ドイツ語圏映画同好会 第2弾 「ドイツ映画とスイーツの美味しいひととき」無事終わりました

 ドイツ語圏映画同好会 第2弾@欧日協会が、無事終了いたしました。すっごくすっごく暑い中、渋谷まで来てくださいました皆様、ありがとうございました。拙いお話をお聞かせして申し訳なかったです。毎回そうなのですが、参加してくださる方々は皆様とてもフレンドリー。私なんかより、ずっとずっとドイツにお詳しいはずなのに、ニコニコ微笑みながらお話を聴いてくださいます。本当にありがとうございます。

 お茶を飲み、お菓子を食べながらの2時間半(☜ワタシの時間配分がへたくそで、長引いてしまいました)。ドイツのお菓子を輸入販売している友人にも話をしてもらいました。すっごく、すっごく楽しかったです。早口でしゃべり倒してしまって、すみませんでした。これに懲りず、またどうぞいらしてくださいね。ネタ切れになりそうですが、何とか頑張って仕込みます❣ 第3弾もいつかやれるといいなぁ。

 美味しいお菓子の写真を撮っておけばよかった!すっかり忘れておりました。仕方がないので、またチラシの画像を…

e0141754_07415137.jpg




Commented by Arthur at 2017-07-24 20:49 x
ありちゅんさん、こんばんは~。ドイツ語圏映画同好会第2弾もとても素敵で楽しい会になったようですね~♪♪お疲れ様でした。伺えなくてとっても残念。次回こそはぜひ!お話を聞いてお目にかかれるといいなあと思っています。お話の中でどんなスイーツが映画と共に出てきたんだろう・・・シュトーレン、バウムクーヘン、マルガレーテン、リンツァートルテ、ザッハトルテなどかしらなんて想像しつつ、ハリボーやリッター、バールセンの名前も浮かんでしまいました(笑)
家の近くに、ドイツやスイスで修業しマイスターの資格を持つ女性がやっている美味しいドイツ菓子のお店があるのですが、彼女のサイトに「ドイツでは、伝統あるお菓子屋さんが数少なくなって来ているというのが現実です。我々若手マイスターは、伝統を守りながらも新しい物も取り入れ、またそれを伝えて行こうと頑張っています。」
という言葉がありました。伝統を大事にするドイツでもそういうことがあるのかと思うとさみしい気持ちになりますが、映画を通してドイツのことやドイツのお菓子に興味
を持つことがきっとあると思いますし、更に多くのドイツ映画が日本でも公開されたらいいなと思います。
Commented by falan at 2017-07-25 15:51 x
お疲れさまでした。楽しいひと時をありがとうございます。映画のなかの食材を特定しようとする熱い思いにほれぼれとしました。
それにしても博識ですね。さすがプロフェッショナル。ご自身で翻訳された作品はむろんのこと、私が当日の朝、たまたま観た作品の内容も私以上に把握しておられて。映画を観てもストーリーはむろんのことタイトルさえ覚えていないことがしょっちゅうの私などは「すごい!」のひと言でした。
30年ぶりに食べたシュトレンやレープクーヘンも思いのほかおいしくてびっくりでした。「シュトレンはシュトーレンと伸ばして発音しない」という話がありましたが「グーラシュ」も日本ではグラーシュと発音されることが多くて、自分の記憶違いかと思ってましたが、ありちゅんの発音が聞き覚えのある通りだったのでうれしかったです。
グーラシュはブダペストやニューヨークでも食べましたが、ドイツのメンザや安食堂で食べたもののほうが圧倒的にうまかったです。これだけはドイツにうまいものあり、と言わせてほしいです。
Commented by Alichen6 at 2017-07-25 22:21
★Arthurさん コメントありがとうございますー。同好会でお菓子を食べたのですが、テーマは残念ながらスイーツではなく、がっつり「食べ物」でした^^;豚のローストとか、ケバブとか、エスニックとか、緑の葉っぱの怪しげな料理とか…。一生懸命ネタを探したのですが、スイーツは見つからなかった…^^; 暑い中、皆様にお運びいただくのは申し訳ないなぁとも思ったのですが、会場はクーラーがきいて涼しかったです。ホッ。次回(ネタが続くかどうか分かりませんが…)、Arthurさんも是非❣ 和やかな雰囲気で楽しかったです❤ 映画っていろいろな角度から見ることができて楽しいですよね。
Commented by Alichen6 at 2017-07-25 22:24
★falanさん コメントありがとうございます。そして先日は暑い中、本当にありがとうございました。くだらないネタばかりでお恥ずかしいです… 思い返すと恥ずかしくなります(恥)いいトシして、ホントにバカですね…「Gulasch」は、前日に発音サイトで確認しました。少なくともドイツ人は「グ」にアクセントを置くようです。元は外来語でしょうが、ドイツ語化していますよね。お菓子を寄付してくれた友人が大の韓流ファンなので、キム先生のご主人様でいらっしゃるfalanさんと出会えて喜んでいました。よかったーー^^ これに懲りず、また機会がありましたら是非いらしてくださいね。
Commented by falan at 2017-07-26 01:43 x
今自分のコメントを読み返すと、お名前が呼び捨てになってしまっていました。
まことに申し訳ありませんm(_ _)m
Commented by Arthur at 2017-07-27 11:47 x
がっつり「食べ物」もスイーツと同様に魅力的なテーマですね〜!皆さんが召し上がったお菓子もとても美味しそう❤︎ お話がとても楽しかったことが感じられます♪ ケバブ、エスニックと聞くと、やはり多くの移民を受け入れているドイツの一面を垣間見ることが出来るなあと思ったり。「ソウル・キッチン」思い出してました。緑の葉っぱの怪しげな料理⁈ 気になりますね〜(笑)ありちゅんさんのお話をお聞きする日を楽しみにしつつ、ドイツ映画をもっと観よう!!と思っております。
Commented by Alichen6 at 2017-07-27 13:28
★ふぁらんさん え?ぜーんぜん気づきませんでした^^; いいんです、ハンドルネームですから… かえって気を遣っていただき、恐縮です。また遊びにいらしてくださいね。
Commented by Alichen6 at 2017-07-27 13:29
★Arthurさん コメントありがとうございます。映画に出てくる食卓から物語を読み取る…という、一見リッパな試みですが、それが成功したかどうか… でも、楽しかったです。「ソウル・キッチン」も少しだけ取り上げました。緑の葉っぱの怪しげな料理は、「ヒトラー最期の12日間」でヒトラーが食べ手いた菜食料理です。イモとほうれん草(かケール)をぐちゃぐちゃに混ぜたシロモノでした。きっと歴史的な資料に基づき、小道具さんが作ったのだと推察します。。。。あまり食欲をそそるようなブツではありませんでした^^;
by Alichen6 | 2017-07-23 23:44 | つぶやき | Comments(8)

日本にいながらドイツする♪  ドイツ・ドイツ語・ドイツ映画を愛してやまない下っ端字幕ほにゃく犬「ありちゅん」が字幕ほにゃく見習い眉毛犬「Milka」と一緒に書く日記


by Alichen6
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30