今更ですが… DDR(東ドイツ)の思い出 その4

 いまさら感タップリですが、「DDRの思い出」シリーズ、その4でございます。9年前にUPした記事の再掲+αで失礼いたします。それこそ、9年ぶりに読み返しましたが、細かいところは結構忘れてる…。よかった、こうして記録しておいて。個人の記憶なので、部分的には間違っている点があるかもしれません。その場合はご指摘くださいね。こんな思い出話をダラダラ書いちゃってすみません。

********************************

●東ドイツ国内の移動●

<入国後>
いったん東ドイツの中に入ると、とにかく物価が安くてビックリします。特に「日常生活において必要なもの」の価格は非常に低く抑えられていました。ただし、この「日常生活に必要」という定義が我々の定義とは全く異なり、コーヒーやカカオたっぷりのチョコレートはもう「必要品」ではないのですよね。一方、鉄道や市電などは本当に安かったです。

マイセン→ライプチヒが107キロメートルで10マルク10ペニヒ。西ドイツのDM と交換レートが1対1だとしても、当時の為替レートで800円くらい。
e0141754_1817122.jpg

ベルリン→ドレスデンが186キロで17マルク40ペニヒ。同じく、当時の為替レートで1390円くらい。安っ
e0141754_1817146.jpg

ベルリン→グライフスヴァルトが210キロで19マルク80ペニヒ。1580円くらい。激安っ
e0141754_18172657.jpg



アルバムに私が書いた文字が残っています。ベルリン⇔ポツダムがS-Bahnで30ペニヒだったそうです。当時の為替で円換算すると、24円! 今はいくらなんでしょう?
e0141754_18154341.jpg



下のピンクのチケットは、確かドレスデン⇔マイセンでした。1マルク。円換算すると、当時のレートで80円。
e0141754_18161190.jpg


こちらも、アルバムに書きこんだ文字が残っています。東ベルリンのフリードリヒシュトラーセ駅から西ベルリンのツォー駅までは2.70DMだった模様。そーです、東ベルリンで切符を買ったにもかかわらず、西ドイツマルクで払わされたんですね。しか~も!東ベルリン市内の最低料金は10ペニヒ(東ドイツマルク)なのに、西へ戻るには高額のお金を払わされる…。これも外貨獲得の手段だったんですね。
e0141754_18155895.jpg


*************************


DDRの地方都市は悲惨な状況でしたが、ベルリンは首都というメンツもあり、それなりに充実しておりました。駅に Imbiss (立ち食いの食堂みたいなもの) もありました。Mitropa という名前のお店。ドイツ版の日本食堂です。アルバムに私が書きこんだ当時の記録によると、上のメニューは : Berlin Schöneweide(シェーネヴァイデ) 駅のMitropa で食べた「Boulette mit Brot」 85ペニヒ。Boulette は地方によってはFrikadelle とか deutsches Beefsteek とも呼ばれますが、いわゆるハンバーグですな。それにポテトサラダ・ニンジンサラダがついていますね。85ペニヒは、当時のレートで68円くらい。味は忘れてしまいましたが、パンがやたら固かったのは今も記憶に残っています。
e0141754_18285363.jpg

Commented by sunakobo at 2015-12-14 23:12 x
あ~~、そうでした。
この雑な印刷の切符、思い出します。
Friedrichstr.駅には検問所があり、それはそれは厳しい検問がありました。
外交官のパスをもっていても、です。
そして、このFriedrichstr.駅からS-Bahnに乗って
二つ先のBellevueまで子供を小学校に送っていました。
車が手に入るまでの2ヶ月あまりそんなことをしていました。

そして、この5ペニヒのBrötchen、釘が打てるほどの硬さでした。
「ねこまたぎ」ではなく「豚またぎ」、豚も見向きもしない、
と言われていました。

どちらも、今見ても胃のあたりがキュンとなります。
辛かったこと(いろんな意味で)、たくさん思い出します。
Commented by Alichen6 at 2015-12-15 08:38
★sunakoboさん おはようございます。コメントをありがとうございます。印刷も雑でしたし、紙の質も悪かったですよね。硬いのに、すぐボロボロになるって感じで。Broetchen 、固かったですよね。コチコチだった記憶が… しかもまずかった! 長距離の鉄道料金が安いのにはビックリです。だけど生活必需品のカテゴリーに入っていなかったものは高かったですよね。「ぜいたく品」だと言われて。よく知られていることですが、やっぱりジーンズ、特にリーバイスはDDRの人たちの垂涎の的でしたよね。
by Alichen6 | 2015-12-14 18:35 | DDR(東ドイツ) | Comments(2)

日本にいながらドイツする♪  ドイツ・ドイツ語・ドイツ映画を愛してやまない下っ端字幕ほにゃく犬「ありちゅん」が字幕ほにゃく見習い眉毛犬「Milka」と一緒に書く日記


by Alichen6
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30