支持しているのだとして、堂々とした口調で反論をした。

判決が下されたその日の夕方5時ミュンヘン・シュターデルハイム執行刑務所においてゾフィーはハンス、クリストフ・プロープストと共にギロチンにかけられ、21歳の短い生涯を閉じた(引用終わり)』

同じく1943年2月18日、宣伝相ヨーゼフ・ゲッベルスがシュポルトパラストにおいて演説を行い、総力戦を宣言していたんですね…。Wollt ihr den totalen Krieg? (諸君は総力戦を望むか?)という演説はドイツ人の間でも有名らしく、この口調を真似するシーンを映画で何度か見かけたことがあります。

YouTube によるゲッベルス演説の画像は → コチラ

私は戦争は断固反対ですが、こうした過去の画像を見て歴史を知ることって大切なんだな~と改めて思います。この演説、明瞭な発音で非常に聞き取りやすく、分かりやすい内容だったんですね。「洗脳」のパワーを感じます…。
Commented by at 2008-03-03 17:25 x
ゲッペルスの演説の映像、「この動画はお住まいの地域ではご利用いただけません」と出て、見ることが出来ませんでした。よく考えたらドイツではこの手の映像や著書は禁止ですよね・・・。

ドイツでは売っていないので、随分前に日本で「我が闘争」を買って来たことがあります。今でも我が家にはありますが、途中まで読んでそのままになっています。いつかゆっくり読んでみようかなと思います。


Commented by Alichen6 at 2008-03-03 18:08
★仁さん わ~ 来てくださったんですね!ありがとうございます。出戻りでお恥ずかしい限り。ホントありがとうございます。

ところでYouTubeでも見られないんですか・・・!ビックリです。ハーケンクロイツやヒトラー式敬礼が禁止されているのは存じておりましたが、過去の映像でもだめなんですか???むしろ、ああいった映像を教訓として見るのみ必要な気がするのですが、それは「教材」とした形じゃないといけないんでしょうか・・・。びっくりです。ドイツは過去の歴史を徹底的に教える、と聞いたのですが、それでも第二次大戦のことをよく知らない子供たちが増えていると耳にしたことがあります。本当なのでしょうか???あれだけ熱心にやっていますのに。
Commented by at 2008-03-03 20:23 x
多分 YouTube は無防備に誰でも出入り出来るところなので、ネオナチスの活動の場として利用されかねない、と言ったところなのではないかと想像します。きっと連邦警察が躍起になって取り締まっているのでしょう。

第二次世界大戦のことを知らない子供達が増えているかどうかは私も知りませんが、いくら熱心に教育しても、所詮その戦争を経験しているわけでも何でもないですから、無関心な子供がいてもおかしくはないと思います。

歴史を子供にどう教えるかは、なかなか難しそうですね。授業で教えるにしても、その内容を理解するということよりも、点数を取るためにどうするかが関心事のことも多く、たとえ歴史に興味がなくても、歴史でいい点の取れる要領のいい勉強の仕方だってあるはずですし・・・。

まあ、少なくとも娘には、第二次世界大戦にドイツで何が起こったかを、しっかり勉強して欲しいと思ってます。
Commented by Alichen6 at 2008-03-03 22:52
★仁さん コメントありがとうございます~。そうですよね、YouTubeって人気があるから影響力も大きいし、誰でもアクセスできるので、ネオナチの温床になったら大変ですよね。当局が目を光らせていても不思議じゃないような・・・。日本の場合、若いタレントがUPされると、事務所がやっきになって消すんだそうです。特にジャ●ー●事務所はそのあたりの対応がものすごく速いというウワサです。歴史を子供にどう教えるか、というのは日本でもよく話題になります。8月15日が何の日か知らない若者も多いそうですし・・。こういう問題になると、ワイツゼッカー元大統領の有名な演説を思い出しますね。難しい問題ですし、これからもドイツが頭を悩ませる問題だと思います。

by Alichen6 | 2008-02-18 13:42 | 今日は何の日? | Comments(4)

日本にいながらドイツする♪  ドイツ・ドイツ語・ドイツ映画を愛してやまない下っ端字幕ほにゃく犬「ありちゅん」が字幕ほにゃく見習い眉毛犬「Milka」と一緒に書く日記


by Alichen6
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30