ドイツ映画賞2017 ロングリスト発表

 先週の金曜日、ドイツ映画賞2017のロングリストが発表されました。この中からさらに絞り込みが行われ、3月16日に各部門のノミネート作品が発表されるとのことです。楽しみ❤

 「やっぱり~!」と思う作品もあるかえれど、知らない作品もあるー(☜当たり前だけど)!ざざっと見た限り、なんとな~く次に挙げたあたりがノミネートされる気がします…。

★Nebel im August


 「ぼくらの家路(原題:Jack)」で注目を浴びた子役、イヴォ・ピッツカーが出てる!ナチ時代を描いた作品のようだし、注目されるんじゃないかしら…



★Die Blumen von gestern


 東京国際映画祭でグランプリに輝いた「ブルーム・オブ・イエスタディ」。ホロコーストに加担した将校の孫息子と、ガストラックで殺害されたユダヤ人女性の孫娘。2人の関係を描いた作品です。監督は「4分間のピアニスト」のクリス・クラウス。



★Der geilste Tag


 昨年、ドイツへ行ったときに是非見たい!と思っていたのですが、もう公開が終わっていたという作品…見たかった!いま、ドイツで大人気の俳優フロリアン・ダーヴィット・フィッツが監督。出演はフロリアンのほか、同じく人気者のマティアス・シュヴァイクヘーファー。



★Toni Erdmann


 昨年のカンヌ映画祭で話題をさらい、ヨーロッパ映画賞で「そうなめ」状態だった話題作。アカデミー外国語映画賞のドイツ代表にも決まりました。さてさて、どうなるか…



★Tschick

 ファティ・アキン監督の新作。移民の男の子チックと、みんなから変人扱いされている少年マイクの2人によるロードムービー。



★24 Wochen

 
 昨年、東京で開催されたドイツ映画祭でも上映されました。ユリア・イェンチが主演。お腹の子供に重大な疾患があることが分かり、産むかどうかの選択に迫られるというシリアスなストーリーです。



★Morris aus Amerika

 こちらも昨年の東京国際映画祭で上映されました。今や、移民の映画はドイツ映画界でもなくてはならない存在。



★Paula


 ちゃんと記事を読んでいないので(すみません)よく分からないのですが、クリスティアン・シュヴォホー監督は、これからも活躍が期待される人だと勝手に思っております。。。


…私の独断と偏見で選んだ作品ばかりですが、どの作品がノミネートされるか楽しみです♪最終結果は4月28日に分かります。




Commented at 2017-01-10 11:21 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Alichen6 at 2017-01-10 20:56
> 鍵コメさま❤ ありがとうございますっ!!!! ま~ったく気づきませんでした^^; ありがとうございますー。

そして情報の件ですが、気が向いたときに映画ニュースを見たりする程度なので、すっごくいい加減です^^; でも、●▲賞の類って華やかなので好きです❤ 

今年もどうぞよろしくお願いいたします❤ スマホ快適ですー。お揃いになりました(たぶん)。
by Alichen6 | 2017-01-09 16:44 | ドイツ映画 | Comments(2)

日本にいながらドイツする♪  ドイツ・ドイツ語・ドイツ映画を愛してやまない下っ端字幕ほにゃく犬「ありちゅん」が字幕ほにゃく見習い眉毛犬「Milka」と一緒に書く日記


by Alichen6
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31