Trauerkarte (訃報を知らせるカード) と Kondolenzbrief (お悔やみの手紙)

 先日、ドイツ父の子供たちから Trauerkarte が届きました。昔と違ってメールや電話が一般的となった現代では、訃報もそういった手段で伝えるのが一般的になっていますが、その後に親族一同から、ということで Trauerkarte を送るのがやはり正式なんでしょうね。以前、友人のお母様が亡くなったときも同様のカードをもらいました。封筒やカードに黒の十字架が印刷されており、黒枠で囲われております。今回は火葬後に改めて葬儀を行うということで、訃報を知らせる文面と同時に、Urnenbeisetzung (納骨)の日程が書かれておりました。今の時期、日本でも喪中はがきをいただいて 「えっ あの方が…!」と愕然とすることも多いのですが、ドイツからこういった黒枠の Trauerkarte が届くのもホントに寂しい。

 メールでは何度もお悔やみの気持ちをお伝えしたのですが、正式な Kondolenzbrief (お悔やみ状)は書いていなかったので、改めてお送りしました。形式にこだわりすぎるのはナンセンスだと思うけど、このトシになって常識外れのことをするのも何かなぁと思い、手紙の書き方の本を何冊かめくって調べてみました。私も悲しかったけど、実の息子や娘たちはもっと悲しいわけですから、少しでも気持ちが慰められればいいなぁと思って、心を込めて書きました。備忘録も兼ねて、ここに書かせてくださいね。ドイツに長くいらっしゃる方はこういうことに慣れておいでだと思うのですが、私は初めてでしたので戸惑うことも多くて。何か常識外れのことや間違ったことを書いておりましたら、ご指摘くださいね。

お悔やみの手紙の文例をいくつか見てみると、どれも、

①訃報に驚き、非常に悲しんだ、ということ
②お悔やみの言葉
③故人の思い出や、お世話になったお礼など
④残念ながら葬儀には参列できないこと(葬儀の日取りを連絡していただいたのに参列できない場合)
⑤結びとして、にもう一度お悔やみや慰めの言葉

…で構成されているようです。ご参考までに、いくつか文例を下に挙げますね。

①と②
Der Tod Deines ●● hat uns (mich) zutiefst erschüttert und sehr traurig gemacht. Bitte nimm unser (mein) aufrichtiges Beileid entgegen.

Mit grosser Betroffeneheit habe ich von dem völlig unerwarteten Ableben Ihres ●● erfahren. Ich möchte Ihnen, auch im Namen meiner Familie, meine aufrichtige Anteilnahme aussprechen.

Zum Ableben (Zum Heimgang) Ihres ●● möchte ich Ihnen mein herzliches Beileid aussprechen. Die Nachricht hat mich sehr traurig gemacht.
(Ableben や Heimgang は、Tod に比べるとかなり改まった表現のようです)

Mit Trauer und Anteilnahme vernahm ich die Nachricht vom Ablben Ihres ●● . Ich spreche Ihnen mein aufrichtiges Beileid aus.


Ich hätte Ihrem ●● gerne die letzte Ehre erwiesen, aber ●● (行けない理由) hindert mich leider daran, zur Beerdigung zu kommen.
(葬儀に参列する、という意味で jm. die letzte Ehre erweisen というのですね。今回初めて知りました)


Wir denken an Dich und trauern mit Dir.

Nochmals unser herzliches Beileid.

Ich umarme dich und teile mit dir deinen unermesslichen Schmerz.

…などなど。心がこもっていることが一番ですが、外国人であっても、こういう時に常識外れのことを書かないという配慮も必要なんだろうなぁと改めて思った次第です。ですので、何か「?」なことを書いておりましたら、ご指摘くださいませ。
Commented by しゅぱこ at 2010-12-14 08:25 x
ドイツ父様もみなを見守っていてくださるに違いありません。

文例すんごい参考になりましたφ(.. ) ありがとうございます。検索してくる人が増えそうな予感。
Commented by ありちゅん at 2010-12-14 23:05 x
☆シュパちゃん コメントありがとうございます~♪ 手紙の書き方の本、実は4冊も持っていたりしますー かなり参考になりますよねー ただ、日本でも「手紙の書き方」的な本はよく売ってるけど、「このまま書いたらヘンだよなー」と思うような、わざとらしい文も載ってるよね。ドイツのもそうかしら・・・鵜呑みは禁物と思いつつ、便利なのでちょくちょく使います。
Commented by たぬき at 2011-01-23 15:26 x
昔、南ドイツ新聞は火曜日に訃報等を伝えるコーナーがありました。メールがなかったころなのでこれで知らせていたのですね。
このごろドイツ語とは縁遠くなっています。><
その代りマヤ遺跡の碑文を翻訳しています。
難かしくありちゅんさんの偉大さを改めて思い知りました。
チャホームは原意は「液体を流す者」ですが、これだとなんだかわかりませんし訳語としても間抜けです。
実際は「儀式で自分の舌やペニス等に穴をあけて放血し、神に捧げる者」のことなのですが簡潔な言葉が見つかりません。それと偉大な力を持っている事も暗示させないといけません。うーん、日本語の語彙不足や怪しさ爆発です。
Commented by ありちゅん at 2011-01-24 09:24 x
★たぬきさん おはようございます~ 昨日はコメントをありがとうございました。今でもこうした訃報の知らせって新聞に載るのでしょうか?現代の日本でも、著名人ですと葬儀の日程などが新聞に載っていますが・・・ 本当に親しい人のお葬式は今回は初めてでしたので、いろいろ手間取ってしまいました。
ところでマヤ遺跡の碑文を訳しておられるのですか・・・!大変そう。言語はどこの言葉なんですか?スペイン語?日本語の語彙がないのは私のほうです~ 日々、それで悪戦苦闘しております。。。ボキャ貧というのはホントに困っちゃう・・・ どんな言葉でも奥が深くて難しいですよねー
Commented by たぬき at 2011-01-24 22:49 x
ありちゅん先生、こんにちは。
マヤの碑文はチョルティ語の古い形で書かれているとされています。
わからないものは後の時代のユカテカ語や英語で見たままを補っていました。
今日、多くの人の努力で発音がだんだんわかってきています。

しかし、テキサス大学、ピーボディ博物館(ハーバード大学)、ヨーロッパ
マヤ会議(ヤギロンスカ大学)、ロシアのメゾアメリカサイト、マヤレポート、
マヤ文字の辞書(モントゴメリー)、ペンシルバニア大学などの表記が
ばらばらで、読んでいて頭がパニックになります。
更に次々と新しい発見もあって表記も変わってきます。

難しいのマヤ文字の文法もあります。ジャガーはバラムといいます。
普通はジャガーの横顔一文字です。しかしバとラとマの発音の文字を合体
させてもオーケーなのです。
さらに4、空、蛇は同じ発音でチャンといいます。これは入れ替え可能なのです。
極端な話、彼は柿を食べた。彼は牡蠣を食べた。でもオーケーなのです。
文脈で判断しないといけません。
日本語の音訓みたいな感じもあります。
Commented by ありちゅん at 2011-01-25 12:50 x
★たぬきさん こんにちは~ コメント&詳しいご説明をありがとうございます。チョルティ語ですか… 難しそう。無知で恥ずかしいのですが、初めて知りました。そんな、いろいろな大学の解釈を見比べながら解読なさっているんですか・・・!もしかして、たぬきさんは学者さんでいらっしゃるのでしょうか?すごい・・・
うちのダンナが、マヤやアステカ文明などが好きで、よくテレビでその方面の番組を見ています。まだ分からないことがたくさんありそうですね。気の遠くなりそうな作業の積み重ねなんですね・・・。尊敬します!
大変でしょうが、どうぞ頑張ってくださいねー
by Alichen6 | 2010-12-13 09:30 | ドイツ語 | Comments(6)

日本にいながらドイツする♪  ドイツ・ドイツ語・ドイツ映画を愛してやまない下っ端字幕ほにゃく犬「ありちゅん」が字幕ほにゃく見習い眉毛犬「Milka」と一緒に書く日記


by Alichen6
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31