東西ドイツ統一から20年

 今日は東西ドイツが正式に統一してから20年。あっという間でした。20年前のことは、よ~く覚えております。トシを取るにつれて、新しいことが記憶に定着しないわりに、過去のことはより鮮明になってくるんですよね~ あ~ヤダヤダ。トシは取りたくないもんだ。 ・・・という愚痴をこぼしたかったのではなく、感慨にひたりたかったのです。毎年、DDR(東ドイツ)時代からの友人の何人かには「統一の日、おめでとう」とメールをお送りしているのですが、送ってもいいのかどうか毎回迷います。明らかに統一の恩恵を受けており、本人も「統一してくれてホントによかった!」と普段から書いている友人には「おめでとう♪」と言えるのですが、本人や家族が失業している人には「おめでとう」とは言いづらいですよね・・・。 昨日の夕方、NHKで統一20周年というテーマで現在のドイツについて詳しいニュースが放映されておりました。さすがNHK、分かりやすくて秀逸なルポだな~と感心。20年という節目にあたり、おそらく現地でも様々な催しが計画されているのでしょう。

 ところでワタシは旧ブログでイロイイロと東ドイツのことを書いておりました。読み返してみますと、大したことは書いておりましぇん。当時、東ドイツを旅行した人の多くが体験したことでしょうし、長期滞在なさっていた方からすると、「数日しかいたことがないのに知ったふうなことを・・・」と思われるかもしれません。それでも「当時はこうだったんだ・・・」と、複雑な思いにかられます。

 外貨で支払うインターホテルではなく、知人宅に泊めてもらうには事前にビザを申請しなきゃいけなかったですよね~。でもって、1日25西ドイツマルクの両替が義務付けられていたし、到着したときは地元のお役所に届け出を出さなきゃいけなかった。きらびやかなネオンや広告、そしてあふれんばかりの商品の山に慣れた日本人の私にとって、企業の広告や派手なネオンのない大都市は奇異に映ったし、モノがなくてガランとした店内を見ると寂しくなりました。党のプロパガンダは白々しく思えましたし、西の悪口を平然と言う(しかもウソが多い)東のテレビには、ただただ唖然。初めてヨーロッパの地を踏んだときよりも、数倍のカルチャーショックを受けましたです。学生食堂に行くと「スパイがいるから気をつけてね」と言われたし、共産圏名物の長い行列も体験しました。東ドイツの友人宅では、チェコで買ったというコカコーラの缶が床の間みたいなところに鎮座しておりましたし、西ドイツの親戚に送ってもらったというジーンズが彼らの一張羅でした。マイケル・ジャクソンのLP(レコード)やパンスト、ヘアスプレーやマニキュアなどのコスメを西から誕生日に送ったりもしました。便利な西と比べると明らかに不便だし、きれいとは言い難いDDRでしたが、一般の人たちはみーんな、とってもとっても親切でした。行けば心から歓待してくれましたし、拙いドイツ語で日本の話をすると、みんなすごーく喜んで聞いてくれました。嗚呼、すべてが懐かしい・・・ 

 今日、たまたまこのブログにお立ちよりいただいた方、ご興味がありましたらご覧になってくださいね。昔から拙宅へ来てくださっている方は、もう読んでくださった日記でして何度もすみません。

     東ドイツ関連 → コチラ

 DDRを描いた映画というと、やっぱりコレですな。東西統一をめぐる混乱ぶりをユーモアたっぷりに描いた「グッバイ、レーニン」。でも、東ドイツを揶揄しているように見えて、古きよき東を懐かしむオスタルギーも根底にはある。だからこそ、多くの人たちから支持を得たのでしょう。


Commented by takbout at 2010-10-03 15:45 x
こんにちは。
貴重な体験談を読まさせて頂きました。(前ブログも拝見)とても、勉強になりました。ありがとうございました。<(_ _)>
前から言っている通り、20年前なんて、世の中の事より、自分の事で精一杯で、世の流れをまったく知らなかった自分。
壁のお話は、NHKで1週間ほど放送されたのを見て、「グッバイ!レーニン」を見て、ちょっと前ですが、マティアス・ケーベルリンが出演したドラマ「ビハインド ザ・ウォール ベルリンの壁・最後の脱出」を見てやっと理解した所です。
自分にとっては、今でもドイツ統一は、『現実』ではなく、『おとぎの国』の物語に思えます。(^_^;) 
Commented by まろーね at 2010-10-03 23:24 x
とっても深いお話でした。
ドイツに6年半も住んでいたのに、なんだか表面的なことしか見聞きせずに帰ってきてしまったな・・・と改めて感じますした。(NHKの番組も見ればよかったです)
何を隠そう、私、グッバイレーニンを観たのがつい最近なんです。。。
旧東ドイツを訪れ、どことなく未だ空気の違いから異国情緒のようなものを感じたり、ベルリンを旅した時はお決まりの観光コースを見て歴史の断片を見てきたつもりでしたけれど、もっときちんとドイツのことを知らねば・・・と帰国してしまって今更ですが改めて思う今日この頃です。
「善き人のためのソナタ」も、とっても興味深い内容でした。
このあたりの作品で他にもおススメ映画はありますか?
Commented by ありちゅん at 2010-10-04 07:43 x
★takboutさん おはようございます~ 昨日はコメントをありがとうございました。20年って、考えてみるとすごーーく長い年月ですが、過ぎてみるとあっという間ですよね・・・ 冷戦の真っ最中にドイツ語を勉強し始め、壁の崩壊~東西ドイツ統一~統一後の苦難の道のり~とイロイロあったので、なんだか感慨深いです。でも、ワタシもこの20年間、結婚したり子供を産んだりで、イロイロあったので、なんだかんだと言っても自分のことで精いっぱいだったのは同じです~~~ 
Commented by ありちゅん at 2010-10-04 07:47 x
★まろーねさん おはようございます~ 昨夜はコメントをありがとうございました。いつもホントありがとうございます。私は逆に、統一後の旧東ドイツを直接は見ていないので、その後が気になります・・・ 観光で有名な都市(ドレスデンとか)はテレビや写真で見ることもあるので、なんとな~く表向きの様子は分かるのですが、実際はどうなのかは直接じゃないと分からないですよね。。。「グッバイ、レーニン」と「善きソナ」は、ワタシが無人島に持っていきたいDVDですっ 「トンネル」はご覧になりました?あれはベルリンの壁ができた直後のドイツが舞台ですので、またイロイロ「ひぇ~」と思うことがありました・・・ 
Commented by Adler at 2010-10-04 19:59 x
ありちゅんさんは壁崩壊前のDDRにもいらっしゃったことがあるんですね~。既にそう言っただけで微妙な年齢になってきてしまう時代になっちゃいましたがw 私自身、最初の渡独が1988年。まだ高校生の時分でしたが、壁を見て、一日ビザで東ベルリンに入ったことがあります。その経験と、浪人時代の壁崩壊が今のドイツ在住を決定付けたインパクトだったような気がします。思えば20年も前のことになっちゃったんですね~。怖いことですw

リンクの東独関連、少し読ませてもらいました~

既に解決済みかも知れませんが、offene Fragenがトラビの処にでていたので…
Hangziege というのは、高山性のヤギで前足が短く平地に行くと背中が前傾してしまうヤギのことを指します。なぜ、トラビがそう呼ばれるようになったかは分かりませんが…
Asphaltblase というのは、英語で言う Bubble Car のこと。日本語でもバブルカーとして概念化されています。ミニとかVWのビーグルとかの小さな車の総称で必ずしもトラビだけを指すわけではありません。
Duroplast というのは、複合サーモセット樹脂のことで、素材の名前です。まぁ、Plastikと似たようなもんですねw
Commented by まろん at 2010-10-04 22:48 x
そういえば昨日、ヒストリーチャンネルで「トンネル」をやっていて珍しいなと思ったのでした。いずれも名画ですね~ 東ドイツのお話、興味深く拝読しました!
Commented by tan at 2010-10-04 23:05 x
私は東西分断中西ドイツに住んでいて、途中で壁が壊れ、統一。その後、東ドイツにも住んだので、非常に感慨深いです。あんな経験はしたくてもできませんからねー。
Commented by ありちゅん at 2010-10-05 09:19 x
★Adlerさん おはようございます。コメントありがとうございます。リンク先にも行ってくださったんですね。ありがとうございます。

>まだ高校生の時分
ううっ お若い・・・ 88年は既に社会人3年目でした・・・!初めてドイツへ行ったのは84年、大学生の時だったのですが、やはり壁を見てかなり衝撃を受けました。私も1日ビザで東ベルリンへ行き、さらにショックを受けたのをよく覚えています。でも、ベルリンはまだ首都としての体裁を保っていたのでマシでしたよね。地方へ行ったときのほうがさらにショックが大きくて。トラビの件、ありがとうございます。大昔、トラビが出てくるドラマを訳すことがあり、そのついでに調べたりしたものです。そういえばDDRではプラスチックのことをPlaste と呼んでいましたねー 懐かしいです。ご教示ありがとうございます。
Commented by ありちゅん at 2010-10-05 09:21 x
★まろんさんっ コメントありがとうございます。「トンネル」放映されていましたかー あれはいい映画でした。気に入ってしまって、劇場に何回か足を運んだ記憶があります・・ アメリカ人が作ったWW2の映画って結構ありますが、ドイツ人が自らの手で自分たちの歴史を描くことにも意義があると思ってしまいます。少し前まではタブーだったのでしょうが・・・
Commented by ありちゅん at 2010-10-05 09:23 x
★tanさん おはようございます~ コメントありがとうございます。tanさんはちょうど激動の時期に東西ドイツにいらしたんですね!全てを直接ご覧になったわけですから、感慨深いでしょうね・・・ 同じ世代かと思うと、それもウレチイです^^; (あ、すみません。一緒にしてしまいましたっ) 冷戦~壁の崩壊~東西統一~統一後の混乱 をリアルタイムで見られた(日本から見てた、という部分が大きいいですが~)のは、ドイツ語関係者としてホントによかったと思います。。。。
Commented at 2010-10-05 14:41 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Alichen6 at 2010-10-05 16:35
★鍵コメさま
コメントありがとうございます。ひぇええええーーーー!です。ピタリ賞のウサぴょん(謎)です!! じゃ、私ったら鍵コメさんと同じ時期にいたりしてたんですね~ すれ違っていたかもしれません。私も同じころ、チェコなどで「ちぇんじまねー、ちぇんじまねー」と両替を迫られたり、こわもてのオッサンに睨まれたり。何もなくて幸いでしたが、日本人は無防備だから気をつけなさいよーとはよく言われました。冷戦のさなかですもんね。東西の国境付近で、はしゃぎながらカシャカシャ写真撮りまくっている日本人カップルとかもいて、「あそこで銃殺された人もいるのに・・・」と、ドイツのご老人がボソっとつぶやいたのをよく覚えています。当時(も)日本は平和でしたし・・・。今思い返してみると、ホント懐かしいです。

またどうぞ遊びにいらしてくださいね~~~ お待ちしています♪
Commented by sunakobo at 2010-10-05 23:18 x
はじめまして。
ありちゅんさんのブログは「東ドイツ」だか「東ベルリン」だかで検索してヒットして来ました。
ベルリンの壁崩壊をはさんで約3年間、旧東ベルリンに居住していた者です。
コメントなしで、時々訪問させていただいておりました。
さて、懐かしのベルリン、です。しかも東の。
ありちゅんさんのDDR記、今日、読ませていただきました。あ~、そうそう、なんてネ。
帰国して、しばらくは、(もう国がなくなったわけですけど)東ドイツにいた、なんてことは、
誰にも伏せていました。
やっと今、涙なしに語れるようになりました。
当時、そこで生活していたものには、言葉にできないほど、辛~い、辛いことがたくさんありました。
我々日本人は、どうにかすれば西に出られますが、西に出ることを許されない人達とうまくやっていく
には、相当の覚悟が必要でした。
ホント、一口では、語れませんし、平和な日本にいる日本人にはどう説明しても分かってはもらえません。
ちょっとだけ、ここで語らせていただきました。
Commented by ありちゅん at 2010-10-05 23:51 x
★sunakoboさん はじめまして。ようこそおいでくださいました。コメントを書いてくださって、本当にありがとうございます。壁崩壊前後の東ドイツに住んでいらしたんですね。激動の3年間をつぶさにご覧になっていたとは・・・ 辛い経験もなさったんですね。お気持ち、お察しいたします。私は旅行で行っただけだったのですが、DDRの人たちととっても仲良くなり、その関係は今でも続いています。私が数日間の滞在を終えて西へ戻るとき、決まってみんな涙を流してくれました。日記でも書いたと思うのですが、別れが寂しくて泣くというよりは、自由の国へ戻っていく私の背中を見て、自分たちには自由がないことを改めて感じたからではないかと思います。確かにモノだけで人は幸せにはなれないけれど、華やかで魅力的な商品に憧れるのはごく自然のことですよね。壁のすぐ向こうでは華やかで自由な生活がある、でも自分たちはカゴの鳥。残酷な日常だったんだろうなーとよく思います。
(長すぎたので、分割いたします)
Commented by ありちゅん at 2010-10-05 23:51 x
(続きです)
でも、実際にDDRに長期間住んでいたわけではないので、実際に生活なさった方のご経験に比べると、ホント恥ずかしいばかりです。何も分かってないのと同じかと・・・。旧ブログでは偉そうに書いてしまってすみません。また、遊びにいらしてくださいね。貴重なお話をありがとうございました。
Commented by マチ at 2010-10-06 23:48 x
早速お邪魔しました。
やっぱり英語とドイツ語両方だったんですね!
すーさんといい、ありちゅんさんといい、
凄すぎます。

東西ドイツの話、興味深く拝見しました。
歴史に立ち会うことは、時として人生観が変わるほど
強烈な印象に残りますよね。

韓国の南北問題も、いつか同じような経過をたどるのではないかと、他人事ではない思いもあり…。

ドイツはいつか行ってみたい国の1つです。
Commented by じゅっこ at 2010-10-07 00:23 x
ありちゅんさん、こんばんは!思いのいっぱい詰まったお話で、じーんと胸が熱くなりました!!統一のこと、単純によかったと思っていましたが、いろいろな思いがあるのだということを、私は、サッカードイツ代表バラック選手から徐々に知るようになりました。彼が旧東の人々の希望を背負ってキャプテンマークを付けていると語っていたのが印象的でした。日本にいる平和ボケの私には、想像のつかないことがたくさんです…。しかし、こんな私が、あの統一の時に確信したことは、式典時、ヴァイツゼッカー大統領が語ったこと「未来の為に過去に目を閉ざしてはならない」という言葉です。とにかく統一したのです!それにも目を閉ざしてもいけないと思います。勿論分裂していた事実にも。過去に目を閉ざさず、前に向かって進んでいかなくては。 「グッバイ・レーニン」のこと、ダンナさんが「良い映画だよ。まだ観てないけど…」と申しておりました…観てないけど?!んじゃ観なきゃぁ〜!
Commented by ありちゅん at 2010-10-07 08:23 x
★マチさん おはようございます~ 来てくださったんですね、ありがとうございます。
東西ドイツは20年前に再統一されましたが、もう1組の分断国家はいまだ分断されたままですよね・・・ 北の情報などをテレビで見ていると、そう遠くない将来に1つになるのでは・・・?と、私も素人ながら思ってしまうのですが、現実には問題が山積ですよね・・・。お昼に放送している韓流ドラマを何気なく回して観ることもあるのですが(コメディってホント面白いですよねー)、お笑いをしながらも常に緊張状態にある国なのだと思うと、平和ボケしている日本人が申し訳ないような気になります。決して対岸の火事と思ってはいけないですよね・・・
またどうぞ遊びにいらしてくださいね。
Commented by ありちゅん at 2010-10-07 08:33 x
★じゅっこさん おはようございます~ コメントありがとうございます~

 合言葉は・・・    

 アラウ~ノ!!   

…ではないですよね。スミマセンっ じゅっこさん、サッカーお好きなんですよね~ バラックは今回、出場できなくて残念!先日もニュースでやっていましたが、旧東ドイツの人たちはいまだに心にモヤモヤを抱えている人が多いそうですし、失業率も高くてなかなか自信が持てないみたいです。そんな中でも希望の星だったんでしょうね。ヴァイツゼッカー大統領の演説は有名ですよねー 教科書になっているくらいだそうです。今、読み返してもホント感動します・・・。ヴァイツゼッカー大統領以来、ドイツでもなかなかあそこまでビッグな人物は出てこないな~と思うほど。ましてや、日本の政治家なんてお話にもなりやしない・・・ブツブツブツ。 (長すぎてはねられてしまったので、分割しますねー)
Commented by ありちゅん(続きです) at 2010-10-07 08:33 x
「グッバイ、レーニン!」面白いですよ~~ 日記でも書いたのですが、東を揶揄しているように見えて、郷愁とか愛情も感じられるんです。友人に、奥さんが東出身、ダンナが西出身のカップルがいるのですが、彼が言っていました。「ボクもグッバイ、レーニンは面白いと思うけど、ツボが分からないものもある。奥さんはあれ見てを涙を流して笑ってたよー」って。決して自虐的な笑いだけではなく、そこには「確かにこういう時代があった。不自由だったけど、それでもそこには家族がいて、友達がいた」という郷愁もあるんじゃないかな~などとも思います。決して、過去の否定ではないんですよね。再確認みたいな。お時間がある時、是非ご覧になってください~!!私は無人島にこのDVDを持っていきます!
Commented by MM at 2010-10-09 15:43 x
ドイツ統一20年。ありちゅんさんの、ドイツに対する深い思いに尊敬といいますか、感動してしまいます。うちのだんなはなにをかくそうベルリン育ちのossiなので「グッバイレーニン」はもう大ヒットでした。
それぞれの家族にそれぞれのドラマがあり、まだ20年後の今も消化しきれていない問題もたくさんありますが、なによりも平和な世の中が続くことを祈っています。
Commented by ありちゅん at 2010-10-10 00:05 x
★MMさん こんばんは~ コメントありがとうございます!ご主人様は旧東独ご出身なんですね。グッバイ、レーニン!の真の面白さは、DDR出身の人じゃないと分からないかもしれませんね。上にも書いたのですが、あれが単なる揶揄だと、DDR出身の人たちにとっては不快だったかもしれないですよね。でも、郷愁とか、愛情もそこはかとなく感じられるから、なぜか不快にならない。ヴォルフガング・ベッカー監督、最高です。
>なによりも平和な世の中が
本当ですよねー 日独ともに様々な問題が山積している状態ですが、一つ一つクリアしていってほしいな~と思います。MMさん、またどうぞ遊びにいらしてくださいね。
by Alichen6 | 2010-10-03 10:19 | ドイツのこと | Comments(22)

日本にいながらドイツする♪  ドイツ・ドイツ語・ドイツ映画を愛してやまない下っ端字幕ほにゃく犬「ありちゅん」が字幕ほにゃく見習い眉毛犬「Milka」と一緒に書く日記


by Alichen6
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30