ライプチヒの現代史フォーラム

2日目はハレで過ごしたのだけど、そこには泊まらず、夕方にライプチヒへ。
ハレからライプチヒまでは鉄道で30分ちょい。

2年半ぶりのライプチヒ。前回は、たった4時間しか滞在しなかった上に雨混じりで寒かったのです。
今回は快晴!心なしかバッハさんも誇らしげ。つやっつや✨✨
e0141754_10111710.jpg

これは前日、ライプチヒに到着した直後に撮ったもの。夕暮れ時で明かりが灯り始めたころです。
向かって左は、翌日に行く予定の現代史フォーラム。

e0141754_10155152.jpg


…ということで、2年半ぶりに再訪した現代史フォーラム。
前回は駆け足だったので、もう少しじっくり見たかったのです。

これは戦後、東方からドイツへ引き上げてきた人々の展示。
こんな手押し車に家財道具を載せ、命からがら引き上げてきたんですね…。
e0141754_10131589.jpg
e0141754_10134061.jpg

東から西へ逃げる人々の数。
東ベルリン暴動(1953年6月17日)が起こる直前がいちばん多いみたい。
5万人に達する勢いの月もある…。当局が神経をとがらせたのも分かる気がします。
その後も流出は止まらず、とうとう1961年にベルリンの壁が…

e0141754_10205899.jpg

個人的にこれがすっごく面白いと思ってしまいました。
年代は書かれていないのですが、東ドイツ時代のベルリンのS-Bahn(都市高速鉄道)網。
壁ができたことで線路が寸断。
無人駅となった駅もあったみたいです。

e0141754_10210701.jpg
古い路線図や、新しい路線図と比べると面白い…。
これ(↓)はぬゎんと第一次大戦前、1912年当時の S-Bahn 網。
さすが鉄道の国だけあって、進んでいたんですね。





これ(↓)は、ナチが政権についた1933年当時のS-Bahn 網。
壁によって線が分断されるはるか前。
余談ですが、Griebnitzsee 駅は Neubabelsberg という名前でした。
この路線図だと、左下。ポツダムの2つ手前の駅です。


これ(↓)は、戦争中(1944年)のS-Bahn 網。
プロパガンダ映画を撮り続けた国営の映画会社ufa のスタジオがあったことから、
Neubabelsberg駅は「Babelsberg Ufastadt」という名前だった…!



当局に睨まれるなどして、西に亡命した映画関係者。
アンゲリカ・ドムレーゼやマンフレート・クルーク、アルミン・ミュラー=シュタールなどの顔が…。


e0141754_10213611.jpg


出た!運搬車に偽装して囚人などを運ぶバルカス。

e0141754_10215410.jpg


ライプチヒは1989年の民主化デモが非常に激しかった場所。
e0141754_10230713.jpg

ライプチヒで1泊したあと、夕方の列車で一路ニュルンベルクへ…




Commented at 2017-11-12 10:36 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Alichen6 at 2017-11-13 16:20
☆鍵コメさま 
スミマセン! 鍵コメで書いてくださいましたのに、HNを書いてしまいました。今、あわてて書き直しております。すみません!!

****************

コメントありがとうございますー。ホント、つやっつや☆ですよね。誰かがオイルで磨いてるのか?って感じですね(爆)
ドイツは戦時中、東へとずっと拡大していたので、敗戦によってかなり多くの人が命からがら引き上げてきたと聞きました。日本でも、満州から多くの日本人が命懸けで帰ってきましたが、それと似た感じだったのでしょうね。
東独の映画人たちは、当局からの締め付けや嫌がらせに耐えかねて西へ亡命したそうです。彼らは芸術家なので、自由に表現できないのが苦痛なのでしょうね。また、どうしても当局に対して批判的になるし… どんなに大スターであっても、どんなに名監督であっても、当局に盾突いたらアウトだったようです。
ライプチヒは1989年のとき、ニコライ教会を中心に毎週月曜日に民主化を求めてデモが起きたそうです。これは私も覚えています。
あ、そして「先におことわり」だなんて、とんでもない!!どうぞお気になさらないでくださいねー。コメントをいただけるというのは嬉しいことなので、そのブログの管理人さん(仲のよい同業のお友達で、とってもステキな方です~)も喜んでおられると思います。それに、Arthur さんでしたら、みなさん大歓迎かと。これからもじゃんじゃんよろしくお願いいたしますー♪ 
Commented by tan at 2017-11-13 18:37 x
私の故義父母は、Vertriebeneでした。義母はブレスラウからドレスデンに逃げ、そこでドレスデン空襲に遭い、さらに西に。義父はポンメルから北ドイツへ逃げ、義母と出会って結婚。鉄のカーテンがなくなって、義父母は故郷再訪を果たし、かつての町の面影を懐かしがっていましたが、「あの頃は良かった」的なことを口にしたことはついにありませんでした。
Commented at 2017-11-13 20:15 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Arthur at 2017-11-13 21:56 x
ありちゅんさん、優しいお気遣い本当にありがとうございます!私の方こそ紛らわしいコメントをしてしまいました、ごめんなさい。なのでお気になさらないで下さいね。ドイツも日本と同様、敗戦後に本国に帰るのに本当に苦労したのですね。やはり戦争は多くの一般の人々が被害にあい、翻弄される悲劇があるのだと思いますし、繰り返してはならないと強く思います。
確かに東ドイツの芸術家や知識人の人々が、どんなに才能があっても自由を奪われてしまったら彼らが一番やりたいこと、すなわち表現することすら出来ないのですものね。当局の締め付けは想像を超えるものだったかと。
ライプチヒ教会が中心になって民主化を求めて毎週月曜日にデモが起きたこと「教会」が「毎週」という事に、人々の思いと共に教会も一緒に闘っていたのだなあと感動すら覚えます。ありちゅんさんは覚えていらっしゃるんですね〜、さすがです。
そしてブログの件、本当にありがとうございます!いつも心優しいお言葉に涙してしまいます。ありちゅんさんのブログのおかげなので、やはりお知らせしてよかった。同じお仕事をされている素敵なお友達とお聞きして、やはりお二人は「類は友を呼ぶ」のだわ〜❤️と納得しています。お二人のご活躍を応援させていただきながら、私のような者がコメントすることが失礼にならないように気をつけつつ、これからもどうぞよろしくお願いいたします♪
Commented by Alichen6 at 2017-11-14 18:17
> tanさん
コメントありがとうございますー。遅くなってすみませんっ 義理のご両親は Vertriebene でいらしたのですか…。ご苦労なさったんですね。ブレスラウからドレスデンだなんて、これもお気の毒。当時、ずいぶん東から来たドイツ人がドレスデンにいて、それでさらに被害が拡大したと言いますもんね。ご無事で何よりでしたが、大変な思いをなさったことと思います。義理のお父様も別のルートで逃げてこられたんですね…。でも出会われてよかった。それでtan さんのご主人様がいらっしゃるわけですもんね。ホント、戦争だけはやったらいけないと思います。。
Commented by Alichen6 at 2017-11-14 18:20
> Arthurさん
コメントありがとうございますー。こちらこそ、すみませんっ そうなんです。下に書いてくださった tanさんの義理のご両親もそうですが、東方から命からがら逃げてきた人たちは相当苦労したみたいです。今でも東にはドイツ系住民がかなりいますし… 戦争だけはやったらいけないと本当に思います。なのに武器を売り歩いて得意げなどっかのオッサンとか、それに尻尾を振って税金をぼんぼん投入するオッサンとか、もう…
東独の映画人たちは、また別の苦労をしたみたいです。「善き人のためのソナタ」はご覧になったことがおありでしょうか?あの映画に、イェルスカという劇作家が登場しますが、当局から仕事を禁じられ、最後は自殺してしまうという…(涙) 芸術家にとって、創作を禁じられるということは死ねと言われるくらい辛いことなんでしょうね。
Commented by Arthur at 2017-11-15 00:25 x
ありちゅんさん、こんばんは。遅くにごめんなさい。今も尚、本国へ戻れずに東に残っているドイツ系の人々がいること、tanさんの義理のご両親のご苦労をお聞きするととても心が痛みます。本当に戦争だけは二度とやってはならないですよね。おっしゃる通りです、まるで武器、戦闘機のセールスマン?のような某国大統領との仲良しぶりを世間に得意げにアピールするどこかのソーリを見るたび、がっかりするやら呆れるやらです、トホホ。
「善き人のためのソナタ」は私の「観たい、観るべきドイツ映画リスト」に入っているのですが、残念ながらまだ観ることができていなくて・・・切なく悲しい物語だと思いますけれど、こういう時代だからこそ必ず観なくてはと思っております。ツタヤに行かなくちゃ!!
Commented by tan at 2017-11-15 19:00 x
東からのVertriebeneは、西のあちこちの地方に受け入れられ、もともと人口が少ない上に男性がいなくなって、先細りだった自治体に人材をもたらしました。夫の故郷も、人がいなくて、近親相○的な人間関係もあって閉塞していたけれども、難民のおかげで新たな風が入り、戦後の復興発展の波に乗れたらしいです。でも、やはり新参者として、差別や偏見も。もう話が聞けなくて残念です。
Commented by Alichen6 at 2017-11-15 21:10
☆Arthur さん コメントありがとうございますー。ホント、どっかのソーリにはウンザリです…。「善き人のためのソナタ」、とてもいいですよー。東ドイツの秘密警察の実態に背筋がゾゾッとしました。。映画の中で、取り調べ用にとあるグッズが出てくるのですが、それが実際に使われていたことをシュタージ博物館で知り、これまたビックリしました。。。
Commented by Alichen6 at 2017-11-15 21:12
☆tanさん コメントありがとうございますー。ナルホド、そういう側面もあるんですね。
>難民のおかげで新たな風が入り
…これは絶対に無視できない側面ですよね。溶け込むのに本人は大変な苦労をしたでしょうし、受け入れる側もいろいろ摩擦があったでしょうが、それを乗り越えてきたからこそ、今の繁栄があるんだろうなぁと思えます。当時のことをご存じの方がどんどんいなくなってしまいますよね。。こうした証言はとても貴重だと思います…。
by Alichen6 | 2017-11-11 21:06 | ドイツ珍道中 | Comments(11)

日本にいながらドイツする♪  ドイツ・ドイツ語・ドイツ映画を愛してやまない下っ端字幕ほにゃく犬「ありちゅん」が字幕ほにゃく見習い眉毛犬「Milka」と一緒に書く日記


by Alichen6
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31