先週の金曜日、ドイツ映画賞2017のロングリストが発表されました。この中からさらに絞り込みが行われ、3月16日に各部門のノミネート作品が発表されるとのことです。楽しみ❤

 「やっぱり~!」と思う作品もあるかえれど、知らない作品もあるー(☜当たり前だけど)!ざざっと見た限り、なんとな~く次に挙げたあたりがノミネートされる気がします…。

★Nebel im August


 「ぼくらの家路(原題:Jack)」で注目を浴びた子役、イヴォ・ピッツカーが出てる!ナチ時代を描いた作品のようだし、注目されるんじゃないかしら…



★Die Blumen von gestern


 東京国際映画祭でグランプリに輝いた「ブルーム・オブ・イエスタディ」。ホロコーストに加担した将校の孫息子と、ガストラックで殺害されたユダヤ人女性の孫娘。2人の関係を描いた作品です。監督は「4分間のピアニスト」のクリス・クラウス。



★Der geilste Tag


 昨年、ドイツへ行ったときに是非見たい!と思っていたのですが、もう公開が終わっていたという作品…見たかった!いま、ドイツで大人気の俳優フロリアン・ダーヴィット・フィッツが監督。出演はフロリアンのほか、同じく人気者のマティアス・シュヴァイクヘーファー。



★Toni Erdmann


 昨年のカンヌ映画祭で話題をさらい、ヨーロッパ映画賞で「そうなめ」状態だった話題作。アカデミー外国語映画賞のドイツ代表にも決まりました。さてさて、どうなるか…



★Tschick

 ファティ・アキン監督の新作。移民の男の子チックと、みんなから変人扱いされている少年マイクの2人によるロードムービー。



★24 Wochen

 
 昨年、東京で開催されたドイツ映画祭でも上映されました。ユリア・イェンチが主演。お腹の子供に重大な疾患があることが分かり、産むかどうかの選択に迫られるというシリアスなストーリーです。



★Morris aus Amerika

 こちらも昨年の東京国際映画祭で上映されました。今や、移民の映画はドイツ映画界でもなくてはならない存在。



★Paula


 ちゃんと記事を読んでいないので(すみません)よく分からないのですが、クリスティアン・シュヴォホー監督は、これからも活躍が期待される人だと勝手に思っております。。。


…私の独断と偏見で選んだ作品ばかりですが、どの作品がノミネートされるか楽しみです♪最終結果は4月28日に分かります。




# by Alichen6 | 2017-01-09 16:44 | ドイツ映画 | Trackback | Comments(2)

 昨日は某量販店へ行き、スマホをどうするか相談してきました。今のスマホは、もう3年近く使っておりました。どこも壊れていないし、今も快調そのものなのですが、今の携帯電話のシステムって変。2年を超えるといろいろな割引が適用されなくなり、むしろ月々の支払い額が増えてしまっている… 私が最初に携帯電話を買ったのは1998年。懐かしのTu-Ka でした。途中でau に吸収されましたので、結局は19年間も au を使い続けている計算になります。19年も「浮気」せずにこの会社を使っているのに、そういうユーザーより、乗り換えで他社から移ってきた人のほうが特典を得られるという変なシステム。あちこちの窓口でいろいろ話を聞いた結果、他社に乗り換えることにしました。


 しかーし。携帯電話の料金システムって、どうしてこう複雑にできているんでしょ? お年を召した方は、もう理解不能でしょうね(うちの父も、しょっちゅうカッカしています)。


 まあ、いいや。とにかく新しいスマホになり、ちょっと嬉しい。何よりも画面が大きくなったのがありがたい(☚「大人のメガネ」が必要な年頃ですから…)

e0141754_11191647.jpeg
あちこちで説明を聞き、頭がパンクしそうになったので、とりあえずカフェでひとやすみ。芸術的なラテアートにヒデキ感激☆





 

# by Alichen6 | 2017-01-09 11:13 | つぶやき | Trackback | Comments(0)

お正月のクララちゃん

 おはようございますー。某SNSでもお見せしちゃった動画なのですが、こちらでも。1月2日のクララちゃんです。飼育ケース越しなので、ちょっと曇っていて見づらいですよね。すみません。箱根駅伝(家族が見てた)の中継に触発され、ハッスルしながらダブルで車を回しております。すごいエネルギー… 若いっていいなぁ(苦笑)









# by Alichen6 | 2017-01-05 09:36 | つぶやき | Trackback | Comments(0)
 皆様、あけましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 年末の話ですが、「善き人のためのソナタ」の監督が新作にかかっているという話をキャッチしました。おお!それはお正月にふさわしいよい話題ではありませんか~。…ということで、さっそく検索してみました。



 この記事は結構前のものでして、既に撮影は終了しているらしいです。「善き人の~」のあとがハリウッド映画(The Tourist)だったので、「ああ、アメリカに行っちゃったか…。お金につられたのかなぁ。よくあるパターンだけど…」と寂しく思っていたのですが、戻ってきてくれてめでたい。新作のタイトルは「Werke ohne Autor」。直訳しますと、著者なき作品とか、原作者なき作品とか、そんな感じでしょうか。公開は2017年の秋ということなので、まだまだ先ですね。個人的には、2月のベルリン映画祭で上映されるのでは?と期待していますが、どうなのかな。上の記事によると、西ドイツに逃亡した東ドイツの芸術家が主人公だそうです。ナチやシュタージの記憶に苦しめられるらしい。出演者が豪華ですよ~。安定のイケメン俳優ゼバスティアン・コッホ(画像だと左)、絶賛売り出し中のパウラ・ベアー、怪優へと成長中のトム・シリング。ちなみにドナースマルク監督って身長が205センチもあるらしい…。俳優たちと並ぶ画像を見てビックリしました。この3人以外に、「帰ってきたヒトラー」のオリヴァー・マスッチや「さよなら、アドルフ」で注目を浴びたザスキア・ローゼンダール、そして東京国際映画祭でグランプリを獲った「ブルーム・オブ・イエスタディ」で主演した(そして個人的にお気に入りの)ラース・アイディンガーなどなどなど。豪華ですね~✨ 見たい、見たいわ、見たすぎる。

 ところでパウラ・ベアーの活躍ぶりはスゴイ。日本では残念ながら未公開ですが、「4分間のピアニスト」を撮ったクリス・クラウス監督の作品「Poll」で感受性の強い早熟の少女を熱演して目を引きました。「おお!この子はスゴイ」と思っていたのですが、やっぱり着々とステップアップしていたんですね。最近では、フランス映画「フランツ」(フランソワ・オゾン監督)で絶賛されておりました。この「フランツ」も見たいなぁ。これは日本で公開されるんでせうか?話題作だからきっと劇場公開されるでしょうね(期待)。


 …話がそれてしまいましたが、2017年もドイツ映画界は話題作がイロイロあるみたい。とにかくドナースマルク監督の新作は、間違いなく話題作となるでしょうね。ご縁があるといいなぁ…。来るといいなぁ…✨✨



 …2017年が、皆様にとって素晴らしい年となりますように。そして本年もよろしくお願いいたします。







# by Alichen6 | 2017-01-02 16:28 | ドイツ映画 | Trackback | Comments(0)
 あっという間に2016年も終わりますね。今年は忙しかったです…。更新がしょっちゅう途絶えたにもかかわらず、再開後も変わらず遊びに来てくださって本当にありがとうございました。ショボイ内容ばかりでしたのに…

 2016年は私にとって忘れられない年となりそうです。仕事をする上での環境が変わり、以前より責任を感じるようになりました。また、ヒトラー映画のトークイベントがあったり、映画祭で司会の真似事をしたりと、ほにゃく以外のお仕事も経験していい勉強になりました。だけど私の本業は、やっぱり字幕ほにゃく。映画館に足を運んでくださる方々をガッカリさせないよう、そして作品の冒涜とならないよう、気を抜くことなく精進しなきゃと思います。少しでも慢心したら、それはすぐにほにゃくに出てしまいそう。気を引き締めて頑張りますー。そしてワタクシ事ですが2人の子供の就職も何とか決まり、本当に本当にホッとしました。いつぞやはブログで弱音を吐いてしまって大変失礼いたしました。

 2017年が皆様にとってよい年となりますように。そして世界中からテロや紛争がなくなりますように。更新が途絶えがちな上に、なんだかショボイ内容ばかりのブログですが、また来年もよろしくお願いいたします。


********************************


 ナチ時代にプロパガンダ映画を作っていた映画会社 UFA(ウーファ)の建物が、そのまま残っていました!場所はベルリンのテンペルホーフ。爆撃を免れたんですね…。
e0141754_23150802.jpg

昔の写真が壁に掛けられていました。
奥に TON 3 という文字が見えます。TON は「音響」という意味ですが、これはスタジオを指しているのかな。
e0141754_23224173.jpg

e0141754_23235075.jpg

昔の写真も今の写真も、TON3 の上に UFA マークの跡が見えます。
これは消した跡なのか、それとも年月が経って自然に薄くなったのか…
e0141754_23500097.jpg
e0141754_23240344.jpg

かつては、こんなガラス張りのスタジオが併設された立派な撮影所だったのでしょう。
e0141754_10382449.jpg

UFAの文字が残っているものの、今はまったく違う映画制作会社が建物を使っています。
e0141754_23241437.jpg









# by Alichen6 | 2016-12-31 23:27 | つぶやき | Trackback | Comments(4)
 皆様、大みそかはいかがお過ごしでしょうか? 発売されてかなり時間が経ってしまったのですが、話題の本「日本人が知りたい ドイツ人の当たり前」を読みました。すっごく、すっごく、すっごおおおぉぉぉ~く面白かったです!! (←決してマワシ者ではありません)

e0141754_14383788.jpg


日本人が知りたい「ドイツ人の当たり前」ドイツ語リーディング
鎌田タベア、柳原伸洋著、三修社


どういう本かと言いますとー、「今さら聞けない素朴な疑問」から「ドイツ好きなら、このあたりは聞いておきたい質問」、そして「ぜひぜひ聞きたいマニアックな質問」まで、幅広いジャンルの質問事項が50個。絶妙なセンスで厳選されております(50個に絞り込むだけでも、大変な作業だったに違いないと推察しますです)。それに関連する質問も掲載されていますので、実際のポイントは100個。そしてそれに対する丁寧なドイツ語の回答が載っているワケです。日本語訳も、もちろん載っています。その質問の例を挙げますと…

第1章 日常生活
1 なぜドイツのお店は早く閉まるのですか?
11 ラクリッツはおいしいと思って食べているの?
13 キッチンがいつもきれいなのはなぜ?
14 どうやって Du と Sie を使い分けるのですか? などなど

第2章 地理歴史
19 ドイツで人気のある歴史上の人物は誰ですか?
25 地震のような自然災害はありますか?
26 統一についてどのように考えていますか? などなど

第3章 現代社会
35 ドイツの女性はそんなに強いのですか?
36 第二次世界大戦についてどのように習いますか?
38 極右勢力の動向はどうなっていますか? 
39 大量の移民によって問題はありませんか? などなど

第4章 文化芸術
43 どうしてサッカーがあんなに強いの?
46 ドイツ人が映画で悪役になることをどう思う?
47 最も有名なオペラ劇場やオーケストラは? などなど

第5章 その他
48 ドイツ人は日本に興味がありますか?
50 ドイツ以外でドイツ語が話されている国は? などなど

 し~か~も! 普通の教科書には載っていないけれど、日常ではよく耳にする言葉がたくさん載っています。たとえば、日本のコンビニに近いお店(同じではないケド)Späti とか、子供向けチャンネル KIKA とか。新聞などで使われる経済用語や時事用語も、もちろんたくさん掲載されています♪ 脱原発に関係するエネルギー革命を意味するEnergiewende とか、パートナーが変わったりすることに伴い、いろいろな家族が一緒に住むという Patchworkfamilie とか。ここでは書ききれないのですが、絶対に知っていなくちゃいけないワードが満載。「ドイツ語の仕事やってまーす❤」とか言っているワタシも恥ずかしながら「知らなかった…!」と冷や汗をかいちゃう言葉がたくさん出てきて、ラインマーカーで線を引きまくりましたです(私の場合、このザル頭にちゃんと残ってくれるかどうかは別問題ですが…)。
 一般に販売されているドイツ語の教科書ってカタいものが多いんですよね。でなければ、挿絵が豊富だけど、ちょっと幼稚なテキストとか。この本は目からウロコでした。読み物としても、とっても楽しいです。随所に遊び心が…。続編も希望します❤ ゼヒゼヒ!! 










# by Alichen6 | 2016-12-31 13:44 | ドイツ語 | Trackback | Comments(2)
 とっても楽しいカードをいただいてしまいました♡ もうクリスマスは過ぎてしまいましたが、カワイイので載せちゃいます。

e0141754_23012532.jpeg

マスに言葉を入れていき、数字が書いてあるマスの文字を下に書き移すと、ある言葉が出てくるというもの。




…やってみました。
左の Christuskind と書いたところが、実は自信がない…。「Christkind」とか「Christkindl」なら聞くのだけど…
ただ、検索すると Christuskind という言葉もヒットするんですよね…
どこかで間違えているのかなぁ?
「そうじゃない、こうだよ~」というのがありましたら、教えてくださいね。

(12月31日追記)
うわっ 間違えた…! 天使は Engel なのに、ワタシったら Angel って書いてる…
今日見直して気づきましたorz...  見なかったことにしてちょ♪

e0141754_23011508.jpeg









# by Alichen6 | 2016-12-30 23:06 | ドイツのこと | Trackback | Comments(0)
皆様、Frohe Weihnachten!  クリスマスをいかがお過ごしでしょうか?
ワタシは昨日、日比谷のクリスマスマーケットへ行ってしまいました。
先日、ドイツであんな惨劇が起きたばかりで何となく気がすすまなかったのですが
萎縮してはいけないんですよね。
ということで、日比谷のクリスマスマーケット初体験!







…ところが~~

人、人、人、人…



・・・・こんなにも混雑していたとは!
最初、カリ~ヴルストでもばくばくいっちゃおうかな~なんて思っていたのですが
人の多さに断念。
お友達がやっているスタンド(先日ご紹介したシュトレンを扱う会社「ドイツ・センター」)へ行き
お菓子を少しだけ買って退散。

e0141754_10401698.jpg


巨大なピラミッドは見ごたえがありました。
本物のエルツ山地産。
e0141754_10403098.jpg


e0141754_10404026.jpg

戦利品たち。
レープクーヘンの小鳥マークがカワイイ。

e0141754_10404882.jpg
…というわけで、とにかくメリークリスマス❤








# by Alichen6 | 2016-12-25 13:05 | ドイツのこと | Trackback | Comments(2)
昨日・今日と気持ち悪いくらい暖かかったですね。何なんでしょ、あのもあ~っとした空気。春のような一日でした。
修羅場から脱出したワタクシ、久しぶりに近所の輸入食材屋さん(カ●ディ)へ行ってきました。
うっしっし。何か掘り出し物はないかな~と思って。
で、リッターシュポルトの新味を発見。

日本でも塩キャラメルとか、塩●●味とかが流行っておりますが、ドイツも同じなんですね。
お味が気になるのでソク購入。


e0141754_16333301.jpg

開けてみたら、こんな感じ。アーモンドがゴロゴロしております。

e0141754_16334554.jpg

…気になるお味ですが、美味しかったです❤ 
はちみつでコーティングした丸ごとアーモンドが入っているのですが、それが少し塩っぽい。
個人的には、甘いお菓子に塩が入っているのって邪道な気がしなくもないのですが
流行りですから取り入れないわけにはいかないのでしょう。
はちみつのコーティングが、キャンディみたいで美味しいです。



…ご参考までに…。





# by Alichen6 | 2016-12-23 16:39 | ドイツのお菓子 | Trackback | Comments(6)
 皆様、おはようございます。今日は春のように暖かくなるとの予報ですね。冬眠態勢(そんな言葉があるのか?)に入った我が家のカメが目を覚ましそう…。 12月12日に日記を書いていたのですが、UPしそこなっておりました。せっかくなので加筆してUPしちゃいますね。どってことのない内容ですみませんっ 内容も古くなってしまいましたが…

*******************************

 先週の金曜日は久しぶりに盛りだくさんの1日でした。ワタシの1日なんて書いてもご興味ないと思いますが、記録を兼ねて書かせてくださいっ というか、ここ2、3か月、とにかくずーーーーーっとほにゃく三昧で、ある意味幸せではあるのですが、さすがにお尻が痛くなってきた…。一日中外出するのは久しぶり。楽しかったのです。

朝8:30 満員電車に乗って押しつぶされる ⇒ 電車がいきなり遅延 ⇒ 15分の遅れで、イライラしたオッサンが私のすぐ横でチッと舌打ち ⇒ 幸い、ワタシは早めに家を出ていたので事なきを得る。しか~し、カフェで時間調整を兼ねて一人楽しくお茶するハズだったのに時間がなくなった

10時 試写室で試写 ⇒ 国立近代美術館フィルムセンター@京橋 にて「戦後ドイツの映画ポスター」展 ⇒ 新宿でランチ

14時40分~ シネマート新宿で開催中の「ポーランド映画祭」へ。私は関わっていないのですが、ポーランドの巨匠アンジェイ・ワイダ監督特集をやっていたので、かの有名な「地下水道」を観に ⇒ 圧倒される。さすが巨匠!

夕方 ヨドバ●カメラへ ⇒ 念願のタブレット型ノートパソコンをゲット ⇒ ヒデキ感激☆

****************

もしかして、同業の方が見てくださっているかもしれないので、詳細を書いちゃいますね。時代の流れで、字幕ホニャクに使う字幕制作ソフトSSTを使うことが増えました。このソフトをインストールすることができ、さらに軽くて持ち運びが楽ちんで、できればタブレットにもなるヤツが欲しかったのです。今まで使っていた持ち運び用のノートは重くてねぇ…。そう思っていましたら、仲良しこよしの英仏映像翻訳者さんがタブレット型のノートを購入されたという情報をキャッチ(ココ)。私も真似っこしてしまいました。キーボードの色は違うけれど、まったく同じ!

 私も迷わず、●イクロ●フト社(☚伏字意味ナシ・笑)のSurface Pro4 にしました。メモリ8GB、記憶容量256GB のタイプです。


 タブレット型だと、CPUなどのスペックをあえて落としていることが多いんですって。字幕ソフトSSTの推奨スペックは Intel Core i5 以上なのですが、これを満たすタブレット型ノートってほとんどないのです。NECのノート(タブレットではないけれど)にも少し心が惹かれたのですが(プラスチックでできていて、えらく軽い!重量が1キロを切るのです)Microsoft Surface のほうが少し軽い。さらに、キーボードを外すと800グラム以下になるので、さらに軽くなります。

…ということで、これに決めてしまいました。早速、ソフトをダウンロードしてみましたが、サクサク動くし問題ないです。これで外出先や、電車の中でお仕事ができます…!ウレチイ。

***************************

☆その後

 早速、持ち歩いて使っております。荷物が多いときはキーボードを外してタブレットとして使い、荷物が少ないときはキーボードをくっつけて持ち歩いております。電車の中でも作業ができるので、すっごく便利。画面も大きいので、これまたありがたい。また、立ち上がりも早くてビックリ。iPad ほどじゃないけれど、スイッチを入れたらすぐに使えるようになるのが◎。予算をだいぶオーバーしちゃったけど大満足です(量販店なので、このサイトに載っているような価格ではありません^^; だいぶサービスしてもらっちゃいました)。









# by Alichen6 | 2016-12-22 07:15 | つぶやき | Trackback | Comments(0)

日本にいながらドイツする♪  ドイツ・ドイツ語・ドイツ映画を愛してやまない下っ端字幕ほにゃく犬「ありちゅん」が字幕ほにゃく見習い眉毛犬「Milka」と一緒に書く日記


by Alichen6
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31