ダルムシュタットへ

 連日、私の旅行記につき合ってくださって、ありがとうございました。延々と続けてしまってスミマセン…! 夜に羽田行きの飛行機に乗るという最終日、ハンブルクからマインツへ、そしてさらにダルムシュタットに向かいました。ネットの評判を聞いて「ぜひ見てみたい!」と思っていたものがいくつかあったのです。まずは、ユーゲントシュティールの作品がたくさんあるというウワサの「Mathildenhöhe (マチルダの丘)」へ。
 地図は ⇒ コチラ

 マチルダの丘は少し距離があるので、バスで行きました。「F系統」です。乗り場は駅「西側出口(westliche Seite)」のすぐ下(高架の下)。これで、Mathildenhöhe というバス停まで行きます。確か15分くらい乗りました。


e0141754_22540244.jpg


 すると、いきなりこんな建造物が… 「結婚記念塔」です。19世紀末、ヘッセン=ダルムシュタット公国の最後の大公 エルンスト・ルートヴィヒに招かれた芸術家たちが、公国の首都ダルムシュタットに芸術家のコロニーを作ったんだそうです。そしてユーゲントシュティールの建造物をいくつも建てたんだとか。この結婚記念塔はルートヴィヒ大公とマチルダ妃の結婚を祝って1908年に造られたそうです。屋根の部分は、宣誓する手をイメージしているんだそ~ですよ。この中には役所のStandesamt(戸籍係)があり、本当に結婚できるという話。入口でチケットを売っていた女性に聞いたところ、「先週末なんて2組もあったのよ!」 


e0141754_22452759.jpg

 戸籍係のプレート。

e0141754_22523296.jpg


右側の建物にご注目。誰か屋根にいるぞー!

e0141754_22454396.jpg



 斜め横から撮ったために歪んでしまいましたが、この結婚記念塔の横に日時計がついております。

e0141754_23010113.jpg


 そしてロシア教会。ロシア人の方々がお祈りのために何人も中に入っていきました。中は撮影禁止。また、ひやかしで入るのも申し訳ない雰囲気だったのでちょこっと入口から覗くだけにしました。


e0141754_22463250.jpg

 この日は本当に暑い1日でした。青空に金が映えます。老骨にムチ打って歩きました。はい、頑張りましたでございます。

e0141754_22460286.jpg



 結婚記念塔に戻ります。5ユーロを払うと上に登ることができます。入口のモザイクがすばらしい。愛です、愛❤ 戦争で傷んだものの、破壊されることはなかったそうです。
 

e0141754_22464840.jpg


 日曜日だったせいか、塔に登ることはできても、部屋に入ることはできませんでした。入口のガラス窓越しに撮影。結婚式を挙げる部屋はどれだろう? (戸籍係での結婚式って、割とあっさりしていますよね。サインするだけ、みたいな感じで。)


e0141754_08484089.jpg


 おお!金と紺のコントラストがステキではないですかー。ガラス越しなのが残念!中に入ってみたかったゾ。

e0141754_08485350.jpg




 最上階にて(宣誓する指の付け根あたりか?)。窓越しですが、外を眺めることができました。ロシア教会がおもちゃみたい。

e0141754_22470019.jpg



 おお!次のお目当ての建造物がかすかに見える!この画像は拡大したものです。ガラス越しなのでぼんやりしていてスミマセン。

e0141754_22471704.jpg

 次のお目当てとは、オーストリアの建築家 Hundertwasser 百水さんの手による不思議な集合住宅。F系統のバスで市の中心地に戻り、そこから市電に乗り換えていきました。最寄りの停留所は「Messplatz」か「Röhnring」。停留所を降り、2、3分歩くと見えてきました。Waldspirale (=森の渦巻き)。

 地図は ⇒ コチラ   上から見た画像は ⇒ コチラ

e0141754_22473436.jpg


 うひゃ~ テーマパークの建物みたい。フンデルトヴァッサーの最後の作品だそうで、完成したのは2000年ですって。

e0141754_22485622.jpg

 看板を写したのですが、少し歪んでいてすみません。


e0141754_23111655.jpg

e0141754_23112437.jpg

 曲線だけで作られているんだそうです。色といい、てっぺんの玉ねぎといい、なんとも不思議~~ 


e0141754_22491298.jpg


e0141754_22500963.jpg


e0141754_22502594.jpg

 実物が見られて大満足。フランクフルトに早く戻らないといけないため、後ろ髪を引かれる思いで渦巻きをあとにしました。近くの停留所からダルムシュタット中央駅までは市電で1本。さらに鉄道でフランクフルト中央駅までは確か30分くらいでした。

 

 …というワケで、長々と失礼いたしました。今回の旅行もえらくてんこ盛り。「じっくり見る」というわけにはいかなかったけど、いいのです。たくさん見られたから。空港で最後の買い物をしまくり、ようやく出発ゲートへ。飛行機に乗ったとたんにドドッと疲れが… zzzzzzzz…











Commented by tan at 2016-09-08 16:14 x
わー、ダルムシュタットにこんなところがあるんですね! 知りませんでした。百水さんの建築は、ウィーンで見たことがありますが、ダルムシュタットにもあるとは。他の建物も面白いですね! Standesamtがとっても素敵。小出しの旅行記、私は読みやすくて助かります♪ 
Commented by Alichen6 at 2016-09-08 21:20
★tanさん こんばんは~ コメントありがとうございます。すみません、そう言ってくださって安心しました。ピンボケ気味で冴えない画像ばかり載せちゃって、せっかく来てくださる方々になんだか申し訳ないなーなんて気もしていましたので。ウィーンの百水ハウスは有名ですよね。実物を見たことはないのですが(見たい!)ネットではたびたび目にしました。ダルムシュタットのは最晩年の作品なんだそうです。本当は中までどんどん入ってみたかったのですが、さすがに憚られました。。。一般の方々の住まいですもんね^^;
Commented by Happiness裕之介 at 2016-09-11 09:21 x
仕事柄、マルチダの丘の建築群は、以前から見てみたいと思っているのですが、まだ実現出来ていません。
建物の幕の内弁当みたいで面白いですね。
実はフンデルトヴァッサーの作品を見るだけでは物足りなくて、とうとう今年はマクデブルクの緑の砦に泊まりました。近日中にFBにアップロードする予定です。
Commented by Alichen6 at 2016-09-11 17:17
★Happinessさん コメントありがとうございますー。Happinessさんでしたら、さらにいろいろなところをじっくりご覧になるでしょうね。私には技術的なことは分からないのですが、外からみてすごーーく目立つしポップなものの、住み心地はどうかなぁなんて思ってしまいました。百水さんのSpirale は個人が住む家なので、さすがにどんどん中へ入って写真を撮ることが憚られ、外側を撮るにとどめました。。。でも、中に入ってみたかった~! そしてマクデブルクのホテルに泊まられたんですね!!詳しいお話を楽しみにしています❤
Commented by eastwind-335 at 2016-09-18 18:53
こんにちは!私もありちゅんさんの数週間後にここへ行きました~!というか、連れて行ってもらいました~!
最初から行く予定だったわけではなく、偶然に偶然が重なってでしたが・・・。結婚記念塔の上にあがりませんでしたので、ありちゅんさんの写真でなーるほど!と拝見しました。
(私の旅行記ではたぶん、来月の中頃に取り掛かれるのではないか、と思います)
Commented by Alichen6 at 2016-09-18 20:11
★東風さんっ こんばんは~ コメントありがとうございますー。東風さんも、ダルムシュタットにいらしたんですね!今でも残念に思っているのは、Waldspirale の中まで行かなかったことでして… 普通の方々が住んでいる住宅なので入ってはいけないと思って我慢したのですが入りたかった!旅行記楽しみにしていますね!
by Alichen6 | 2016-09-07 23:14 | ドイツ珍道中 | Comments(6)

日本にいながらドイツする♪  ドイツ・ドイツ語・ドイツ映画を愛してやまない下っ端字幕ほにゃく犬「ありちゅん」が字幕ほにゃく見習い眉毛犬「Milka」と一緒に書く日記


by Alichen6
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31