そして念願のコノプケへ


またまた小出しですみませんっ ちょっと順序が逆になってしまいましたが、Restauration 1900 を見に行く前に腹ごしらえをしたのです。場所はですね~ 前から行きたいと思っていたお店。そー、カリーヴルストの Konopke (コノプケ)です。うっしっし。地下鉄 Eberswalder Straße (エバースヴァルダー・シュトラーセ駅)の高架下にあります。このあたりは、地下鉄なのに高架なのです。

コノプケの場所は → コチラ


地下鉄エバースヴァルダー・シュトラーセ駅。かなりゴチャゴチャしていて、駅前はちょい汚い…
e0141754_00215355.jpg

e0141754_00211820.jpg

その高架下にコノプケはあります。
コノプケのサイトは → コチラ (歴史が載っていて楽しいです)
お店ができたのは1930年!最初は普通のソーセージを売っていたそうです。第二次大戦前、食料事情が悪くなって肉が入手しにくくなると、ソーセージの代わりにジャガイモのお焼きみたいなの(Kartoffelpuffer)を売ったそうです。1960年、壁ができる1年前に店主の息子が西ベルリンでカリーヴルストを覚えてきたらしい…。まだ東ドイツにはカリーヴルストがなかったそうで、彼らが試行錯誤を繰り返してカリーヴルスト@東ベルリン を生み出したそうです。秘伝のソースのレシピは門外不出だそうですよ。

e0141754_00221085.jpg

e0141754_00243622.jpg

e0141754_00245236.jpg

それが、これ!やっぱりカリーヴルストは四角い紙皿に盛られていて、プラスチックのピックが刺さっていないとね。なお、マヨ(ドイツ人はマヨネーズのことをマヨと呼んでます)は要らないなぁと思ったのですが、なめてみたら意外とあっさりしていました。さてさて、東ドイツのカリーヴルスト第1号はどんな味でしょう…?       


ウマかった!   ゲプッ


e0141754_00250674.jpg

高架に沿ってシェーンハウザー・アレーを歩きました。


e0141754_16545062.jpg


ちなみに… マニアックな話で恐縮ですが、旧東ドイツの映画「ベルリン シェーンハウザーの街角」は、このエバースヴァルダー・シュトラーセ駅界隈で撮影されました。1枚目と2枚目の画像の高架下です。 この作品に関するワタシの過去ログは → コチラ です。

e0141754_00000089.jpg


















Commented by Happiness裕之介 at 2016-08-28 06:53 x
やっぱり本場のカリーブルストを食べないと、日本へは帰れないですよね。この有名店へ行かれたんですね。美味しそう。
「地球の歩き方」でNo1と紹介されているし、「テレビでドイツ語」でも以前紹介があって、私も三重丸でマークしているんですが、ベルリンはここ数年ご無沙汰。またベルリンを訪れるときは是非行きたいな。
Commented by Alichen6 at 2016-08-29 21:03
★Happinessさん こんばんは~ コメントありがとうございます。カリーヴルストは ein Muss って感じで、必ず1回は食べて帰ります。あちこち食べましたが、どこもそれなりに美味しいですよね。次回ベルリンにいらっしゃる時、是非!旧西ベルリンももちろん好きですが、旧東側って、やはり私には魅力的に映ります。きっとHappinessさんも同じですよね。
by Alichen6 | 2016-08-28 00:03 | ドイツ珍道中 | Comments(2)

日本にいながらドイツする♪  ドイツ・ドイツ語・ドイツ映画を愛してやまない下っ端字幕ほにゃく犬「ありちゅん」が字幕ほにゃく見習い眉毛犬「Milka」と一緒に書く日記


by Alichen6
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31