ほにゃく犬の字幕ほにゃく日記 deutschali.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

日本にいながらドイツする♪  ドイツ・ドイツ語・ドイツ映画を愛してやまない下っ端字幕ほにゃく犬「ありちゅん」が字幕ほにゃく見習い眉毛犬「Milka」と一緒に書く日記


by Alichen6
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ブルーノ・ガンツの新作 「In Zeiten des abnehmendes Lichts」


 ブルーノ・ガンツといえば、日本で最も名前を知られたドイツ語圏出身の俳優さんですよね。なぜ「ドイツ語圏」と書いたかといいますと、ガンツさんはスイス出身だからです…。映画情報を調べていたら、ガンツさんの最新作のニュースに遭遇。おお、これは面白そうではないですかー。春に発表されたドイツ映画賞では、ガンツさんもこの作品で主演男優賞にノミネートされていました。総統閣下~アルムおんじ…と来て、今度は筋金入りの共産主義者だった頑固なおじいさん役。

『In Zeiten des abnehmendes Lichts』
原作者:Eugen Ruge (オイゲン・ルーゲ)
監督:Matti Geschoneck(マッティ・ゲショネック)
出演:Bruno Ganz(ブルーノ・ガンツ)、Alexander Fehling(アレクサンダー・フェーリング)、Sylvester Groth(ジルヴェスター・グロート)



 タイトルを直訳すると、「光の翳りゆく時代」みたいな感じでしょうか。時は1989年10月1日、壁崩壊の約1か月前。物語の舞台は旧東ベルリン。ひいおじいさんのヴィルヘルムは今年で90歳。バリバリの共産主義者で東ドイツの繁栄を信じて疑わない頑固な老人なのだそうです。しかし子供や孫の世代はもっと現実的で東ドイツの未来には懐疑的。しかし皆、それを隠してヴィルヘルムの誕生日を祝います。ところがその場で、孫が東ドイツを捨てて西に逃亡したことが発覚するんだとか…。未見なのでよく分からないのですが、消えゆく東ドイツを各世代の目を通して描いたもののようです。これってモロ、私の好きなテーマじゃないですか~~ 見たい、見たいわ、見たすぎる!(できればご縁も…) 

 監督のマッティ・ゲショネックは、伝説のDEFA俳優、エルヴィン・ゲショネックの息子さんだそうです。エルヴィン・ゲショネックってものすごい人なのです。ナチ時代、反ナチ活動に参加してゲシュタポに逮捕され、強制収容所送りに。ザクセンハウゼン → ダッハウ → ノイエンガンメと収容所を転々とさせられ、挙句の果てにはカップ・アルコナ号という船で移送される途中に沈没。多くの収容者が命を落とした中、彼は生き延びたのでした~。そんな壮絶な人生を送りながらも101歳まで頑張ったというスゴイ人です。その息子さんなんですね。旧東独出身の監督なら、決して「上から…」ならぬ「西から目線」ではなく、東出身者ならではの眼差しでもっと深い部分を描いてくれるのではと期待。

 原作は同名の小説で、数年前のベストセラーだそうです。作者オイゲン・ルーゲはソ連で生まれ、2歳の時に東ドイツへ引っ越してきたのだそうです。父親は歴史家だとか。東ドイツ出身者でないと、こういう視点では書けなさそう。調べれば調べるほど、この作品が見たくなる…




Commented by eastwind-335 at 2017-07-07 07:28
おんじー、アルムのおんじー。
ガンツの映画、日本でも紹介されますように!監督の来し方も気になります!
10月1日は私の誕生日!89年のこの日は卒論の中間報告を行った日でした。まさか壁が開くとは思ってなかったけれど、周囲の同級生が夏のピクニック作戦に対してあまりにも無関心なのにガックリしていたころでもありました。

いま、NHKBSでトーダイのF先生が紹介する世界の映画のコーナーで、「ありがとう、トニ・エルドマン」を紹介してますよ!
来週からは少し仕事が落ち着きそうなので、早く見に行きたいです。
Commented by 絵描き屋 Yoshimi at 2017-07-08 15:03 x
いい映画が続きますねえ。「ヒトラーへの285枚の葉書」観てきました。私は原題が「Allein in Berlin」かと思っていたのですが、「Alone in Berlin」だったのですね。ドイツ語の台詞でなかったのがチョッピリ残念。
ところで、質問です。日本での映画名は誰が決めるのでしょう?翻訳者?
原題を直訳したのでは意味がわからないし、「ヒトラーへの285枚の葉書」の題名は的確だなと感心いたしました。
Commented by Alichen6 at 2017-07-08 18:02
★東風さん!! コメントをいつもありがとうございますー。総統閣下~アルムおんじからの~DDRおんじ って感じなので楽しみですねー。10月1日が誕生日ですか!では、DDRおんじと同じ日ですね。89年の10月は、ドイツへ旅行へ行く直前でした。休みをとって、3週間くらい東西両方のドイツへ行ったのですが、どちらも大騒ぎでした…。連日のように東から人が逃れてきて、もう混乱状態で…。ところで、あのトーダイの先生、映画がお好きですよね。BSで「ありがとう、トニ・エルドマン」を紹介してくださったのですかー。ありがたや~ありがたや~ 働く女性にはじーんと来る作品だと思います。あと、娘を持つお父さんも。いつもありがとうございますー!!
Commented by Alichen6 at 2017-07-08 18:05
★絵描き屋Yoshimiさん こんにちは~ コメントありがとうございます。「ヒトラーへの~」を早速観に行ってくださったんですね!すみません、ありがとうございます。初日に行ってくださるなんて感謝!です。そうなんです、原作はドイツ語ですが、映画は英語なのです…。主演が2人とも英語圏の方なので。原作のタイトルは、Jeder stirbt fuer sich allein なのです。邦題は翻訳者ではなく、配給会社の方々がお決めになります。どんなタイトルでも必ず文句を言う人もいるし、褒めてくださる方もいるし・・・で大変なんだそうです。最近は副題をつけるのも流行っていると聞きました。より分かりやすく、よりアピールできるよう、ということなのでしょうね。
Commented by mau at 2017-07-12 07:48 x
御無沙汰してます。この原作、英語で読みました!(http://d.hatena.ne.jp/shippopo/20140106)映画化されたんですね。「社会主義時代の『ブッデンブローク家』」て感じの読み応えのある話でしたよー。ぜひ日本でも観れるようにしてほしいです!
Commented by Alichen6 at 2017-07-12 12:00
★mauさん わー!ご無沙汰しております。コメントをありがとうございました。そしてさすがです!英語でお読みになったんですね。ブログの書評も拝読しました!さすがmauさん、いつもながら感心しちゃいます。難解な本もさらりと分かりやすくまとめていらしてスゴイなー。「社会主義時代のぶっでんブローク家」ですか!これはもう、私の大好物間違いなし!日本に来てくれるといいなぁ。見たい、見たいです!!!
Commented by falan at 2017-07-16 17:18 x
「ありがとう、トニ・エルドマン」を観てきました。いいお嬢さんですね。やさしいな。あんな娘がほしいです。ふいに現れた父親をアメリカ大使館のレセプションに招いてくれたシーンで、カミさんが私に耳打ちしました。「○○(娘の名前)だったら、こんなことしてくれないね」
 今年30歳になる娘も仕事が忙しくて、たまに会おうとLINEしても「時間がない」の一点張り。その娘が3月末で勤めを辞めて、念願のマンガ家修行を始めました。なにか手伝ってやろうと余計なことをしては迷惑がられています。この映画をみてイネスを見習ってほしいです。
Commented by ありちゅん at 2017-07-17 22:04 x
★falanさん こんばんは~ コメントをありがとうございました。「ありがとう、トニ・エルドマン」を観に行ってくださったんですね!暑い中、ありがとうございます…!映画館の中は涼しいとは言え、行き帰りが暑くて大変ですよね。奥様も一緒に行ってくださったなんて…!お礼をお伝えくださいね。不思議な作品で、昨年カンヌで公開されたときは旋風を巻き起こしたとか。私は初めて見たとき、「この父親にしてこの娘あり」と思ってしまいました…結局は似た者親子ですよね。ところでお嬢様がいらっしゃるんですね。今年30歳ということは、まさにお忙しい真っ最中ですよね。漫画家修行を始められたとは!すごい。

>なにか手伝ってやろうと余計なことをしては

イネスのようになってもらうには、やはりあの着ぐるみを着ないと!!この酷暑の中であのモフモフを着るのは命がけですが…(苦笑)
Commented by falan at 2017-07-18 22:34 x
お察しのとおり暑かったようです。私はそうでもなかったですが。駅の手前で家に置き忘れた携帯を取りに帰った妻を見送ってから、上映時間に間に合わなくなると思い「車で行こう」とLINEして後を追いました。でもなぜか行き違ってしまい、カミさんは電車に乗り、私は車で映画館へ。駅までダッシュで駆けもどった上に、炎天下のなか映画館にたどりついたカミさんは、いくぶん不機嫌な様子でした。
「結局は似た者親子です」しょうもないところばかり似てしまって申し訳ない、と会うたびに心の中で手を合せています。とはいえ15歳でコミケに同人誌を持ち込んで以来、15年かけてシャッター前にブースがもらえる(ステータスらしいです)まで描き続けるひたむきさなど、親に似なくてよかったね、と言いたくなるところもあって心底ありがたいです。
Commented by Alichen6 at 2017-07-20 09:59
★falanさん おはようございます。いつもコメントをありがとうございます!映画館へ来ていただくまで、そんなことが…(涙)この暑さですから、少しでも走ったりすると汗が滝のように流れますよね…。奥様にお礼をお伝えください。私も昨日、いろいろ歩き回ることがあって汗びっしょり。ブラウスが背中にべったりはりついて不快でした。お嬢様、15年頑張ってこられたんですね!スゴイ。ひたむきでいらっしゃるって、本当に大切なことだと思います。親が思っている以上に子供はいろいろ考え、悩み、頑張っているんですよね。こうなったらfalanさんも、やっぱりあの着ぐるみを着てパーティーへ行くしかない!!(違う)
Commented by falan at 2017-07-21 18:21 x
着ぐるみを着て会いに行くのはいいアイデア! もっと早く思いついていればよかったです。オタク活動をしているコミケやオンリーイベントの現場には「絶対来ないで」と言われてましたが、着ぐるみでコスプレをしていれば、誰だかわからないですものね。不審者と思われないように気をつけないといけませんが。しかしながらオタク活動も4月で卒業したらしいので、今のところそのチャンスはありません。
普通の格好で娘の職場に客を装って行ったことがありますが、その日に限って留守でした。そこも着ぐるみでもう一度挑戦すればよかったです。3月まで精神科医として働いていた外来に、ちょっと変わった人が座っていても、それほど不自然じゃないですよね。カルテを見て私だとわかったらどんな顔をしただろう。想像するとちょっと楽しいです。ハグはしてくれないなあ。あとで叱られるだろうな。
Commented by Alichen6 at 2017-07-22 12:45
☆falanさん コメントをありがとうございます。お嬢様、精神科の先生でいらっしゃるのですか!そして漫画も??スゴイ!さすがですね~。着ぐるみはナイスアイディアではありますが、この酷暑では熱中症になりますから、決死の覚悟で挑む必要がありますね。やっぱり親業は楽じゃない… うちにも娘がおり、父親の片思いが続いています。もうかれこれ10年くらい(笑)。父親と娘のビミョ~な関係って、国は関係ないんですね。世界共通。
by Alichen6 | 2017-07-04 10:34 | ドイツ映画 | Comments(12)